SNS

【最新版】SNSアフィリエイトとは?成功させるポイントやおすすめアプリ6つを紹介!

SNSは様々な顧客にアプローチできることからWebサイトと共にアフィリエイトの手段として有名です。

しかし、「 SNSアフィリエイトの詳しい内容やどのSNSを利用したらよいのかが分からない 」といった方も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • そもそもアフィリエイトとは?
  • アフィリエイトの種類
  • SNSアフィリエイトのメリット
  • SNSアフィリエイトのデメリット
  • アフィリエイトにおすすめなSNSを6つ紹介
  • SNSアフィリエイトを成功させる3つのポイント

などについて具体的にまとめました。

「 SNSのアフィリエイトについてもっと知りたい 」という方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもアフィリエイトとは?

SNSアフィリエイトについて解説する前に、そもそもアフィリエイトとはどのようなものでしょうか?

SNSアフィリエイトを理解する上でアフィリエイトを理解することは重要です。

ここではアフィリエイトの概要やアフィリエイトの種類について解説していきます。

「 アフィリエイトがそもそも何か分からない 」いった方はぜひ参考にしてみてください。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは「 広告収入 」のことを指し、数種類のアフィリエイトが存在しています。

アフィリエイトの仕組みは「 広告主 」と「 ASP 」と呼ばれる仲介サービス業者、「 アフィリエイター 」と呼ばれるアフィリエイトを行う人が相互に利益を得る形となっており、アフィリエイターは広告主の商品やサービスを広告宣伝することにより収益をあげることが可能です。

ASPを介せず広告主から直依頼されるケースもあり、アフィリエイトの形態は多種多様となっています。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトには3種類あります。

  • クリック課金型広告
  • 固定掲載広告
  • 成果報酬型広告

クリック課金型広告はYouTubeのGoogle AdSenseが代表例となり、視聴者や閲覧者がその広告をクリックすることでアフィリエイターに収益が発生する仕組みです。

固定掲載広告はSNSやWebサイトに一か月や半年といった一定期間広告を掲載することにより、掲載期間に応じた報酬を得ることができる仕組みとなります。

成果報酬型広告は自分が紹介した商品が実際に売れたら、商品の売却利益の数%をアフィリエイターに渡すという報酬形式です。

実際にどれくらい稼げるのか、具体的な数字で追記していただきたいです。

YouTubeなどSNSの分析ツールであるNoxInfluencer内の日本の登録者ランキング1位はキッズラインとなります。

そんなキッズラインの月間広告収入は2306.26万円~7303.18万円となり、月間視聴回数は98.15億です。

このようにYouTubeの成果報酬型広告では視聴回数が多ければ多いほど収益が高くなります。

SNSアフィリエイトのメリット

SNSアフィリエイトのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

ここではSNSアフィリエイトのメリットである以下2つを解説していきます。

  • 凄まじい拡散能力を持っている
  • 各SNS独自の検索エンジンとなっている

「 SNSアフィリエイトのメリットを知りたい 」という方はぜひ参考にしてみてください。

凄まじい拡散能力を持っている

「 バズる 」という言葉ができた様にSNSの拡散能力は凄まじいです。

SNSの投稿からシェア、更にシェアされるというネズミ算式に露出が増加するため、指数関数的に拡散されていきます。

Webサイトや広告だとSNSの様にネズミ算式に露出が増加することはないため、SNSの広告効果は非常に高いといえるでしょう。

各SNS独自の検索エンジンとなっている

各SNSでは独自の検索エンジンやおすすめ表示機能が実装されています。

従ってGoogleの検索ではリーチできなかった顧客に広告を打つことが可能です。

SNSアフィリエイトのデメリット

SNSアフィリエイトのメリットを紹介してきましたが、SNSアフィリエイトのデメリットはあるのでしょうか?

ここではSNSアフィリエイトのデメリットである以下2つを解説していきます。

  • 炎上してしまう可能がある
  • 悪評が固定化してしまう場合やブランド棄損となってしまう場合もある

「 SNSアフィリエイトのデメリットを知りたい 」という方はぜひ参考にしてみてください。

炎上してしまう可能がある

SNSアフィリエイトの「 凄まじい拡散能力を持っている 」の見出しでも紹介しましたが、SNSコメントの評価やシェアによって情報が爆発的に拡散します。

企業や個人にとって良い拡散であればSNSアフィリエイトにとってプラスですが、ヘイトが多くたまり「 炎上 」してしまった場合は火消しが大変です。

有名インフルエンサーが効果も確かめずに「 血液クレンジング 」を紹介したことで炎上した実例などから、SNSアフィリエイトをする側も広告商品のリサーチを徹底しないと痛い目を見ることが伺えます。

また、わざと炎上させてSNSのフォロワー数を獲得することによりSNSアフィリエイトを有利に進める方法を行っている方もいらっしゃいますが、ブランド既存やアカウント通報など様々なリスクが考えられるためおすすめできません。

悪評が固定化してしまう場合やブランド棄損となってしまう場合もある

炎上と同様に悪評がSNS上で出回ってしまった場合はブランドの棄損を招く場合があります。

SNSでは一度悪評が広がってしまうと情報元を消すことは困難なため長期的な損失を被るケースもあります。

アフィリエイトにおすすめなSNSを6つ紹介

SNSアフィリエイトのメリットやデメリットを解説してきましたが、アフィリエイトにおすすめなSNSはどれでしょうか?

ここではアフィリエイトでよく使われる以下6つのSNSを紹介していきます。

  • Twitter( ツイッター )
  • LINE( ライン )
  • Instagram( インスタグラム )
  • Facebook( フェイスブック )
  • YouTube( ユーチューブ )
  • Tik Tok( ティックトック )

「 アフィリエイトにおすすめなSNSにはどのようなものがあるの? 」という方はぜひ参考にしてみてください。

Twitter( ツイッター )

気軽に投稿ができるSNSとしてTwitterは2006年にサービスを開始しました。

140字の文字制限があり、動画や画像の投稿も可能なTwitterでは簡単な紹介文を用いてアフィリエイトリンクを張るといった手法でSNSアフィリエイトをすることができます。

リツイートや返信、いいね機能などが実装されており、個別にメッセージをやりとりできる「 ダイレクトメッセージ 」機能も備わっていることから顧客の反応をうかがったり、マーケティングに活用したりすることが可能です。

LINE( ライン )

無料通話アプリとして2011年にサービスを開始したLINEは文章によるメッセージはもちろん、画像や動画を送信することも可能です。

タイムラインを使用すると不特定多数の人に投稿を行うことが可能なことから、Twitterと同様に簡単な紹介文を用いてアフィリエイトリンクを張るといった手法でSNSアフィリエイトをすることができます。

またLINE@と呼ばれる友達に対して同様の投稿を一括で送信できるサービスもあり、LINE@はメールマガジンのLINE版と考えると想像がしやすいでしょう。

LINE@はサービスや商品に興味のある顧客リストを作成することで、不特定多数の方に宣伝するよりも高いCV(コンバージョン・成約)が期待できます。

オプトインアフィリエイトと呼ばれるリストを交換しあいながら商品を紹介していくSNSアフィリエイトも盛んに行われているのがLINE@です。

Instagram( インスタグラム )

月間アクティブユーザーが10億人を超え、SNSの中でも急成長したInstagramは若年層や女性に人気のSNSとなっています。

主に画像や写真を投稿するInstagramでは女性の約7割が投稿から商品の購入につながるというデータも出ているためアフィリエイトに最適なSNSといえるでしょう。

特に化粧品や健康食品、美容器具といった分野のSNSアフィリエイトで盛り上がっているSNSです。

Facebook( フェイスブック )

Facebookはマーク・ザッカーバーグがハーバード大学に在学中に立ち上げたSNSとなっており、当初は高学歴専用のSNSでした。

Facebookは偽名を使用することを禁じており、実名での登録となるSNSです。( 偽名でも登録できますが規約違反となり、アカウントを削除される可能性が高いです。 )

ビジネス面で使用する場合が多いSNSとして有名なため名刺代わりにFacebookを利用している方もいます。

「 Facebookグループ 」と呼ばれる独自コミュニティを開催できるグループ機能が備わっており、オンラインサロンを開くことが可能です。

LINE@の様に独自リストを作成することが可能なため、不特定多数の方に宣伝するよりも高いCV(コンバージョン・成約)が期待できます。

YouTube( ユーチューブ )

YouTubeも動画をシェアするSNSです。動画の投稿やコメント機能、ライブ配信といった形で不特定多数な方と交流が可能です。

2005年にサービスが開始されたYouTube。現在では多くのYouTuberが誕生しており、インフルエンサーとして活躍しています。

成果型の広告収入ではなく、視聴課金型のGoogle AdSense( グーグルアドセンス )やYouTubeを使って商品を紹介した後に概要欄のアフィリエイトリンクから広告収入を得ることも可能です。

Tik Tok( ティックトック )

中国発のショートムービー専門のSNSであるTik Tokは若年層において爆発的にシェアを拡大していきました。

1分以内の簡単な動画を投稿やシェアできる機能により、動画投稿に難があった層も簡単に動画投稿できることから、YouTubeとは違った顧客にリーチできるのが強みです。

YouTubeの動画を短く編集し、Tik Tokに投稿することにより自分の広告としてSNSアフィリエイトに活用することが可能です。

SNSアフィリエイトを成功させる3つのポイント

SNSアフィリエイトをどのように行うのか具体的に解説してきましたが、SNSアフィリエイトを行う上で気を付けるポイントや成功させるためのポイントはあるのでしょうか?

ここではアフィリエイトでよく使われる以下3つのSNSを紹介していきます。
→これから説明するのはよく使われるSNSではないので「アフェリエイトを行う上で検討すべき3つのこと」や「アフェリエイトを効率よく行う3つのポイント」など別の言葉がいいと思います。

ここではアフェリエイトを効率よく行う3つのポイントを紹介していきます。

  • SNS分析ツールを導入
  • SNSを補助するツールを導入
  • Webサイトや動画投稿サイトと併用して効果を高める

「 SNSアフィリエイトを成功させるポイントを知りたい 」という方はぜひ参考にしてみてください。

SNS分析ツールを導入

Keywordmap for SNSやHoshitornといったSNS分析ツールを導入することにより、分析や抽出をおこなった上で投稿ができるためより効果的な施策を打つことが可能です。

また各SNSにはSNSの会社が提供しているSNS分析ツールがあり、TwitterではTwitterアナリティクス、YouTubeではYouTubeアナリティクスといった形で無償のSNS分析ツールが提供されています。

SNSを補助するツールを導入

SNS分析ツールと共に導入を検討した方がよいのが「 SNSを補助するツール 」です。

SNSを補助するツールの利点としては定期投稿が可能になったり一画面で多くのコメントを見れたりと効率化を進めてくれます。

代表例はTwitterのTweetDeckが挙げられ、無料で利用が可能です。

Webサイトや動画投稿サイトと併用して効果を高める

SNSアフィリエイトを効果的にするために「 Webサイト 」や「 動画投稿サイト 」を一緒に活用することがおすすめです。

SNSだけでアフィリエイトをおこなうのではなく、他メディアと連携、様々な層の顧客を自分のメディア間で移動させることにより、効果的に新規顧客を獲得することやリスト作成を行えます。

様々なSNSで有効なアプローチを行おう

この記事では、

  • そもそもアフィリエイトとは?
  • アフィリエイトの種類
  • SNSアフィリエイトのメリット
  • SNSアフィリエイトのデメリット
  • アフィリエイトにおすすめなSNSを6つ紹介
  • SNSアフィリエイトを成功させる3つのポイント

などについて具体的に解説してきました。

SNSはもはや人々の生活の一部となっているため、購買行動に直結したツールとなっています。

従ってSNSアフィリエイトで大きく収益を上げる可能性やまた他メディアと連携することにより相乗効果を生み出すことも可能でしょう。

SNSアフィリエイトに興味がある方はこの記事を参考に試してみてはいかがでしょうか。

consal

お問い合わせはこちら



Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS