Wantedly

Wantedlyの採用確率を高める最新のポートフォリオの作り方

ポートフォリオという言葉をご存知でしょうか。

ポートフォリオは、自分の履歴や能力を周囲に伝えるための作品集のことで、特にWebデザイナーやライター、
エンジニアといったクリエイティブ職の転職で有用となるツールと言われています。

近年では、多くのクリエイター求人でポートフォリオの提出を求められるようになっており、採用の評価に占める比重が高まっています。

一方で、ポートフォリオが具体的にどのような内容で、どう書けば良いか理解できていない人も少なくないでしょう。

言葉を理解できていたとしても、独力で制作することは骨が折れることだと思います。

そこで、今回は、Wantedlyを介した採用活動にも役立つポートフォリオを書き方や、自分を魅力的に見せるためのポイント、ポートフォリオ制作にオススメのツールを紹介します。

魅力が伝わるポートフォリオを作成し、企業に提出すれば、Wantedly上での転職活動で成功する確率も高まりますので、本記事をぜひ参考にして見て下さい。

ポートフォリオとは

ポートフォリオ

まずポートフォリオの言葉の意味、定義を詳しく解説します。

ポートフォリオの定義

ポートフォリオは直訳すると、「携帯して中身を入れ替えられる資料集」ですが、クリエイティブの世界では過去につくった作品集を意味します。

クリエイター本人の能力を他者にわかりやすく伝えられるツールとしての機能が期待されています。

内容は、過去に制作した作品が中心です。ライターは過去に執筆した記事コンテンツをまとめるほか、グラフィックデザイナーは、チラシやポスターを記載。

Webデザイナーやエンジニアの場合は、専用のWebページでこれまでつくってきたWebサイトやシステムのリンクを貼ってまとめます。

さらに、内容は、制作した作品のみならず、自分がこれまでの仕事で何をし、どのような考えでアウトプットに至ったのかなど、プロセスも書きます。

そうすることで、クリエイターの制作力に再現性があることが読み手に伝わり、ポートフォリオの説得力が増すからです。

クリエイティブ業界では、就職や転職の際にポートフォリオの提出が求められることが多々あります。

ポートフォリオは自分の能力を証明する紹介状。

面接の場で自分の実力をアピールする手段になります。自分の得意分野のほか、面接する企業に求められる分野などを詳しくまとめると良いでしょう。

ポートフォリオの基本構成

ポートフォリオは、ジャンルを問わず、A4やA3サイズの紙に一覧で記載します。

これは、Wantedlyに載せるか載せないかを問わず、共通しています。

紙にする場合は、プリントアウトした物を、クリアファイルやバインダーで束ねたものが一般的であり、基本形になります。

まず、表紙に該当する冒頭ページには、プロフィールや自分のキャリア・経験・クリエイターとしての信条( ポリシー )、将来目指すクリエイター像をまとめ、次のページから主要な作品を順次紹介していきます。

ポートフォリオの体裁は業種によって異なります。

例えば、グラフィックデザイナーやイラストレーターといった視覚表現に訴えるクリエイターの場合は、クリアファイルにまとめるなど、紙形式の体裁になります。

一方、WebデザイナーやUIデザイナー、フロントエンジニア、プログラマーなど、「動作」を伴う作品を手がけるクリエイターは、自分の作品を紙で表現することが難しいので、採用担当者が、制作した作品にWeb上で触れられるよう、該当URLを併記します。Web上にオリジナルのポートフォリオサイトを用意するのも良いでしょう。

いずれの場合も、採用面接の場で、面接官が面接をしながら、資料を閲覧できるよう、ワードや紙にまとめたポートフォリオの準備は必要不可欠になります。

ただ、WebデザイナーやUIデザイナーなど、デジタルを扱うクリエイターの中には、紙のポートフォリオを作らない人もいますが、転職活動のシーンでは、紙のポートフォリオは必須です。

紙のポートフォリオは、面接会場の環境に依存しない迅速性や、面接担当者のデジタルリテラシーに依存しない機動性があるためで、必ず用意しておくことを推奨します。

Wantedlyに掲載するポートフォリオは、PDFやWebでポートフォリオは基本的に紙媒体にまとめる方が良いと上記で述べましたが、様々な企業に対応できるよう、媒体は複数揃えておくと良いでしょう。

就職・転職サイトは、メールなど電子的なメッセージによるやり取りが主流であるためです。

Wantedlyの場合は、画像を貼り付けたり、関連URLを添付したりして、ポートフォリオをPRする形になっています。

ポートフォリオ

Wantedlyのポートフォリオを掲載する場合、アップロード可能な「PDF」、もしくは「Web」を準備しておくと良いでしょう。もちろん、面接に備えて紙媒体を用意しておくことも忘れてはいけません。

PDFの作成者は、本や商品デザインのデザイナーが該当するでしょう。

これらの職種は、ゲラをPDFにするケースが多いとされています。

その時に完成したPDFデータは汎用性が高く、DTP( 印刷物中心 )のデザイナーとしてWantedlyなどで転職活動していく上で不可欠になります。

Webの作成者は、Webデザイナーなどが当てはまります。こちらの職種は、専用のポートフォリオサイトを立ち上げるか、制作したサイトのURLを貼り付けると良いでしょう。

ポートフォリオは、転職や就職活動に有効であると上記で述べましたが、改めて重要性について羅列して行きます。

転職活動を突破する強力な武器となる

クリエイティブの世界では、採用面接においてポートフォリオは絶大の力を発揮します。

企業の採用担当は、目に見える実績を評価するからで、当日の面接試験よりも重視する採用担当者もいると言われています。

過去の作品を収集・整理・分類したポートフォリオの精度が高ければ、相手企業のニーズに合う確率が高まります。

これが、ポートフォリオが採用面接に影響すると言われている所以です。

手がけた作品のジャンルが幅広く、それぞれのクオリティが高ければ、ポートフォリオが持つハロー効果は大きくなります。

転職活動で説得性のあるポートフォリオにするためには、制作の段階で、過去の作品を客観的に見るのが大切です。

冷静に俯瞰して見ることで、制作当時に見えてこなかったポイントを見つけられるようになるでしょう。

同時にPRできる要素を抽出できるようになるはずです。

Wantedly上での返信率が高まる

Wantedlyを介した採用活動でも、ポートフォリオが勝負の分かれ目になるとされ、企業からのメッセージの返信率などに影響します。

Wantedlyで「話を聞いてみたい応募」した場合、おおよそ企業からのメッセージ返信率は40%前後と言われています。

しかし、ポートフォリオを充実させるなどすれば、返信率が高まり、70%と超えたと報告するユーザーもいるようです。

企業側がユーザーから応募を受け取った場合、ユーザーに返信を返すかどうかの判断をプロフィールでするしかありません。そのため、作品集を載せたポートフォリオが有効な戦略になります。

ポートフォリオ作りのポイント

ポイント
ここからは、ポートフォリオ作りのポイントを説明して行きます。

自分の作品の中でどこを担当したかを書く

企業の採用担当者は、ポートフォリオを見て「どのようなデザインやサービスを得意としているのか」を作品・
成果物の質をチェックします。

そのため、複数人で取り組んだ作品をポートフォリオに組み込む場合、作品内のどこを担当したか忘れずに書く必要があります。

作品を担当した箇所を書くと、「 このチラシに挿入されている写真のデザインをPhotoshopで行った 」
「 このWebサイトのコーディングを手がけた 」など、担当できる分野や使えるスキルを伝えられるでしょう。

作品の順番と数に注意を払う。

作品を載せる順番と、掲載する作品数にも気を配りましょう。

企業の採用担当者がWantedly上でポートフォリオを閲覧する際、上のリンクからみていきます。

そのため、原則として上のリンクほど新しい作品を掲載するべきでしょう。

新しい作品は過去につくった作品よりも成長したものであることが多く、採用担当者に自分の実力の高さを強く印象付けられます。

Wantedly上で選考活動が行われる場合、多くの採用担当者はポートフォリオを長く見ている時間がないため、高い評価を受けられる作品を面接官に見せましょう。

Wantedlyでは、掲載できるポートフォリオの数に制限はありませんが、羅列しても十分なアピールに繋がりません。

一方、少なすぎても実力を満足に伝えられないため、概ね3~10個が適切な数です。

見やすく仕上げる

ポートフォリオは、応募先の社員が見るため、なるべく見やすく、作者が理解しやすい構成することが重要になります。理解しやすい構成にすれば、ポートフォリオの冒頭だけでなく、最後まで作品を見てもらえるためです。

ポートフォリオを最後まで見てもらえると、面接で有利に進められるでしょう。面接の短い時間では、自分の作品について口頭で充分に伝えることが難しく、口頭で話すことは最小限にとどめることが最善です。

クリエイターは、面接で作品のプレゼンテーションをするのではなく、ポートフォリオに書くことができる内容は、
ポートフォリオにアウトプットし、記載済みにしまった方がより高い精度で自分のスキルを伝えられるでしょう。

Wantedlyでは、この考えに基づいて、詳細欄に作品のどこにどれだけ関わったか、作品制作に打ち込む中で何を意識して何を教訓として得たか、得られた経験を今後どう生かしたいのかを記載するとベターです。

作品の要旨を書くだけでなく、ポートフォリオの全容を説明できるくらいにまとめると良いかもしれません。

スキル・特徴を記載する

ポートフォリオと合わせ、「 HTML 」「 CSS 」「 Unity 」など、具体的なツール名や言語をスキル・特徴に記載すると良いでしょう。

それぞれのスキルに言語の使用歴や使用頻度、スキルレベルを加えられるとベストですが、Wantedly上ではそれが出来ないので、繋がっているユーザーから「 +1 」をしてもらうとスキルに箔がつきます。

業種別のポートフォリオの作り方

作成

クリエイターには、様々な職種が存在します。職種に応じてポートフォリオ作成のコツは違うので、職種ごとに重要すべきポイントを説明していきます。

Webデザイナー/UIデザイナー

Webデザイナー、UIデザイナーの作品はビジュアル重視で、ポートフォリオとしては比較的構成しやすい部類に入るでしょう。

作品ごとにWebサイトのトップページや、自分の作品性がわかるページを複数キャプチャし、サイト名( URL )/
クライアント名▽公開年月日▽制作規模▽自分のポジションと担当した作業範囲ーなどを詳細に説明文に記載しましょう。

この職種では、機械的な説明ではなく、デザインを制作した意図( 目的 )が明確に示されていることが肝になります。
「 なぜそのデザインに仕上げたのか 」「 自分がどのような思考プロセスで制作したのか 」と論理的に説明されていることが、ポートフォリオの好評価に直結します。

Webディレクター

Webディレクターのポートフォリオは、作品・成果物のみの掲載では不十分です。市場調査や企画、要件定義、関係者への指示、制作段階で出来上がった作品の品質チェック、予算管理など、どの領域を担当し、何をしたのか( 実現したのか )をポートフォリオで明確に提示する必要があります。

制作したWebサイトに加え、企業名などクライアント情報▽自分が担当した領域と制作したチーム体制▽受注から納品
までのスケジュール▽スケジュールに沿っての自分の主要な動き▽クライアントの要求事項、課題、解決法をわかりやすく対比した解説文ーなどを記載しましょう。

上記を記載する中で、KPI( 重要業績評価指標 )などがあれば、どのくらいの水準で目標に達成できたかを明示すると
ベターです。

また、作品・成果物の制作に参加した人数と成果は、Webディレクターのポートフォリオに欠かせない要素です。

ディレクターはチームを束ねるコミュニケーション能力と関係者の意思統一を図る能力が強く求められるため、
規模・成果が大きいプロジェクトに取り組んできたことがアピールできれば、実績を応募する企業に強く印象付けられます。

CGデザイナー

CGデザイナーの仕事は、大きく4種類に分類されます。二次元の静止画、二次元の動画、三次元の静止画( 立体画 )、
三次元の動画で、それぞれの成果物に応じたポートフォリオに仕上げることが大切です。

2次元の静止画は、RGBやCMYKなど、可視光線や表現方法の特性に注意し、しっかりと色調を調整してプリントアウトすることがポイントになります。

印刷する媒体が紙かPCの画面上かで発色が大きく違うためで、印刷後の作品の色調変化を見越す必要があるのでしょう。

2次元の動画は、構図などを加味しながら、作品の動きが表現できるカットを複数選びましょう。

3次元の作品はアングルを変えて1つの作品ごとにいくつものキャプチャ画像を用意。立体感が伝わるように意識しましょう。

いずれの領域に言えることですが、コンピューターグラフィック( CG )デザインは、工程が細分化され、作業担当者が異なるケースが多くなります。

Webデザイナーと同様に、「 キャラクター原案から対応したのか 」「 概略図( ラフスケッチ )を描いたのか 」
「 グラフィックを着色する作業のみを担当したのか 」など、作業領域を明確にしましょう。

CGデザインは、自由に表現できる仕事です。ポートフォリオにオリジナル作品を記載してみましょう。業務上の作品・
成果物に限られると、自分が対応できる能力が狭いという印象を与えます。

日常の業務とは別に得意とする作品分野があれば、積極的に記載しましょう。

コピーライター

コピーライターの作品は、基本的に文字( テキストベース )で、作品の羅列ではいささかインパクトに欠けます。
制作上の意図も伝わりにくくなる傾向にあります。

そのため、ポスターや雑誌の誌面、Webサイトなど、自分のコピーが載っている媒体のキャプチャ画像やスクリーンショット画像を用意した上で、それらの媒体にアウトプットしたコピー本文を強調しましょう。

視覚的な工夫が必要になります。

説明文には、クライアント情報▽発表媒体▽作品の意図とコンセプト▽クライアントからの要望と、それをコピーにどう盛り込んだのかーなどを記載。

依頼を受けたテーマを踏まえ、どうコピーに至ったか閃きや思考のプロセスの説明も記載すると、能力の高さを証明しやすくなります。

また、制作上参考にしたマーケティングデータ( 市場動向、統計情報、クライアントから聞き取った情報 )があれば、こちらも注釈込みで記載すると、説得力が増します。

ゲームクリエイター

ゲームという作品も、スマホアプリであれ、ソフトであれ、工程が細分化されているので、自分がゲームのどの部分を担当したのかを明確にしておく必要があります。

単に「 ◯◯を担当 」と記載するのではなく、できるだけ詳細に、自分がゲームのどの部分にどのように関わったのかを表現するのがベターです。

説明文には、ゲームが発表された年月日▽ゲームが対応する機種( プレイステーション4など )▽自分がクリエイターとして果たした具体的な役割▽困難だった課題と、それをどのように克服したのかの説明ーなどを記載。

ゲームタイトルのパッケージのキャプチャに、上記の説明文を加え、ゲームの設計を担うプログラミング系のクリエイターは、プログラミング言語やコンパイラ、デバッガなど開発環境や開発言語のほか、開発にかかった時間なども記載しておきましょう。

オススメのポートフォリオ制作ツール

プログラミング

Wantedlyのポートフォリオには、ポートフォリオサイトのURLを掲載するという人もいるでしょう。そうした人たちのために、誰でも作れるポートフォリオ制作サイトをご紹介します。

MATCHBOX

MATCHBOX

画像引用元:「 matchbox 」公式HP

MATCHBOXは、転職エージェントの株式会社マイナビクリエイターが運営しているポートフォリオ制作サービスです。

誰でも簡単に作れるポートフォリオサイトの支援をコンセプトとしており、文字通り、少ない工程で簡単にポートフォリオが作成できます。

ポートフォリオに掲載対象とする実績の画像データやURLなどの素材があれば、短時間でポートフォリオが完成します。掲載できる画像は最大6作品、48イメージ。動画はYoutubeやVimeo、SlideShareにアップされたコンテンツを掲載可能です。

作品ごとに置かれたガイドに沿って入力すれば、案件の概要やクリエイターとしての案件への関わり方、作品のPRポイントなど、ポートフォリオを構成する上で大切な項目も漏らすことなく、載せられます。

ポートフォリオとしてWeb上に作品を集約できるだけでなく、作成したWebサイトをPDFにし、印刷できるなど、便利な仕様となっています。

Portfoliobox

Portfoliobox

画像引用元:「 portfoliobox 」公式HP

全世界で25万以上超のユーザーを抱えるポートフォリオ制作サービス。デザインやレイアウトの多様さを売りにしており、画像・動画を望む位置に挿入できるだけでなく、フォント・背景色を好みの仕様にできるなど、自由自在なデザイン設計を可能にするのが特徴です。

また、ポートフォリオサイトは、パソコン用だけでなく、モバイル用も作成できるので、用途に応じてパソコン用、
モバイル用を分けておくのが良いかもしれません。

ただ、容量が小さいというデメリットがあり、無料で利用できるのは、画像が50枚、ページ数が10ページに過ぎません。有料版に移行すると、作成数に制限がなくなるので、PRする材料を増やしたい場合は、有料版にするのがオススメです。

Strikingly

Strikingly

画像引用元:「 strikingly 」公式HP

テンプレートが充実しており、初心者に使用を推奨できるポートフォリオ制作サービスです。

動画などを簡単に挿入できるテンプレートもあり、自分が持っているテクニックを存分にアピールできます。

サービス内にあるテンプレートだけでなく、このサービスを使って制作されたサイトのデザインのテンプレートを使い、独自のポートフォリオサイトにアレンジできます。

無料版でもページの制限がなく、複数のサイトを作成可能が、無料版は、通信帯域幅 が5GBに制限されており、
サイトへのアクセス数が増える場合は、有料版への移行がオススメです。

なお、有料版はドル換算での支払いになっているので、為替レートに応じて料金が変動するという点に注意しましょう。

まとめ

ひらめき

クリエイターが良い転職を実現する上で、重要となるポートフォリオ。

今回の記事では、ポートフォリオが大切な理由やポートフォリオ作りのポイント、オススメのポートフォリオ制作サイトを紹介してきました。

ポートフォリオを簡易に作れるサイトがあるとはいえ、ポートフォリオ作りは労力を要する重労働です。

特に、若手でほぼ実績のないクリエイターにとっては、ポートフォリオを構成する作品を抽出し、「 プロの基準を超えている水準 」までPRするのに苦労するでしょう。

しかし、初めから完璧を目指す必要はありません。自己分析をし、どんどんブラッシュアップをしていくことが大切になります。

大枠の形が整ってから、魅力が伝わるレベルまで順序立って仕上げて行けば良いのです。

クリエイターの生命線となるポートフォリオ。

多くのクリエイターが、本記事を参考にし、クリエイティブ業界でのキャリアップにつながれば幸いです。

ご相談無料
会社ランキング1位の実績
Wantedlyの運用代行のご相談なら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS