SNS

Twitterの広告費用は?費用対効果を高めるポイントや注意点

Twitter広告は費用や目的に合わせて自社の商品やサービスの宣伝ができるサービス。

広告費用の目安はキャンペーン目的や状況によって大きく異なります。

今回はTwitterの広告費用について解説します。費用対効果を高めるポイントや注意点なども分かるので、ぜひ参考にしてください。

Twitter広告とは?

Twitter広告とはタイムラインや検索結果に広告を掲載するサービス。

ユーザーの興味や関心、検索したキーワードなどの情報をもとにターゲティングできるのが特徴です。

Twitter上で多くの人に広告を見てもらえるため、会社や企業の認知度が高まったり、売り上げアップにつながったりする効果が期待できます。

関連記事:Twitter広告|始め方・運用のコツ

Twitter広告を利用するメリット

free

Twitter広告を利用することでいくつかのメリットが得られます。

Twitter広告を利用するメリットは以下の3つ。

1. 二次拡散が狙える
2. 若年層ユーザーへアピールしやすい
3. ターゲティングがしやすい

1. 二次拡散が狙える

まず、Twitter広告を利用する1つ目のメリットは二次拡散が狙える。

二次拡散とは配信された広告をリツイートした後に、さらに別のユーザーがリツイートして拡散させるという意味。リツイートされる回数が多ければ多いほど、広告の拡散率が高まります。

二次拡散では広告費用の課金がされませんが、宣伝効果に大きな影響があります。

2. 若年層ユーザーへアピールしやすい

Twitter広告を利用する2つ目のメリットは若年層ユーザーへアピールしやすい。

Twitterのユーザーは10代〜20代の若い世代が多いため、広告を使った宣伝は若年層ユーザーへのマーケティングに有効です。

若いユーザーのツイートから話題性のあるキーワードを把握し、どのような広告や商品をアピールすべきか考えられるのがメリット。

3. ターゲティングがしやすい

Twitter広告を利用する3つ目のメリットはターゲティングがしやすい。

Twitterではユーザーの興味や関心のあるトピックに適した広告が配信されるため、効率的にターゲティングが行えます。それぞれのユーザーに合った広告の宣伝ができるのもメリットのひとつ。

Twitterの広告費用を決める要素

Twitter広告には費用を決定するために重視される要素があります。

Twitterの広告費用を決める要素は以下の4つ。

1. 入札額
2. 品質スコア
3. 競合の数
4. ターゲットの規模

※Twitter広告サイト 参照(https://business.twitter.com/ja/help/troubleshooting/bidding-and-auctions-faqs.html

1. 入札額

Twitterの広告費用を決める1つ目の要素は入札額。

Twitterの広告費用は課金方式となっており、3つの入札方法によって広告枠への入札額が異なります。

自動入札

自動入札とは入札額が自動で最適化される入札方法。どれくらいの入札額にすればよいか分からないときにおすすめです。手動よりもクリック単価が高くなる可能性があるので、こまめに確認しましょう。

上限入札単価

上限入札単価とは事前に入札額の上限を決めておく入札方法。設定した入札額を超えた広告は入札されません。設定した上限金額が低すぎると落札できない場合があります。

目標入札単価

目標入札単価とは1日の平均額が目標値に近づくようTwitterが調整してくれる入札方法。

課金したい金額を設定するだけで目標の金額に自動で最適化されます。上限入札単価と同様に、設定金額が低すぎると落札できない可能性があります。

2. 品質スコア

Twitterの広告費用を決める2つ目の要素は品質スコア。

Twitter広告を出稿するには、それぞれの広告を評価するために品質スコアが付けられます。

品質スコアは以下の3つの点を考慮して判定され流のが特徴。

  • 共感度
  • 関連性
  • リーセンシー

高い品質スコアを獲得すると広告にかかる費用を下げられます。

3. 競合の数

Twitterの広告費用を決める3つ目の要素は競合の数。

Twitterの広告枠の獲得はオークションで決まるため、人気の広告枠は多くの広告主が欲しがります。同じ広告枠を狙っている競合の数が多い場合には、広告にかかる費用が高くなるでしょう。

4. ターゲットの規模

最後に、Twitterの広告費用を決める4つ目の要素はターゲットの規模。

購入見込みのありそうなターゲットだけをメインに狙うと、競合が多くなるため広告費用も上がる可能性があります。

反対に、ターゲットの規模を大きくすると、競合の数が減るので費用を抑えられますが、集客の結果につながるとは限りません。

ターゲットの規模によってTwitter広告の目安も変わります。

Twitterの広告費用が発生するタイミング

Twitter

Twitterの広告費用が発生するタイミングはキャンペーンの目的によって異なります。

それぞれのキャンペーン目的の中で起こったユーザーのアクションが課金につながります。

Twitterの広告費用が発生するタイミングは以下の6つ。

1. 動画の再生数
2. プレロールの再生数
3. アプリのインストール数
4. ウェブサイトのクリック数
5. エンゲージメント数
6. フォロワー数

参照:Twitter広告サイト

1. 動画の再生数

まず、Twitterの広告費用が発生する1つ目のタイミングは動画の再生数。

広告内の動画再生数に応じてTwitterの広告費用が課金されます。

動画再生に基づく課金の対象条件は以下の3つから選択できます。

  • 動画の50%以上が画面に表示された状態で2秒経過
  • 動画全体が画面に表示された状態で3秒経過
  • 動画の50%以上が画面に表示された状態で6秒経過

ユーザーが動画の拡大表示またはミュート解除を行った場合も課金されますが、動画再生が発生しない場合のインプレッションは無料。

2. プレロールの再生数

Twitterの広告費用が発生する2つ目のタイミングはプレロールの再生数。

動画の前に再生される広告動画( プレロール )の再生数に応じてTwitterの広告費用が課金されます。

プレロールの再生数に基づく課金の対象条件は以下の3つから選択できます。

  • プレロール動画の50%以上が画面に表示された状態で2秒経過
  • プレロール動画全体が画面に表示された状態で3秒経過
  • プレロール動画の50%以上が画面に表示された状態で6秒経過

動画の再生数と同様に、ユーザーが動画の拡大表示またはミュート解除を行った場合も課金されますが、動画再生が発生しない場合のインプレッションは無料。

3. アプリのインストール数

Twitterの広告費用が発生する3つ目のタイミングはアプリのインストール数。

ユーザーが広告を通してApple StoreまたはGoogle Playストアからアプリのインストールを行った回数に応じて課金されます。

広告を通さずにアプリをインストールした場合は課金対象外となります。

4. ウェブサイトのクリック数

Twitterの広告費用が発生する4つ目のタイミングはウェブサイトのクリック数。

広告内のリンクをクリックした回数に応じて広告費用が発生します。ユーザーがTwitterから広告を通さずにサイトをクリックした場合は課金されません。

5. エンゲージメント数

Twitterの広告費用が発生する5つ目のタイミングはエンゲージメント数。

ユーザーが起こしたアクションに応じて広告の費用が発生します。例えば、ユーザーによって以下のような反応があるときに課金されます。

  • リツイート
  • いいね
  • 広告クリック

エンゲージメントが発生しない場合は課金されません。

6. フォロワー数

最後に、Twitterの広告費用が発生する6つ目のタイミングはフォロワー数。

広告を通じて獲得したフォロワー数に応じて費用が発生します。Twitter広告を通さずにフォロワー数を獲得した場合は課金対象外。

関連記事:Twitterのフォロワーを増やす方法|7つのポイント

Twitter広告で費用対効果を高めるポイント

Twitter広告はいくつかのポイントを意識しながら運用することにより、費用対効果を高めることができます。

Twitter広告で費用対効果を高めるポイントは以下の5つ。

1. 配信する広告の目的を明確にする
2. 広告の配信内容を更新をする
3. クリエイティブな広告を作る
4. 拡散率を高める
5. 広告の改善をする

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

1. 配信する広告の目的を明確にする

Twitter広告で費用対効果を高める1つ目のポイントは配信する広告の目的を明確にする。

キャンペーンの目的によって課金対象が異なるため、広告の狙いや広告費用の目安を明確にするのが大切。広告を出稿する目的が定まっていなければ、費用が無駄になってしまう可能性があります。

Twitter広告の費用対効果を上げるために、広告の目的をしっかり設定しましょう。

2. 広告の配信内容を更新をする

Twitter広告で費用対効果を高める2つ目のポイントは広告の配信内容を更新をする。

Twitterはリアルタイムに新しい情報が更新されるため、広告の内容も日々アップデートすることが大切。

広告に古い情報を記載した状態でいると、ユーザーからの興味や関心を集められずに集客やエンゲージメントの数字が低下してしまう可能性があります。

定期的に広告の配信内容を更新することにより、高い費用対効果が期待できます。

3. クリエイティブな広告を作る

Twitter広告で費用対効果を高める3つ目のポイントはクリエイティブな広告を作る。

ユーザーの興味や関心を引く広告は拡散されて認知度が高まります。また、印象的で話題性を感じられる広告は、品質スコアが高いと判断されるでしょう。

クリエイティブな広告を作ることもTwitter費用対効果をアップさせるポイントのひとつ。

4. 拡散率を上げる

Twitter広告で費用対効果を高める4つ目のポイントは拡散率を上げる。

二次拡散が広がることにより、低コストで新しいフォロワーやユーザーの反応が獲得できます。前述したように、二次拡散には費用がかかりません。

コストを抑えながら広告の拡散率を上げることで、多くのユーザーからのアクションや認知度が高まります。

5. 広告の改善をする

Twitter広告で費用対効果を高める5つ目のポイントは広告の改善をする。

広告の改善することに質の高い広告を作ることができ、より高い費用対効果が期待できます。Twitter広告の運用をする際は、分析や改善をして広告内容のクオリティを向上させましょう。

Twitter広告の入稿規定

Twitter広告の各フォーマットにはそれぞれ入稿規定があります。

広告の種類別に入稿規定を解説します。

プロモテキスト

プロモテキストはテキストだけを使用したツイート。

テキストのみツイートする場合は280字までの投稿が可能です。23文字分はリンクに使用されるため、実際ツイートに投稿できるのは257字まで。

プロモイメージ・プロモGIF

画像付きツイートは画像と一緒にテキストを表示できるツイート。

  • GIFのファイルサイズ:最大5GB
  • 画像サイズ:横のサイズが600px以上を推奨
  • デスクトップのアスペクト比:2:1〜1:1の間
  • モバイルのアスペクト比:横16:縦9
  • テキスト:最大128文字

プロモビデオ

動画付きツイートは動画と一緒にテキストを表示できるツイート。

  • ファイルサイズ:最大1GB
  • 動画の長さ:2分20秒(15秒以下を推奨)
  • 動画ファイル形式:MP4/MOV
  • 動画アスペクト比:1:1を推奨
  • 画像サイズ:1200px×1200pxを推奨
  • テキスト:最大128文字

ウェブサイトカード・アプリカード

Twitterカードの種類であるウェブサイトカードとアプリカードには、別サイトやアプリに移動できる遷移ページが付いています。

  • タイトルの長さ:70文字
  • 画像サイズ:800px×418pxまたは800px×800px
  • 動画アスペクト比:1.91:1または1:1
  • ファイルサイズ:最大20GB
  • 画像ファイル形式:PNG/JPEG
  • 動画の長さ:15秒以下を推奨
  • 動画ファイル形式:MP4/MOV
  • テキスト:最大140文字

Twitter広告の出稿方法

Twitterで広告を出稿する手順を解説します。

広告を配信する上で大切な決定事項となるので、注意しながら出稿手順を進めていきましょう。

①アカウントの作成をする

まず、Twitter広告を始めるにはアカウントを作成。

Twitter広告にログインをして支払いやアクセス権限などに関する詳細設定を行います。

② 広告キャンペーンの配信目的を選ぶ

次に、広告キャンペーンの配信目的を選びます。

配信目的には以下のような項目挙げられます。

  • ブランドの認知向上
  • エンゲージメント
  • アプリインストール数
  • 動画の再生数
  • フォロワー

広告運用の目的は今後の広告効果に大きな影響があるので、この時点で適した配信目的を洗濯しましょう。

③ 広告キャンペーンの詳細を設定する

次に、広告キャンペーンの詳細を設定します。

広告キャンペーンの詳細画面では、キャンペーンの名前や予算、開始日などの情報入力がメイン。予算に関しては、1日分の予算またはキャンペーン全体にかけられる費用を選択できます。

④広告グループを作成する

次に、広告グループを作成します。

広告グループを作成するには、

  • 広告グループの名前
  • 予算
  • 入札タイプ
    などの情報を入力します。

どれくらいの費用をかけるべきか分からない場合は、一旦自動入札タイプを選択をして様子を見るのがおすすめ。

⑤ターゲットを決める

次に、広告を配信するターゲットを決めます。

Twitter広告には以下のように様々なターゲティング方法があります。

  • 地域
  • 性別
  • キーワード
  • 興味関心
  • イベント

広告目的に適したターゲットの条件を決めましょう。

⑥クリエイティブの設定をする

最後に、クリエイティブの設定を行います。

広告に掲載したいテキストや画像、動画などを設定します。クリエイティブの種類によってサイズや規定が異なるので、事前に確認するのがおすすめ。

クリエイティブの設定が完了するとTwitter広告の出稿作業が終わり、広告配信がスタートします。

Twitterの広告費用と他の媒体との比較

様々な媒体によって費用対効果の高いポイントや課金の仕組みが異なります。Twitterの広告費用と他メディアが運用する広告の特徴を一緒に比較しながら解説します。

広告効果を高めるために、目的や目標に適した媒体を選びましょう。

1. リスティング広告との比較

リスティング広告は検索キーワードに連動して広告が表示されるのが特徴。

ユーザーがGoogleやYahooを通して検索したキーワードと関連性のある広告が検索結果のページの1番上に表示されます。リスティング広告の課金方法はクリック課金。

ユーザーが検索サイトから探している情報に関連している広告が画面に出るため、購入意欲の高い顧客へのアプローチがしやすく、コンバージョンにつながりやすいです。

広告の費用対効果でコンバージョン率を上げたい場合はリスティング広告がおすすめ。

2. YouTube広告との比較

YouTube広告は動画が始まる前や再生途中に表示されるインストリーム広告やバンパー広告の形式が特徴。30秒以上の広告再生が行われた場合や広告表示回数が1,000回になる度に課金されるシステムです。

Twitter広告に比べて、YouTube広告はプラットフォームである動画を通して商品やサービスの良さを伝えやすいです。広告費用を抑えながら売り上げ向上が期待できるでしょう。

魅力的な動画広告を使って自社の宣伝をしたい方にはYouTube広告がおすすめ。

3. Facebook広告との比較

Facebook広告はターゲティングの精度が高い点が特徴。

他の広告に比べて、Facebookのアカウントはユーザー本人の実名やプロフィールが登録されているため、ターゲットのデータベースが正確です。

Facebookでは、広告費用の目安を設定した後に動画やストーリーズなどの広告フォーマットから目的に合わせた広告配信の形式を選ぶことが可能。

また、Facebook広告にはTwitter広告と同様に、クリック課金やエンゲージメント課金などの課金方法があります。

ターゲティングの費用対効果を狙う場合はTwitter広告よりもFacebook広告がおすすめ。

Twitter広告の費用に関する注意点

Twitter広告は費用の面において注意するべきことがあります。

Twitter広告の費用について注意するべきことは以下の3つ。

1. ターゲティングの条件を確認する
2. 広告費用は状況を把握した上で決める
3. ポリシーに違反した場合は広告が停止される

1. ターゲティングの条件を確認する

ターゲティングの条件はよく確認することが大切。

ターゲット層が細かく定まっていなかったり、ターゲットの規模を広げすぎたりしていると、無駄なコストがかかってしまう可能性があります。

Twitter広告では地域や言語、年齢などターゲットを様々な特定の条件に絞り込むことが可能。ターゲティングの条件をよく確認して広告の配信を行いましょう。

2. 広告費用は状況を把握した上で決める

Twitterの広告費用は状況を把握しながら決めましょう。

広告キャンペーンの目的や競合の規模などの状況によって広告費用が大きく変わります。

例えばフォロワー数を増やすという目的がある場合、現在の競合の数を踏まえて広告の予算はどれくらいかかるのか想定することにより、具体的な状況と費用が考えられます。

状況を考慮せずに費用の面だけを考えていると、広告効果が薄まり、コストが無駄になってしまう可能性があるので、常に状況を見ながら広告費用を判断しましょう。

3. ポリシーに違反した場合は広告が停止される

Twitterの広告ポリシーに違反すると広告が停止される可能性があります。

ポリシーの規制に違反すると、広告キャンペーンと広告配信が停止される仕組み。

Twitter側は広告主に対して違反の概要や修正に関するメールを送ります。また、重大な違反をすると事前に告知されないまま広告が差し止めされる場合があります。

広告ポリシーを守りながらTwitter広告の運用を行いましょう。

まとめ

今回はTwitterの広告費用について解説しました。

Twitter広告には高い費用対効果があり、費用や目的に合わせてキャンペーンを選ぶことができます。また、Twitter上で効率よく広告を運用することにより、低コストで集客や宣伝に大きな期待ができるのもポイント。

Twitterの広告運用や費用について知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

ご相談無料
SNS運用やSNSマーケティングなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS