SEO

WixでSEO対策をする手順・メリット・デメリットからHP制作まで解説

ホームページ作成の方法は、大きく分けると2種類があります。

一つはプログラミングをする際に使用する、HTMLやCSSなどの言語を使用して、ウェブサイトを作成する方法。

二つ目はCMS( Contents Management System )という、Webサイトの制作や管理を行うことができるシステムを利用して作成する方法です。

今回扱う「 Wix 」はCMSに分類されます。

そこで今回の記事では、下記について紹介します。

  • Wixでできること
  • Wixでホームページ作成やSEO対策を行う方法
  • Wix無料版有料版の比較
  • WixでSEO対策をするメリット、デメリット

SEO対策ができるホームページ作成をしたい方や、ホームページを作成しようとしているがSEOまで手が回らない方は是非参考にしてください。

関連記事:CMSとは|CMSをSEO対策に生かす方法

Wixとは

Wixはホームページ作成ツールの一つです。タイプは2種類。AIを使用して簡単にホームページを作成できるタイプと、高度なWebアプリケーションを構築できる上級者向けのタイプです。

ホームページ作成が初心者の方から、プログラミング言語に慣れているデベロッパーまで、レベルに合わせて最適なツールを選択することができます。

また、WixにはApp Marketというものがあります。Wixが独自に開発するアプリや他と連携ができるアプリで、App Marketにあるものは全てホームページに組み込むことが可能です。

例えば、ネットショップなどのストアの運営、予約サービスなどです。

これらはビジネス向けの機能で、他にもブログ、ミュージック、フォトグラフィ、ビデオなどのコンテンツを盛り込むことも可能です。

SEOとは

SEO

SEO( Search Engine Optimization )はサーチエンジン最適化と略されます。

検索エンジンで検索をした時に、上位に表示される記事の方がクリックして目を通す機会が多いと思います。それによりホームページのアクセス数が増えます。

そのための対策がSEOです。

アクセス数を増やし、自身のホームページを検索エンジン( Yahoo!やGoogleなど )の上位に表示されるよう、Webサイトを改善し、検索からの訪問数を増やすために対策をします。

例えば、具体的には以下のことがSEO対策として挙げられます。

  • 検索してもらえそうなキーワードを選ぶ
  • キーワード選択の際に表示されるように、そのキーワードをページに設定する
  • 質の高いコンテンツを作成し、コンテンツの量も豊富にする
  • Googleが推奨している設定にする。サイトをモバイルフレンドリーにする、など。

参考:検索エンジン最適化( SEO )スターター ガイド

ちなみに、SEO対策の特徴としては下記が挙げられます。

  • 基本的に費用は無料で対策できる( 有料のSEOツールもあり )
  • 少しずつサイトを改善してGoogleに評価されていくため、効果が出るまでには時間がかかる
  • Googleに優良なサイトだと評価されて上位表示されるため、検索結果で上位に表示されると上位を維持しやすい( 年に数回行われるコアアルゴリズムアップデートという更新が入り、検索の順位をどのように決定するか調整されるため、順位変動の可能性があり )

関連記事:【完全版】SEOとは?基礎知識から対策方法まで解説

Wixでできること

基本的なホームページ作成でよく利用される機能を主に、Wixで行うSEO対策について紹介します。

ホームページ作成

自分でHTMLやCSSといったコードを扱う作成方法に比べると、こういうツールを利用したホームページ作成は簡単です。

まずアカウントを登録し、「 Wix ADI( 初心者向け ) 」か「 エディター( 上級者向け ) 」を選択します。その後の手順は下記の通りです。

関連記事:【基礎編】HP作成の基本とは⁉流行りのランディングページも解説

Wix ADI

  • どのようなジャンルのホームページを作成したいか
  • サイトにどのような機能を付けたいか
  • 好みのデザイン

このような設問があるので、それぞれ答えていくだけで自動的にホームページが作成され、すぐに公開できるようなレベルのホームページが表示されます。

あとはそれを自分の好みの画像に差し替えたり、文字の色や背景の色を変更して編集していきます。

エディター

エディターモードでは最初にテンプレートを選択し、その後はドラッグやドロップなどの簡単な操作でホームページを編集します。

文字や画像の配置をドラッグで自由に変更でき、Wix ADIよりも自由度が高く編集できます

もっと自由にデザインしたい、カスタムコードを用いてホームページを作成したいという方には、「 Dev Mode 」というエディターよりも上級者向けのモードを用いることも可能です。

Wix ADIとエディター、どちらも編集したところからすぐに反映され、感覚的に操作ができるため初心者でもホームページの作成がしやすいと思います。

また、デザイン性も高いため、自分でデザインするのは難しいがおしゃれなホームページを作成したいという人にもおすすめです。

SEO対策

ダッシュボードからアクセスできる「 Wix SEO Wiz 」というものを使用してSEO対策をするという流れです。

WixではSEO対策を解析した「 SEOレポート 」というものが作成され、SEOに必要なやるべきことをリスト化されます。

レポートに沿って、ページのテキストの最適化( テキストに自身で決めたキーワードを入れる )、ドメイン取得、Googleにサイトを提出するなど、SEO対策のためにすべきことを行っていきましょう。

Wixで行うポイントは、外部ツールを用いずSEO対策できるため簡単だということ。

レポートという形式でリスト化されるため何をすべきか分かりやすいということです。

関連記事:SEO 対策|方法・費用・効果を徹底解説

ドメイン取得

ドメインは住所のようなもので、ホームページ公開の際には欠かせないものです。Wixでドメインを取得するには下記のどちらかの方法で取得します。

  • プレミアムプランを契約して独自ドメインを取得する方法か
  • 外部ドメインホストで取得したドメインを利用する方法のどちらか

Wixでのドメイン取得については無料プランではできないため、プレミアムプランへのアップグレードが必要になります。

ドメイン購入後はドメインに作成したホームページを接続すれば完了です。

関連記事:SEOとドメインの関係とは|ドメインの決め方も紹介

ビジネス向け機能

ビジネス向けの機能として、主に紹介されているのは下記の8種類。

  • Wixストア
  • Wixブッキング
  • Wixブログ
  • Wixミュージック
  • Wixフォトグラフィ
  • Wixビデオ
  • Wixイベント
  • Wixレストラン

これらは「 アプリ 」と言われていて、Wixが作成しています。

アプリで気に入ったものがあれば、クリックするだけで簡単に自分のホームページに機能を追加することができます。

ホームページに組み込もうとすると少し難しそうなコンテンツでも、Wixでは簡単に追加することができます。

多様な機能の種類で様々な業種に対応できるため、Wixでホームページを作成する場合は一緒に始めてみてはいかがでしょうか。

Wix無料版有料版の比較

Wixは無料で利用できる機能も多数ありますが、有料プランであればより充実した機能を利用してホームページ作成が可能です。

個人のホームページとして利用するには無料でも良いかもしれませんが、ビジネスで利用する場合は有料版をおすすめします。

Wixでどういうホームページを作成したいか、どの機能を利用したいかなどを考慮し、無料と有料どちらが自分に合っているかを考える時の参考にしてください。

Wix 無料版

無料版ではWixエディターやWix ADIを利用したホームページの作成、運用ができます。

他にはWixブログ、Wixミュージック、Wixイベントなど無料で利用できるアプリ( 制限がある場合あり )もあるので、是非見てみてください。

ホームページに関わる基本的な操作は無料です。その後の運用についてもコストがかからないため、ホームページにあまり沢山の機能を組み込む必要がない場合は無料で使い続けることができます

Wix App Market ではWixが提供するアプリが300以上あり、その中には機能を一部無料で利用できるものもあります。例えば、次のようなものです。

  • 「 Wixミュージック 」で音楽プレイヤーを組み込む

※グッズなどの販売にはプレミアムプランの契約が必要

  • 「 Wixプロギャラリー 」で写真や動画をギャラリー形式で公開する
  • 「 Wixイベント 」でイベントの特設サイトを作成すること

※チケットのオンライン決済にはプレミアムプランの契約が必要

まずはホームページを作成し、App Marketで自分の利用したいアプリかを見てみてはいかがでしょうか。

Wix 有料版

有料版には様々なタイプがあります。

  • ホームページでの制限を無くしたい場合はホームページ用のプレミアムプラン
  • ネットショップや予約型サービス向けのプランの場合はビジネス&Eコマース用のプレミアムプラン

それぞれの特徴は以下の通りです。

ホームページ用

  • 個人のサイトや、そこまで多くの機能を必要としない小規模の企業サイトに向いている点
  • ホームページのみの使用で、それ以外のサービス( ブログ、ブッキング、ミュージックなど )を利用しない場合に最適

ビジネス&Eコマース用

  • ホームページに様々な機能を組み込みたい場合に最適
  • 50GBほどのデータ容量があるプラン、5時間以上の動画アップロードが可能なプランを選択できる点

まず最初にどちらかを選択します。

その後、ホームページ用の

  • VIP
  • アドバンス
  • ベーシック
  • ドメイン接続

の4種類

ビジネス&Eコマース用の

  • ビジネスVIP
  • ビジネスプラス
  • ビジネス

の3種類からプランを選択します。

ホームページ用のプラン3種類の違いは下記の通りです。

趣味や個人サイトであればベーシック、それよりも容量が大きいもの、帯域幅が広いものが良い場合はアドバンスを選ぶのが良いでしょう。

ビジネス&Eコマース用では、3種類全てのプレミアムプランで決済対応のネットショップ&予約機能が利用できる他、下記のような仕様となっています。

ホームページ用のプレミアムプランと比較すると料金は高いですが、無制限で利用できるものが増えます。

ビジネスで利用することが多い機能も利用できるようになるため、ホームページと一貫して全てWixで作成・運用していきたい場合はこちらをおすすめします。

Wixで行うSEO対策の手順

Wixの検索エンジン最適化ツールは「 Wix SEO Wiz 」といいます。

そのWix SEO Wizで行うSEO対策の手順は簡単な3ステップです。

  1. 「 SEOレポートの作成 」
  2. 「 レポートのチェックリストに沿ってSEO対策を実施 」
  3. 「 チェックリストが完了したらSEO対策の成果を確認 」

「 SEOレポートの作成 」

Wixではホームページを解析したて、SEOレポートを作成します。自動的に作成されるため、このレポートのチェックリストに沿って対策の項目を実施していきます。

「 レポートのチェックリストに沿ってSEO対策を実施 」

  • トップページのテキストを最適化してください
  • トップページにSEOディスクリプションを追加しましょう
  • 独自ドメインに接続しましょう

例えば上記のような項目があります。

全て達成するとGoogleにサイトを提出できます。

「 チェックリストが完了したらSEO対策の成果を確認 」

そして、Googleによってホームページが検索データベースに登録されているかどうかや、クリック回数などをお知らせでチェックします。

WixのSEO対策による効果について、簡単な結果を知ることが可能です。

ページで行う設定

ページのSEO設定を行うことで、検索エンジンの検索結果にサイトを表示させることができます。Wix SEO WizでのSEO対策とは異なる設定です。

ページごとに「 SEO( Google ) 」という設定内容があり、ここでページ設定が可能です。

ページURLの最後の部分:ここで設定するテキストは、サイトアドレスの一部となる検索結果に表示するタイトル:検索結果に表示させたいページのタイトルを入力する

ページディスクリプション:ページコンテンツに関係のあるキーワードを含んだページの詳細を入力する

また、「 このページを Google 検索に表示 」を有効、もしくは無効にできます。

有効にすると検索エンジンでサイトを検索する事が出来ます。無効の場合は検索エンジンにキーワードを入力してサイトを検索しても表示がされません。

サイトを一般公開したくない場合には無効にすると良いでしょう。

WixでSEO対策をするメリット

WixでSEO対策ができることのメリットは下記の通りです。

  • 外部のツールを使用せずに、WixでSEO対策が完結できる
  • 作成されるSEOレポートにより、すべきことが分かる

メリットについて

通常、ホームページ作成とSEO対策は別のサービスで行うことが多いですが、WixにはWix SEO WizというSEO対策の手順を案内する機能があるため、Wix内で完結することができます。

無料のため、SEO対策を別で行うのが面倒な人には良いと思います。

また、Wixが作成したホームページを解析した、SEOレポートを作成できます。このレポートは足りないことをリスト化してくれるため、次に行うべき操作が分かりやすく表示されるのが特徴です。

足りないことのリスト化は、例えば

  • トップページのテキストを最適化( テキストに自身で決めたキーワードを入れること )
  • トップページにSEOディスクリプションを追加
  • 独自ドメインに接続
  • Googleにサイトを提出

などです。

例えばトップページのテキストを最適化してください。トップページにSEOディスクリプションを追加しましょう、などの項目として表示されます。

クリアするとチェックマークが付き、達成していることと、まだできていないことの差がはっきり分かります。

WixでSEO対策をするデメリット

デメリット

メリットがある一方、WixのSEO対策は弱いと言われることもあります。

下記のような点がデメリットとして挙げられます。

  • Wixでは最低限の対策しかできない
  • 検索結果の上位にWixのサイトが無い

デメリットについて

WixのSEO対策は手軽に行える反面、複雑な設定ができません。WixはSEO対策に徹しているわけでは無いため、外部のSEOツールを利用する方が本格的なSEO対策ができます。

また、SEO対策に強いということは、キーワードで検索した際に上位にサイトが表示されるはずですが、Wixのサイトは検索の際にあまり上位にはありません。( キーワードにもよります。 )

そのため、相対的に見るとWixはSEO対策に弱いと言われるようです。

ちなみに、WordPressやペライチなど、SEO対策を組み込むことのできるCMSツールはWix以外にもあります。「 他のホームページ作成ツールとの比較 」で紹介するので、是非ご参照ください。

他のホームページ作成ツールとの比較

Wixの他にもホームページ作成ツールはいくつかあります。

初心者に向いているもの、上級者向けのものがあるので、自分に合うホームページ作成ツールを見つけてホームページの作成に活かしましょう。

WordPress

https://ja.wordpress.com/

  • SEO機能が豊富
  • テンプレートが豊富
  • Webサイトの37%がWordPressで作成されている
  • サーバー費用がかかる
  • 専門家から直接サポートを受けられる

WordPressはホームページをシンプルに作成するタイプと、自由度が高いタイプの2種類があります。SEO機能も他と比べると豊富で、有名企業も多数利用しているため、信頼性も高いです。

他のCMSと比べると自由度が高い分、ある程度ホームページ作成についての知識がないと、操作が難しいと感じてしまうかもしれません。

ホームページ作成初心者ではなく中・上級者の方の使用をおすすめします。

Jimdo

https://www.jimdo.com/jp/

  • 簡単な操作性
  • サポート対応あり
  • ネットショップ、ブログもできる
  • SEO対策、アクセス解析機能

JimdoはAIビルダーとクリエイターの二つのサービスがあります。

AIビルダーはプログラミングやデザインの知識が必要なく、質問に答えるだけでAIにより簡単にホームページ作成ができます。

クリエイターはHTMLやCSSを使用してホームページをカスタマイズできます。

双方に互換性は無いため、後から変更したい場合は別個のサイトとして新たに作成する必要があります。

ペライチ

https://peraichi.com/

  • ドラッグ&ドロップでホームページ作成可能
  • ペライチサポーターによるセミナーや勉強会あり
  • 通販機能
  • SEO対策
  • 小規模サイト向き

「 テンプレートを選ぶ 」「 内容を作る 」「 公開ボタンをクリック 」の3ステップで作成ができる、簡単なホームページ作成ツールです。

スマホ表示の最適化も自動で行われ、簡単にモバイルフレンドリーに対応できます。ページ数に制限があるため、ページ数が多い大規模なサイトには向きません。

( 大規模にも対応可能なエンタープライズプランもあるので、興味がある方はお問い合わせもできます。 )

まとめ

Wixでのホームページ作成方法、SEO対策の方法、他にも豊富なApp Marketのアプリがあることを分かっていただけたかと思います。

メリットもデメリットもありますが、ホームページ作成初心者でも手軽に作成できるWix ADIと、上級者でも好きなように作成できるエディターで、幅広くカバーしています。

SEO対策の基本的な対策について、Wix SEOで感覚を掴むこともできるでしょう。

また、コロナウイルスの影響でオンラインの需要は高まっているため、ホームページ作成にプラスで、Wixのネットショップやブッキングなどのアプリも試してみることをおすすめします。

少し前まではHTMLやCSSなどの知識がなければ、ホームページを作成することは難しかったと思います。しかし最近は知識がなくとも、できることが増えました。

興味がある方は登録をして実際に触ってみてはいかがでしょうか?