Wantedly

Wantedlyのストーリー機能とは!?|Wantedlyの特徴や使い方を徹底解説!!

みなさんWantedlyはご存知でしょうか。

Wantedlyには、従来の転職エージェントとは一風変わった機能や特徴があります。

今回は、Wantedlyの以下の内容について深掘りしていきます。

  • 特徴やサービス概要
  • 採用までの流れ
  • ストーリー機能

最後には、WantedlyとLinkedinがどのように違うのかという点とオススメの転職エージェントをご紹介していますので、Wantedlyとの併用を検討してみてはいかがでしょう。

Wantedlyとは

Wantedlyとは、「 仕事で自己実現 」したいと考えている登録者ビジネスコンセプトや魅力的な企業理念を掲載する企業がマッチングする「 ビジネスSNS 」です。

つまり、ユーザーも企業も仕事に対する価値観に共感した上でマッチングするため、就任後の関係性も良好になることが多く、若手ビジネスパーソンを中心に人気を集めています。

リリースは2012年にスタートし、現在では求人掲載数は20,000件を超えています。

掲載数20,000件を超えることは、転職サイトでも異例と言われており、「 リクナビ 」や「 マイナビ 」といった大手転職エージェントの掲載数約10,000件を倍以上も上回っています。

掲載企業の多くはITに精通している企業で、様々な業界のIT化が進むにつれ、Wantedlyに参入する企業が増え続けている傾向にあります。

最近では、医療や金融などの参入も見られるなど、自分では想像もつかなかったマッチングがあるかもしれません。

Wantedlyの特徴

電球 ミニチュア 発見

ここからは、Wantedlyを愛用しているユーザーがどんな機能に惹かれているのか、そして注意すべき点など特徴を深掘りしていきます。

気軽に企業と面談ができる

Wantedlyでは、選考フローに乗る前に企業とチャットで会話ができたり、カジュアルな面談を申し込むことができます。

掲載ページを開くと、「 今すぐ働きたい 」「 まずは話を聞いてみたい 」「 少しだけ興味がある 」の3択が出ます。

興味のある企業をもっと知りたいと思うのであれば、「 まずは話を聞いてみたい 」を選択し、質問してみましょう。

「 リモートワークを導入しているか 」「 出張はあるか 」など興味があることや不安な点をしっかり把握していれば、安心して選考フローに乗れます。

企業側もWantedlyの機能を承知の上で、掲載しているので、例え「 少しだけ興味がある 」を選択したとしてもマイナスな意見として捉える企業は少ないでしょう。

大手企業の参入が少ない

Wantedlyを利用している企業の多くは、ベンチャー企業やスタートアップ企業で、特定のキャリアを持った人材を探していたり、スタートしたばかりの会社を共に成長させていくメンバーを集めるといったスタンスの掲載が主流になっています。

そして、ユーザーは様々な掲載の中から「 仕事で自己実現 」できそうな企業とマッチングします

つまり、大手企業は「 仕事で自己実現 」という部分において相性が良くない可能性があるのです。

大手企業では、年功序列や部署による区別によって本来やりたい仕事ができないといったケースは多いにあり、企業の考え方にマッチングするユーザーも少ないかもしれません。

給料や福利厚生の掲載ができない

お金 女性 補助金

Wantedlyは、企業とユーザーの仕事への考え方や価値観をマッチングさせるためにリリースされたサービスであるため、給料や福利厚生の掲載を禁止しています

従来の転職エージェントでは、高収入や有給などをメリットとしている求人掲載が多くありますが、Wantedlyは仕事で「 ココロオドル人を増やす 」というコンセプトを徹底しているので、仕事の内容以外のアピールができないシステムになっているのです。

このWantedlyの試みによって、好みの仕事に就任し充実したビジネスライフを送っているユーザーが増えているようです。

労働環境の悪い企業も参入しやすい

Wantedlyに参入している企業は、ベンチャー企業やスタートアップ企業など中小企業が多く、採用コストをあまりかけられない企業も参入しやすいです。

その理由として、Wantedlyは「 ビジネスSNS 」というポジションであるため、従来の転職エージェントのような上位表示順に金額が高くなるシステムではありません。

具体的にその他転職エージェントでは、安いプランでも月額15万円、平均して20万円はかかりますが、Wantedlyの一番安価なプランでは月額3.5万円になっています。

しかし、低コストが原因でWantedlyには、ブラック企業や人手不足で経営が悪化している企業も参入しやすいというデメリットが発生しています。

そのため、Wantedly内のチャットで気になる点を質問したり、面談を行い、ミスマッチを防ぐ対策を極力しましょう。

Wantedlyが活用されているケース

上記ではWantedlyの特徴をご紹介しましたが、ここからは、どんなユーザーがWantedlyを活用しているのか、どのようなケースと相性がいいのかなどを解説していきます。

インターン

新卒 笑顔 電話 おとこ

Wantedlyのユーザーの約10万人は学生と言われており、多くの企業が学生向けに求人を出し始めています。

現在では約30%が学生を対象とした掲載になっているとも言われており、インターンシップの募集もこれから増えてくるでしょう。

学生の間に企業と関係を持ったり、インターンシップができるか連絡を取るのもWantedlyなら気軽にできるので、思いもよらないチャンスがあるかもしれません。

新卒採用

新卒 女 笑顔 スーツ

Wantedlyは採用コストを抑えられるので、ベンチャー企業やスタートアップ企業も多く参入しており、積極的に新卒採用しています。

中には、画期的なサービスを始めたばかりのユニークな企業もあり、若手ビジネスパーソンならではの発想で、新卒からすぐにやりがいを感じれる仕事に携われるかもしれません。

また、Wantedlyの求人掲載は、企業理念や魅力溢れるサービスのコンセプトなどを掲載しているので、新社会人が仕事に対する方向性を決めやすいのではないでしょうか。

転職

Wantedlyは、転職との相性もよく、企業と気軽に面談ができるので、書類選考で何のアクションもなく落とされるといった心配がありません

また、企業とのコミュニケーションの中で、仕事の方向性やマッチ度をリサーチでき、転職後の不安も軽減できます。

Wantedlyのサービス内容

上記では、Wantedlyの機能や活用例をご紹介してきましたが、ここからは、サービスの概要を深掘りしていきます。

ユーザーについて

Wantedlyのユーザー数は全体で100万人以上を誇っており、約80%が若手ビジネスパーソンです。

具体的に20代が45%、30代が32%となっており、ITリテラシーの高いユーザーが愛用している傾向にあります。

エンジニアはもちろん、デザイナーディレクターライターなどが人気職となっており、学生からITリテラシーを高く持っている人材など優秀な若手が続々とWantedlyに集まっています。

プレミアム会員

Wantedlyに登録したけど、中々マッチングできないという方は、Wantedlyプレミアムをオススメします。

Wantedlyプレミアムでは、自分のプロフィールにプレミアムマークが付き、企業に本気で仕事を探していることをアピールができます

本気度をアピールすることでスカウトされる可能性も増し、実際に10倍のスカウト率が出たケースが何件も出ているようです。また、足跡機能が追加されるため、自分のプロフィールに興味を持った企業を知ることができます。

アプローチをすべき企業もピンポイントに絞れるので、就職をより効率的に進められます。7日間の無料期間も設けられているので、ぜひ加入してみましょう。

料金は月額2,980円です。

企業について

Wantedlyに掲載している企業の多くは、ITに精通しており、エンジニア、デザイナー、ディレクターなどITリテラリーの高い人材を求めている傾向にあります。

Wantedlyのリリース当初は、業界経験者と企業がマッチングするケースが多く見られましたが、最近ではIT業界未経験を採用する企業も増え始めました

その理由として、オンライン講座や訓練校などIT業界を目指す人材を育成する期間も増えたので、学生の内から専門知識を養える環境が確立してきたと推測できます。

また、Wantedlyでは、給料や福利厚生以外の情報で企業の魅力を伝えるというルールがあるため、若手ユーザーの心に届くようなキャッチーでユニークな求人掲載が多いです。

掲載プラン

Wantedlyは「 ビジネスSNS 」というプラットフォームであるため、画期的なサービス内容や魅力的な企業理念など企業のブランディングに力を入れることにより、エントリーを増やすことができます。

つまり、従来の転職エージェントのようなオークション形式ではないので、採用コストを低く抑えることができます

具体的に従来の転職エージェントの相場は15万円〜20万円ですが、Wantedlyの一番安価な「 ミニマムプラン 」では、月額3.5万円 ( 半年契約 ) です。

また、「 ミニマムプラン 」に加入することで、無制限に掲載できます。

下記に他のプランもご紹介します。

ライトプラン 月額6万円〜 ( 半年契約 )

ベーシックプラン 月額10万円〜 ( 半年契約 )

プレミアムプラン 月額20万円〜 ( 半年契約 )

引用元「 Wantedly 」

もっとも高額なプランで、「 エンタープライズプラン 」というものがあり、 月額50万円 ( 3ヶ月以上の契約 )から受けられます。

「 エンタープライズプラン 」はWantedlyの担当者が企業の特徴などを分析してブランディングを上げるため、戦略的にオプションを組み合わせてくれるサービスです。

「早急に応募を集め、短期間で採用を成功させたい企業 」に向けているプランなので、高額ではありますが、優秀な人材にマッチングする確率は格段に上がります。

採用までの流れ

スーツ 笑顔

上記では、Wantedlyの特徴や料金プランについて解説していきましたが、ここからは、実際にWantedly登録から採用面接までの流れをまとめています。

会員登録

まずは、Wantedlyの公式ホームページに入ってみましょう。

E-MAIL、G-MAIL、Facebookアカウントから登録することができ、Facebookアカウントを選択することで、面倒な基本情報の入力を省略することができます。

また、Facebookに過去の実績やインフルエンサーとしての実績などがあれば、企業にアピールできる要素を増やせるので、Facebookアカウントを活用しましょう。

しかし、Facebookアカウントにプライベートな投稿があり、企業に見られることに抵抗がある方は、メールアドレスの登録がオススメです。

一度Facebookアカウントを併用してしまうと、後から連携を解除することができなくなります。

Wantedlyの会員登録ができたらプロフィールを充実させましょう

企業にアピールするためにもっとも重要な要素なので、出来る限りプロフィールの項目を埋めて最新の情報を更新し続けるよう心がけてください。

面談〜採用

プロフィールが完成したら次は、企業にアピールしましょう。

求人掲載のページに入ると3つの項目が出てきます。

  • 「 今すぐ一緒に働きたい 」
  • 「 まずは話を聞いてみたい 」
  • 「 少しだけ興味があります 」

上記から自分のスタンスを選ぶことができ、「 今すぐエントリー 」をクリックしたら応募完了です。

ここからは企業により、進め方は様々ですが、採用面接をする前に面談を挟むケースが多いです。

面談をすることで、企業でどのようなことをしているのか、働き方や仕事に対する考え方など、ユーザーのイメージと企業の考え方をすり合わせてミスマッチを防ぐことができます。

面談後、ユーザーの気持ちが変わらなければ、説明会や採用面接といった選考フローに乗る流れが多いです。

スカウト

Wantedlyでは頻繁にスカウトが行われています。

ユーザーのプロフィールや連携しているSNSの情報を頼りにスカウトすることが多いので、プロフィールを充実させておくことで、より効率的な就職活動を実現できます。

また、企業側は「 ダイレクトスカウト 」という有料オプションに加入することができ、希望職種が自社とマッチしているユーザーにダイレクトメールでアプローチすることができます。

「 ダイレクトスカウト 」を導入した企業のスカウト返信率は20%と高水準を誇っており、料金単価も10万円代から申し込みできるので、気になる方はサービス概要をチェックしてみましょう。

ストーリー機能を使ってユーザーの注目を集める

企業がWantedlyを導入するにあたって、ストーリーはとても重要な情報元になります。

ストーリーとは、実際に働いている社員のインタビューや新規サービスの実績など求人掲載では伝えきれない会社のリアルな声を発信する機能です。

ストーリー投稿を更新し続けることで、ユーザーからの信頼性も増してエントリーの可能性を上げます。

ストーリーでは、有益なビジネス情報を公開することで、ブランディング効果も期待でき、企業のファンになるユーザーも多くいるようです。

Wantedlyに参入するのであれば、ストーリーを積極的に活用してユーザーから注目を集めましょう。

ストーリーの投稿の仕方

ここからは、実際にストーリーの投稿の仕方を具体的に解説していきます。

まずは、右上にある自分のアイコンに入り「 プロフィールを編集 」をクリックしましょう。自分のプロフィール画面に飛んだら、「 ストーリーを設定する 」をクリックし、投稿画面に移ります。

あとは、「 ストーリーを書く 」をクリックして投稿文やカバー写真を設定するだけです。カバー写真の比率が縦560px × 横1280pxと特殊であるため、横長でも成立するような写真を設定しましょう。

本文では「 + 」マークをクリックすることで、コンテンツエディターが表示され、「 画像 」「 埋め込み 」「 コード 」「 区切り線 」などを使用できます。

文章の途中でコンテンツエディターを挿入させたい時は、「 enter 」を押して改行する必要があります。

また、タグ付け機能もあるので、特定の企業やユーザーに向けた投稿も可能です。

Linkedinとの違い

上記ではWantedlyのサービス内容や特徴を解説してきましたが、ここからは同じ「 ビジネスSNS 」であるLinkedinというプラットフォームの特徴や違いをご紹介します。

Linkedinは、2003年にアメリカでリリースされ、近年では世界で6億人が使用している巨大なプラットフォームです。

つまりグローバルなビジネスを展開したい方やバイリンガルを生かしたい方などハイレベルな人材が登録している傾向にあります。

なかには、大学教授や実業家といった特定の業界で著名な人物なども登録しており、最新のビジネス情報を公開しています。このことからも、WantedlyとLinkedinではユーザー層に大きな違いがあると言えるでしょう。

Wantedlyでは若手ビジネスパーソンが多くいる中、Linkedinは若手からベテランまでおり、グローバルな視点から就職先を探したいという方には、Linkedinをオススメします。

また、Linkedinは、「 日本在住可 」という検索フィルターで求人を探すことができるので、日本に居ながら海外の企業と仕事ができるチャンスもあります。

オススメ転職エージェントの特徴

最後にWantedlyと併用して効率的な転職ができるように、オススメの転職エージェントを6社ご紹介します。

doda

参考:doda公式サイト

dodaの特徴は、求人掲載サービスと人材紹介サービスの両方を展開しており、ユーザーと企業がマッチングしやすい構造になっているところです。

また職種ごとに専門知識を持ったエージェントが専任してアドバイスをしてくれます。

特に「 dodaエンジニア 」というサービスではIT、ものづくりエンジニアに特化したエージェントが多くの企業とユーザーをつなげています。

専門性の高さを強みにしているので、ベテランエンジニアの転職などにも有効ではないでしょうか。

パソナキャリア

パソナキャリア

参考:パソナキャリア公式サイト

パソナキャリアを利用しているユーザー層は幅広く、レベルの高い営業力から職種も様々なので、意外性のある企業と出会えるかもしれません。

パソナキャリアは、コンパクトな企業であることを強みにユーザーへの対応をより濃厚にし、丁寧な対応が評判です。

正しい就職、正しい転職、正しい再就職」という企業理念を持っており、売り上げよりユーザーの未来を考えたいという思いが伝わる転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェンシー

参考:リクルートエージェント公式サイト

リクルートエージェントは、リクルートキャリアが展開している転職エージェントです。

求人数、転職実績は業界実績第1位を獲得しています。強みは、大手企業ならではのブランド力や営業力から求人掲載が豊富にあり、様々な企業から信頼されているところです。

豊富な求人から一人一人にあった転職を専任のアドバイザーがフォローして、面接対策や給与の交渉まで対応してくれます。

マイナビエージェント

参考:マイナビエージェント公式サイト

マイナビエージェントは、比較的20代から30代の若手ビジネスパーソンから高い評価を受けており、「 キャリアアドバイザーによるサポートが丁寧 」という声が多く寄せられています。

エリアは、全国に対応していますが、関西エリアと首都圏内の求人がより豊富です。

専任アドバイザーの知識や経験も高く、若手ビジネスパーソンの長所を引き出すようなアドバイスをしてくれます

ワークポート

参考:ワークポート公式サイト

ワークポートの特徴は、ITリテラシーを高く求められる求人が多いところです。

ITエンジニア、デザイナー、ディレクター、プランナーなどITに特化はしていますが、様々な人材を求めている企業が多く、中には「 未経験可 」求人もあります。

「 IT業界に進みたいけど、経験が浅くて自信がない 」と考えている方もワークポートならスムーズに対応してくれるかもしれません。

レバテックキャリア

参考:レバッテクキャリア公式サイト

レバテックキャリアは、IT業界に特化した転職エージェントで特に「 エンジニア 」「 デザイナー 」の転職実績が豊富です。

エリアは、首都圏、関西エリアはもちろん九州地方にも多くの求人を揃えているので、どこに拠点を置くか選択肢も広がります

IT特化型ということもあり、専任アドバイザーの知識や経験も豊富で、派遣先や就任先のリアルな経験談なども聞くことができます

レバテックキャリアでは、ITエンジニアを目指したい方に向けてスクールを展開しているので、IT業界を目指したいと考えている方にとって有効なサービスです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Wantedlyについて以下の解説を行いました。

  • 特徴やサービス概要
  • 採用までの流れ
  • ストーリー機能

最後には、WantedlyとLinkedinの違いやオススメの転職エージェントをご紹介してきました。

Wantedly以外にも魅力的な求人サイトは多くあるので、2社3社と併用して効率的な就職活動を目指しましょう。

ご相談無料
会社ランキング1位の実績
Wantedlyの運用代行なら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS