YouTube

【最新版】YouTubeのチャンネル登録?登録者増やすコツある?

YouTuberという職業の認知度が広まり、ビジネスツールとしても注目されているYouTube。

ただ、YouTubeには、「 バズる 」や「 アドセンス 」などという専門用語が多いため、用語の意味が良く分からないという方も多いかと思います。

専門用語が多い中で「 YouTubeのチャンネル登録って何だろう? 」という疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そのような方のために、この記事ではYouTubeのチャンネル登録についての概要やチャンネル登録者数を増やすための戦略などを具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

YouTubeのチャンネル登録について

YouTube

根本的にYouTubeのチャンネル登録とは何なのでしょうか。ここでは、YouTubeのチャンネル登録について具体的に説明していきます。

YouTubeのチャンネル登録とは?

チャンネル登録とは、動画投稿をしているクリエイターのYouTubeチャンネルをお気に入り登録することです。

YouTubeのチャンネル登録は、気に入ったヘアカタログのお気に入り登録やSNSのフォローなどと似ています。

Googleアカウントがあれば、誰でも無料でYouTubeのチャンネル登録をすることができます。

チャンネル登録する意味とは

YouTubeのチャンネル登録をすると、チャンネル登録したアカウントの動画だけが優先的に表示されます。

また、「 登録チャンネル 」という項目をクリックすると、チャンネル登録したアカウントの動画のみが表示されます。

つまり、自分だけの動画再生リストが作れるのです。もちろん、チャンネル登録していないアカウントの動画も見ることができます。

ユーザーがチャンネル登録するメリットとは

動画を視聴しているユーザーがYouTubeチャンネルを登録するメリットは、「 自分好みの再生リストが作れる 」ことです。

例えば、YouTubeを開いただけでは興味のない動画も表示されますが、チャンネル登録しておくことで自分が興味ある動画しか表示されなくなります。

ユーザーにとっては、お気に入りのクリエイターが投稿した新着動画を見逃さないというメリットもあるでしょう。

チャンネル登録する方法と解除方法

YouTube

実際、企業の方も他社のYouTubeチャンネルの競合調査や分析などを行う場合があるかと思います。

その場合は、調査や分析していたYouTubeチャンネルを見逃さないようにチャンネル登録しておくことをおすすめします。

そのため、ここではYouTubeでチャンネル登録する方法とチャンネル登録を解除する方法について具体的に説明していきます。

チャンネル登録する方法

YouTubeでチャンネル登録するためには、まずYouTubeを開いてください。YouTubeを開いた場合、次はチャンネル登録したいYouTubeアカウントを表示しましょう。

最後にYouTubeチャンネルの右横にある「 チャンネル登録 」という項目をクリックすれば、チャンネル登録完了です。

YouTube

出典:YouTube( https://www.youtube.com/user/YouTubeJapan )

チャンネル登録を解除する方法

YouTubeでチャンネル登録を解除する場合は、まずチャンネル登録を解除したいアカウントを表示してください。チャンネル登録してあると、以下の画像のように「 登録済み 」と表示されます。

YouTube

出典:YouTube( https://www.youtube.com/user/YouTubeJapan )

そのため、チャンネル登録を解除したい場合は「 登録済み 」という箇所をクリックしてください。

クリックすると「 チャンネル登録を解除しますか? 」と問われるので「 登録解除 」という項目をクリックしましょう。

そして、以下のように「 チャンネル登録 」という項目が表示された場合、チャンネル登録の解除手続き完了です。

YouTube

出典:YouTube( https://www.youtube.com/user/YouTubeJapan )

チャンネル登録による動画配信者側のメリットとは

メリット

YouTubeのチャンネル登録はユーザー側にメリットがあるということを説明してきましたが、動画配信者側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

動画配信者側のメリットは以下の通りです。

・YouTubeのチャンネル登録者数が1,000人を超えると収益化審査を受けられる
・リピーターを獲得できる
・ファンを獲得できる

YouTubeでチャンネル登録してくれるユーザーが増えると、効率的かつ短期間で再生回数を増やすことができます。

チャンネル登録者数を増やす上で初めにやるべきこと

チェック

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすための戦略を探している方も多いかと思いますが、実はその前にやるべきことがあります。

そのため、ここではチャンネル登録者数を増やす上で初めにやるべきことを具体的に説明していきます。

チャンネル登録者数を増やす目的を決める

YouTubeのチャンネル登録者数を増やす上でまずやるべきことは、「 チャンネル登録者数を増やす目的を決める 」ということです。

この「 目的 」が不明確だと何をしたいYouTubeチャンネルなのかが分からず、失敗する可能性が高まります。

YouTubeで収益を上げたい、自社商品をPRしたいなど、YouTubeを利用する目的を定めましょう。

目標を設定する

チャンネル登録者数を増やす目的を決めた場合、次はチャンネル登録者数を増やした上でどうしたいのかという「 目標 」を定めましょう。例えば、「 YouTube登録者数を増やして自社商品をPRし、売上を30%アップさせる 」という感じです。

チャンネルのテーマを設定する

次は「 YouTubeチャンネルで発信するテーマを設定 」しましょう。キャンプをする動画や化粧品を紹介する動画など、様々なジャンルの動画を投稿しても良いのですが、それではYouTubeのチャンネル登録者数が増えにくい傾向にあります。

そのため、YouTubeのチャンネル登録者数を増やしたいのであれば、「 化粧品に特化したチャンネル 」「 キャンプ用品に特化したチャンネル 」などというように、一つのジャンルに特化したチャンネルを運営していきましょう。

戦略を設定する

チャンネルのテーマを定めた場合、次は「 戦略 」を設定しましょう。
例えば、自社の化粧品をYouTubeでPRしたい会社があったとしましょう。

その会社が他の美容YouTuberのように化粧品のレビューをしたとしても、動画が埋もれてしまい、再生される可能性は低いと考えられます。

ただ化粧品レビューをするよりも、「 モテメイクを実演しながら化粧品をPRする 」「 モノマネメイクをしながら化粧品をPRする 」という戦略の方が競合は少ないので、再生される可能性が高くなると同時に、チャンネル登録者数も増えやすいと考えられます。

このように、どのようにYouTubeのチャンネル登録者数を伸ばしていくのかという戦略を考えてみましょう。

自社ならではのスキルをチェックする

戦略を設定した場合、ここで一度「 スキルチェック 」をしましょう。例えば、「 自社の強みは何か 」「 自社ができないこと、課題は何か 」などを書き出して確認してみてください。

例えば、20代の女性社員が多いのであれば、トレンドを抑えたメイクや20代の女性が抱えている化粧の悩みなどを知っている方が多いかと思います。

その場合、20代女性が多い会社の強みは「 トレンドを抑えたメイク方法を知っていて、若い世代から共感を得られるようなレビューが出来る 」ということが挙げられます。

戦いやすいテーマがハッキリするため、スキルチェックをしてみましょう。

ターゲットを設定する

スキルチェックをした場合、最後は「 視聴者のターゲットを設定 」しましょう。例えば、化粧品をレビューしている動画なのに、キャンプが好きな30代男性に向けた発信をしていては売り上げが上がるというのは期待できません。

それよりかは、メイクのやり方に悩んでいる20代女性に向けて発信していった方が売り上げアップが見込めます。

また、ターゲットを設定することで動画のテーマや盛り込む内容などが明確になっていくというメリットがあります。

そのため、誰に向けて動画を発信したいのかという明確なターゲットを設定しましょう。

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすための戦略

上昇

ここでは、YouTubeのチャンネル登録者数を増やしていくための戦略について具体的に説明していきます。

チャンネル登録する価値がある動画を作る

YouTubeでは、良いコンテンツを作成するよりも、YouTubeのアルゴリズムにどう適用するかを重視してコンテンツを作成している人がいます。しかし、このような動画は中身のない動画と判断される傾向にあり、すぐYouTubeに対策されてしまいます。

根本的に視聴者は「 面白い 」又は「 勉強になる 」という感情を抱かない限り、中々チャンネル登録をしてくれません。

YouTubeに好かれる動画を作ることも大切ですが、しっかりと視聴者にも好かれ、視聴者からチャンネル登録する価値があると判断されるような動画を作成しましょう。

再生リスト内動画の順番を変える

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすためには、再生リスト内動画の順番を入れ替えるのも効果的です。

例えば、視聴者維持率が高い動画を前半に持ってきて、視聴維持率が低い動画は後半に持っていくというやり方があります。

また、ドラマのようにストーリー形式にして動画を並べるという方法もあります。再生リストを上手く利用して視聴者の興味を引けるような再生リストを作成しましょう。

チャンネル登録を促すCTAを加える

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすためには、チャンネル登録を促すCTAを加えてみましょう。

CTAとは、チャンネル登録や他の動画を見るなど、ユーザーを次の行動に導くことです。

そのため、動画の最後に「 チャンネル登録はこちら 」というCTAを加えることで、チャンネル登録者数の増加が期待できます。

SEOを考えて動画を最適化させる

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすためには、SEO( 検索エンジン最適化 )を考えて動画を最適化させましょう。ユーザーは新しい動画を探す場合、YouTube内にある検索窓で動画を検索してきます。

例えば、YouTubeでのチャンネル登録者数を増やしたいユーザーがいた場合、そのユーザーはおそらく「 YouTube チャンネル登録 増やし方 」というキーワードで検索してくるはずです。

そして、「 YouTube チャンネル登録 増やし方 」で検索してくるユーザーの悩みを解決できるような動画を作成することで、YouTubeからその動画が評価されます。

YouTubeから動画が評価されると、特定のキーワードで検索した際に、評価された動画が上位表示されやすくなります。

動画が上位表示されやすくなれば、その分視聴者が増え、それと同時にYouTubeチャンネルの登録者数増加が期待できるでしょう。

興味を持ってもらえるようなサムネイルを作成する

YouTubeの視聴者は、サムネイルを見て動画を再生するかどうか決める傾向にあります。

サムネイルとは、動画を再生する前のアイキャッチ画像のことです。

サムネイルで興味を持ってもらえないと動画を再生してもらえないので、結果としてチャンネル登録者数も増えません。

視聴者は、「 サムネイルを見る→動画を見る→チャンネル登録する 」という流れで行動を起こすため、まずはサムネイルで興味を持ってもらう必要があります。

何について発信している動画なのかが一目でわかるようなサムネイルを作成しましょう。

データ分析を行う

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすためには、データ分析も行いましょう。YouTubeアナリティクスというYouTube動画分析ツールを使うと、視聴者の年齢層や性別、動画を見て離脱した箇所などが分かります。

データ分析をすることで、視聴者はどのような情報を求めていてどのような情報は求めていないのかが分かります。

自分の動画を分析して、内容やタイトルの見直し、又はテーマの見直しなど様々な課題を改善し、チャンネル登録者数を増やしていきましょう。

登録者数が増えないチャンネルの特徴

困った女性

YouTubeのチャンネル登録者数が増えないチャンネルには、いくつかの共通点があります。具体的には、以下のような特徴があります。

・動画のテーマがバラバラ
・ターゲットが不明確
・動画の更新頻度が低い
・動画編集のクオリティが低い( BGMやテロップがない )

特に動画のテーマがバラバラだと登録者数は増えにくい傾向にあるので、注意しましょう。

YouTubeのチャンネル登録者数を増やしていこう

上昇

この記事では、YouTubeのチャンネル登録についての概要やチャンネル登録者数を増やす方法などについて具体的に説明してきました。

YouTubeのチャンネル登録者数が増えると、視聴回数が増えると同時に広告収入も得ることができます。

YouTubeは、多くの方に自社商品を無料でPR出来るツールにもなるので、頑張ってYouTubeのチャンネル登録者数を増やしていきましょう。

consal

お問い合わせはこちら



Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS