SNS

【解説】SNSマーケティングとは?戦略の考え方について

SNSマーケティングという言葉をよく聞くようになったものの、実際にはよくわからないという方は多いのではないでしょうか。

SNSマーケティングを行うことで得られるメリットは大きく、大変魅力的なビジネスですが、まだまだ活躍しきれていない人が多い印象です。

今回はSNSマーケティングや戦略の考え方、注意点などについて解説を行っていきます。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとはさまざまなSNSを活用し、企業や商品・サービスに関するコンテンツを発信しながら集客を行う方法のことです。

企業とユーザーが直接連絡を取ることができるため、コミュニケーションを取りやすいことが特徴になります。

関連記事:【徹底解説】SNSマーケティング|基礎知識から運用方法も

SNSマーケティングによって期待できる効果

SNS

ファンの獲得

SNSではユーザーと直接やり取りを行うことができるため、ファンに繋がりやすいといえます。

もちろんそのためには丁寧な対応が大切で、ユーザーのアクションにいち早く答えることを心がけ、コミュニケーションを円滑に取ることが重要になるでしょう。

そしてユーザー同士もコミュニケーションを取りやすく、シェア・拡散しやすいため、ファンが広がりやすくなります。

情報発信がしやすい

SNSは情報が発信しやすいので、イベントの告知・新商品の案内など幅広く宣伝できます。

このときユーザーから直接アクションを得ることができるのもSNSマーケティングのメリットといえます。

認知度アップ

SNSを上手く運用するとユーザーの目に留まりやすくなるため、企業や商品の認知度向上に繫がります。

またSNSの機能を使用してキャンペーンを行うこともできるため、ユーザーに楽しんでもらいながら情報を拡散することも可能です。

例えば、いいねやリツイートをすることでプレゼントの応募資格がもらえるというキャンペーンであれば、商品のことを知らないユーザーでも、無料で応募できるため積極的に参加し、拡散してくれます。

この方法は、ユーザーに拡散してもらうと同時に商品のことをアピールするチャンスとなるため、効率よく認知度を上げることができます。

ブランディング

SNS

SNSでブレのないコンテンツを発信し続けると、自然とブランディングに繋がります。

例えば、美容専門のSNSアカウントを運営することや、美容商品の比較コンテンツを投稿するなど、コンテンツに一貫性を持たせることで、ブランディングを行いやすくなります。

またユーザーとコミュニケーションを重ねるほどブランド力は増し、ユーザーからの印象も良くなるでしょう。

信頼度の向上

ユーザーとやり取りを行っていくと、少しづつ信頼度があがってきます。

例えばコメントのやり取りの様子や、批判的なコメント・良くない口コミなどに対する真摯な対応をユーザーは見ているためです。

この姿を通じて、信頼できる企業かどうか判断されていくため、どんな意見にも真剣に対応を行いましょう。

例え批判的な意見があっても、自社のサービスをよくする意見だと受け止め、真摯な対応をすることが大切です。

リード獲得

SNSにリンクを貼っておくことで、企業のホームページへ誘導しやすくなります。

ユーザーに興味・関心を持ってもらえるコンテンツを配信し、そこから企業のホームページへと誘導し、スムーズに購買へ促すことができます。

ユーザーの目に留まりやすい位置に、企業ホームページのURLを記載しておきましょう。

SNSマーケティングを行う上での注意点

SNS

ではSNSマーケティングを行う上で、どのようなことを注意していけばよいか解説をしていきます。

炎上へのリスク対策

SNSに炎上はつきものです。

炎上されてしまったときの拡散力は強く、ユーザーに悪い印象を与えることにつながるため、SNSマーケティングにも大きな影響が出ると考えられます。

そのため炎上が起こらないように、さまざまなことを考慮しながら発信を行いましょう。

例えば、社会情勢への配慮やデリケートな内容には注意を行うなど、基本的なことはもちろん、コメントでのやり取りなどでも気をつけておこなうことが大切です。

もし炎上してしまった場合は、きちんと対応を行うことで、被害を最小限に抑えることもできます。すばやく対応することを心がけましょう。

知識を持った人が担当する

SNSマーケティングは、いろいろな対策を練りながら行っていく必要があります。

ただ闇雲にコンテンツを発信していても、良い結果にはつながりにくいといえます。

そのため専門の知識を持った人が担当するようにしましょう。

エンゲージメントを確認する

エンゲージメントとは、ユーザーとの関りを示す指数のことです。SNSではユーザーと関わることで、いいねやコメントなどをもらうことができます。

エンゲージメントを確認しなければ、行なっているSNSマーケティングがうまくいっているかわかりません。

エンゲージメントが高まる方法を分析し、効率のよい運用を目指しましょう。

SNSマーケティング戦略を練る

SNS

では、いったいどのようにしてSNSマーケティングを行えばよいでしょうか。SNSマーケティング戦略の考え方について解説していきます。

目的を明確にする

まず大事なことは、SNSマーケティングをなぜ行うのか、何を目的として行うのか明確にしておきましょう。その際、現実的でかつ適切な目標を設定する必要があります。

どんなに頑張っても達成できないような目標では意味がありません。目標が適切であるか判断するために、SMARTの法則を参考にすることをおすすめします。

SMARTの法則とは、具体性・計量性・達成可能性・関連性・期限の英単語の5つの頭文字を取ったもので、適切な目標を設定するための手助けになるものです。

具体性  目標が誰にでもわかるものであること
計量性  目標を数字で表すことができること
達成可能性  目標が現実的に達成できるものであること
関連性  目標は企業にとって意味のあること
期限  目標を達成するための期限が明確であること

目標にはさまざまなことをあげることができます。企業のブランディング、売上増加、集客・リード獲得など、今の企業にとって課題となっていることを目標にするとよいでしょう。

ターゲットの設定、調査

目標が決まれば、達成に向けて必要なことを決めていきます。まずは目標達成のために、ターゲットを決めましょう。

ペルソナを設定することで、ニーズ、興味、関心を知ることができ、戦略をたてやすくなります。

競合調査

目標達成のためには、競合他社の動きを知ることも大切です。他の企業が弱いフィールドを見つけましょう。

適切なプラットフォームの選択

SNSにはいくつか種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。

そのため企業や商品、サービスにとって相性のいいところを選ぶ必要があります。それぞれの違いを確認しておきましょう。

Twitter

Twitter

比較的若い世代に人気があり、情報が拡散されやすいSNSで、匿名で利用することができるため、誰でも利用しやすいことが特徴です。ですが、匿名で利用できるがゆえに、嘘の情報が拡散されることもあります。

そのためすべての情報を鵜呑みにせず、適切な情報を見極めながら利用しましょう。

また発信した情報が流れやすく見落とされがちなので、必要な情報は何度もアピールする必要があります。

関連記事:【徹底解説】Twitterの始め方から使い方まで

Instagram

Instagram

画像や動画がメインで、若い世代を中心に人気があるSNSです。

Instagramの特徴として、ハッシュタグ検索を行うことができ、企業もハッシュタグを利用したクーポンなどを発行しているところもあります。

そのため企業自ら拡散しなくても、ユーザーが拡散してくれることが大きなメリットです。また文字では伝えにくい情報も、画像や動画で伝えることが可能になります。しかし反対に詳細な説明が必要なコンテンツは、読まれにくい傾向なので不向きといえるでしょう。

関連記事:Instagramとは|活用のコツから専門用語まで

Facebook 

Facebook

Facebookは拡散力は弱いですが、実名登録のため、情報の信用性が高いことが特徴です。そのためビジネスに利用されることも多いSNSで、30~50代の比較的年齢の高い世代に人気があります。

また登録の際に、住所なども登録するため、広告のターゲティング精度が高くなることが特徴です。

関連記事:Facebookの新規登録|手順・アカウント登録できない原因

YouTube

youtube
YouTube

世界最大級の動画配信サイトで、他のSNSと連携することができるため、とても拡散力のあるSNSになります。幅広い世代に人気のため、世代を問わずアピールすることが可能です。

また動画なので、より多くの情報を伝えることができ、ユーザーにアピールしやすいことが大きなメリットといえるでしょう。

関連記事:【徹底解説】YouTubeチャンネル|開設から動画のアップロードまで

LINE

LINE

LINE

コミュニケーションツールで、無料で電話やメールができます。個人でのやり取りだけではなく、グループで会話することもでき、円滑にコミュニケーションを取ることが可能です。

また、ユーザーに関連した広告を出しやすいことも特徴で、つながりのあるユーザーにまで広告を表示することができます。

TikTok

TIKTOK

TiKToK

短い動画に音楽を合わせて配信することができるSNSで、比較的若い世代を中心に人気があります。動画が人気になると、他のSNSでも話題になることもあり、拡散力も期待できるでしょう。

最近人気なSNSであるため、今後の拡大に期待できるSNSといえます。

運営方法

男性

SNSマーケティングの運営のとりかかりとしては、まずコンテンツを作成することです。

ただ好きな内容を投稿すればいいというわけではなく、企業や商品にとって有益性・関連性・独自的・面白い・共有しやすいコンテンツを作成しましょう。

またユーザーが参加できるコンテンツは、拡散されやすいためおすすめです。積極的にいいねやコメントがもらえる工夫をしましょう。

また、コンテンツは頻繁に更新する必要があります。SNSは比較的情報が流れていきやすいため、どんどん発信を行い、ユーザーの目に留まるようにしましょう。

その際広告などを利用して、露出を増やすこともおすすめです。

またコンテンツを作成したら、PDCAサイクルを回していきましょう。

PDCAサイクルとは、計画・実行・評価・改善のことで、コンテンツの品質をあげていくために、さまざまな角度から分析を行い、修正していくことです。

例えば、コンテンツに反応がある年齢層や時間帯などを分析することも大切です。PDCAサイクルを回すことで、より反応のあるコンテンツを作成することができます。

まとめ

男性

いかがでしたでしょうか。

今回はSNSマーケティングや戦略の考え方、注意点などについて解説しました。

目標に対する戦略を決定し、自社の商品やサービスに合わせたSNSを選択し、ユーザーに魅力を伝えていきましょう。

またコロナの影響によって、自宅で過ごすことが増えたことにより、SNSを閲覧する方も増えました。そのような方にアピールするためにも、適切な方法で情報を発信していきましょう。

ご相談無料
SNS運用やSNSマーケティングなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS