SEO評価を上げるために押さえておきたいポイントとは?評価基準や評価に役立つツールまで徹底解説

できるだけ多くの人に自サイトを訪れてもらうには、Googleから良い評価をもらい、検索順位を上げる必要があります。

しかし、闇雲にコンテンツの量を増やすなどしても、押さえるべきポイントを押さえていなければなかなか評価にはつながりません。

では、実際に評価を上げるにはどのような対策をすればいいのでしょうか。

また、Googleの評価基準とはどのようなものなのでしょうか。

今回はSEOの評価をあげるための具体的な方法やGoogleの評価基準について解説したいと思います。評価を確認するための便利ツールについてもいくつか解説していきます。

サイトを運営しているという方はもちろん、SEO対策を始めようか迷っている、SEO効果が出なくて悩んでいるという方にも参考にしていただけると思います。ぜひ最後まで見ていってください。

SEOとは

seo

まず、SEOとは何か確実に押さえておきましょう。

SEOはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化とも呼ばれます。GoogleやYahoo!などの検索エンジンから自サイトへユーザーを呼び込むための様々な施策のことを意味しています。

日本ではGoogleとYahoo!が検索エンジンのほとんどを占めていますが、Yahoo!はGoogleの検索エンジンを採用しているため検索結果はほとんど変わりません。

つまり、SEOとはGoogleの検索エンジンを理解することであり、サイトへの評価はGoogleの基準で行われているということが分かります。

Googleは検索エンジンのロジックを非公開にしていますが、多くの人が研究を重ねているため、有効と思われる対策は予想がつくようになりました。

また、Googleは検索エンジンのアップデートを定期的に行っています。検索エンジンが更新されるということは、評価基準や評価方法が変わるということです。

ペンギンアップデートやパンダアップデートのような大きな変容は少ないですが、SEOには変化がつきものだということは覚えておきましょう。

関連記事:【完全版】SEOとは?基礎知識から対策方法まで分りやすく解説

SEOにおけるGoogleの評価基準

google

Googleはサイトを評価する基準として専門性、権威性、信頼性の3つを掲げています。これらは英語の頭文字をとってE-A-Tと呼ばれます。

E-A-Tは今までもおそらくこれからも変わることのない基本的なGoogleの基準です。

検索エンジンロジックのように変化することのない絶対的な指標と言えるので、まずはこの3つを押さえておきましょう。

Expertise( 専門性 )

専門性とは、コンテンツが何らかの専門性に特化しているかという観点の基準です。

コンテンツはあれもこれもと欲張るより、1つの分野やテーマに絞って書く方が評価されると言えます。ある分野に特化したサイトや専門家が書いた記事は、コンテンツの質が高いとGoogleに判断されるからです。

例えば、新型コロナウイルスの感染予防対策について調べるとき、素人がブログの中で話題の一つとして紹介した内容より、病院の公式サイトや医師、感染症の専門家が解説している内容の方が、質が高いと私たちユーザーも捉えますよね。

検索エンジンもユーザーと同じように、精通した知識や経験、技術のあるサイトを評価するというわけです。

また、自分が専門家でなくても、公式的に発表されたデータや専門家のインタビューなどを載せているコンテンツは専門性が高いと言えます。

E-A-Tは3つの要素からなりますが、専門性が高ければ権威性と信頼性も自然と高くなるのでまずは専門性を押さえておくことが重要です。

Authoritativeness( 権威性 )

権威性とは、サイトやコンテンツがその分野や業界の中でどれくらい認められているかという観点の基準です。知名度やブランドをイメージすると理解しやすいかもしれません。

Googleはコンテンツの中身だけではなく、誰が発信しているかという部分を評価します。Googleは様々な分野の専門家ではなく、その情報が正しいかどうかをコンテンツの内容だけでは判断できないので、1つの指標として発信源を重視するというわけです。

例えば、感染症の治療や予防であれば、素人の情報より医師や専門家の情報の方が、信憑性があると判断されます。

資格や経歴などは権威性につながりやすいということです。

権威性は1つのコンテンツだけでは判断されにくく、長期的なサイトの運用や企業の実績などによって積み上げられていくと言えます。

権威性の高いサイトにするために、長期的なサイトの運営、定期的なページの更新を行うことが大切です。

また、第三者から評価されているコンテンツも価値の高いコンテンツとして権威性を高めやすいと言われています。

Trustworthiness( 信頼性 )

信頼性とは、サイトやコンテンツが信用できるものかという観点の基準です。

商品やサービスを実際に使用した人のレビューや感染症の体験談などの情報は信頼性を高めやすいと言われています。

他にも、発信者の立場や企業の規模など発信源についても信頼性に関わってきます。

例えば、政府や企業の公式サイトなどが発信している情報と、匿名のブロガーが発信している情報では、前者を信頼する人が多いと思います。検索エンジンも同じだということです。

サイトの運営者や運営企業の情報、インタビューをした人の情報、データの引用元など明らかにできる要素はできるだけ記述し、ユーザーの不安を取り除くことが重要です。

また、他サイトをコピーしたようなコンテンツは信頼性を得られないので注意しましょう

サイトの評価を上げるために押さえておきたいポイント

電球

次に、サイトの評価を上げるための具体的な方法について見ていきます。

サイトの評価を高めると言われる対策はたくさん存在しますが、ここでは代表的で効果が表れやすいものや業者に依頼しなくても自分で対策ができるものを中心にご紹介していこうと思います。

一つ一つ確実に対策し、効果を積み上げていきましょう。

タイトルの設定

ページタイトルが適切に設定されているかという点は、ユーザーにコンテンツの内容を分かりやすく伝えるだけでなく、Googleの評価を上げるという意味でも非常に大切です。

タイトルは他サイトと並んだ時に見劣りせず、ユーザーが思わずクリックしたいと思うようなものを考えます。

タイトルには必ずキーワードを入れ、30文字程度で簡潔に記述しましょう。ただし、キーワードの詰め込みすぎには注意が必要です。詰め込みすぎると違和感のある文になったり検索エンジンからスパムと判断されてしまったりします。

ここで知っておきたいのが、検索するデバイスによってページタイトルが省略される可能性があるということです。

特に、スマートフォンで検索する場合、後半の文字が省略されてしまうことが多いです。

省略されたとしても、冒頭の20文字程度は表示できるので、重要なポイントやキーワード、アピールしたい部分は前半に記述しておくことをお勧めします。

また、意味区切りの記号には、「 | 」「 - 」「 : 」などの半角記号を使用するようにしましょう。

見出しの設定

見出しもページタイトルと同様、コンテンツの内容を簡潔にまとめることが大切です。見出しによって記事全体の構成や内容が伝わるようにしましょう。

見出しは「 hタグ 」という1~6までの階層をもつタグに記述します。h1が最も大きな見出しを表し、h6が最も小さな見出しを表します。

「 hタグ 」は検索エンジンのクローラーがサイトの内容を把握する際に利用するため、適切に設置することでコンテンツの構成や内容が理解されやすくなると言われています。

h1ページは基本的に1ページに1つ程度にしておきましょう。過度な設置はユーザーを混乱させたり検索エンジンに評価されなかったりする恐れがあります。もともとh1タグにはページの大見出しの役割があるため、1ページ1つが一般的な形と言えます。

h1タグに大見出しの役割があるように、h2は小見出し、h3はさらに小さな小見出しという役割があります。そのため、h1→h3のようにタグをとばしたり、h4→h3のように順番を入れ替えたりすることは適切ではありません。

時々「 h2よりもh3の見出しの大きさがいいからh3を使おう 」と判断する方がいますが、順番を入れ替える行為は控えましょう。このようなデザインの問題は他のタグで調整することができるので、hタグを決める際に考慮する必要はありません。

見出しはあくまでもコンテンツの内容や構成を把握しやすくするためのものであることを忘れず、適切に設置しましょう。

コンテンツの書き方

コンテンツの中身がどんなに素晴らしいものでも、正しい記述方法で書かれていなければ、適切に評価されなくなってしまう恐れがあります。評価されやすいポイントを確実に押さえて制作しましょう。

画像やイラスト、表やグラフといった要素はコンテンツの内容を理解するうえで重要な役割を果たします。

無理に使用する必要はありませんが、このような要素は内容の理解を手助けするので、必要に応じて設置することをお勧めします。

重要な語句やポイントなどには強調の装飾を施すことも1つのポイントです。太文字や斜体などを上手く活用して重要な部分が見やすいコンテンツを目指しましょう。

ただし、このような装飾は乱用しないように注意してください。

当然のことですが、コンテンツの文章は人間が考えて制作したものにしてください。自動生成できるプログラム等も存在しますが、機械が自動的に作ったコンテンツは文に違和感があったり内容が適切に伝わらなかったりします。

Googleの検索エンジンは自動生成されたコンテンツを見つけるとペナルティを与えるため、非常にリスクの高い行為です。

専門的な内容は正確に記述されていることが非常に大切です。先ほど述べたE-A-Tの専門性に関わってくる部分です。

人々の将来的な健康や生活、金融など人生を左右する情報は「 Your Money or Your Life 」の頭文字をとって「 YMYL 」と呼ばれます。

具体的には金融情報や医療に関する情報、法律の情報、行政など公式の情報、物やサービスの購入や決済に関わる情報などが該当します。

Googleはこれらの情報の正確さを特に重視しており、誤った情報を記述するとペナルティを受ける恐れがあります。

これらの内容を扱うときには、公的機関の情報を確認したり、その分野の専門家に監修を依頼したりするなどして間違いがないように注意しましょう。

関連記事:コンテンツSEOとは?基礎知識から作業手順まで徹底解説

ページ表示速度

Googleは公式的にページ表示速度がサイト評価に影響すると発言しているので、確実に対応しておきましょう。

ページ表示速度を遅くしている原因は画像や参照ファイルなどにあることが多いです。速度が遅い場合は、画像やファイルの圧縮を行い、軽量化を図りましょう。

サイズが大きすぎるものは適切なサイズに圧縮し、不要な画像等があれば削除してみてください。データのバイト数を節約することで、表示速度が速くなります。

Googleが無料で提供しているPage Speed insights
( https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=JA )というツールがあります。

URLを入力して分析ボタンを押すだけで修正点を教えてくれる使いやすいツールなので、自サイトのページ表示速度を把握したいときにぜひ使ってみてください。

表示速度が速いページは、Wi-Fiが弱い場所にいるときや通信制限がかかっているときにも比較的表示されやすくなります。ユーザーが自サイトを訪れやすくするためにもページ表示速度を意識しましょう。

被リンクのチェック

被リンクは多ければ多いほどいいというイメージを持たれがちですが、じつはそうではありません。

質の高いサイトや評価の高いサイトから被リンクがつくと自サイトの評価も上がるように、質の低いサイトや悪質なサイトからの被リンクは自サイトにマイナスの影響を与えます。

また、自サイトのコンテンツと関連性のないサイトからの被リンクも評価を下げる危険があるので注意しましょう。

そのような被リンクを放置しておくとGoogleからペナルティを受ける恐れがあるので、定期的に被リンクの調査を行うことをお勧めします。

被リンクの削除を行う方法は2つあります。1つはリンクの削除を依頼するという方法です。サイトの管理者や管理会社にメールなどで直接問い合わせ、リンクを削除してもらうよう依頼します。

削除を依頼しても返信がなかったり削除を断られたりする例は少なくありません。管理者が特定できない場合もあります。そういったときにはリンクの否認を行います。これが2つ目の方法です。

これは、Googleが提供している無料ツールであるGoogleサーチコンソールを使い、Googleに依頼してリンクを否認することで、否認したリンクを自サイトの評価対象に含ませないようにする方法です。

削除依頼は効果がないことも多いため、被リンクの削除はほとんどの場合リンクの否認によって行います。危険なサイトを見極め、自サイトに影響が出る前に削除しましょう。

関連記事:【SEO対策】良質な被リンクの集め方から悪質な被リンクへの対策まで解説

ペナルティの調査

まず、Googleが課すペナルティには手動ペナルティと自動ペナルティの2種類があることを覚えておきましょう。種類によってペナルティの対処の仕方が異なります。

手動ペナルティとは、Googleの担当者がサイトをチェックし、手動で課しているペナルティです。不自然な被リンクや不正確な情報などが原因で課せられることが多く、ペナルティを受けるとGoogleサーチコンソールというSEOツールに通知が届くのが特徴です。

サーチコンソールはGoogleが提供しているツールで、無料で使用できます。

自動ペナルティとは、検索エンジンのアルゴリズムが自動で課しているペナルティです。

キーワードの詰め込みすぎや他のサイトをコピーしたコンテンツなどに課せられることが多く、通知がされないためペナルティを受けているかの判断が難しいのが特徴です。

手動ペナルティの場合、問題点を修正した上でサーチコンソールを使用しGoogleに再審査リクエストを送信する必要があります。改善されたことが確認されたら数日から数週間でペナルティが解除されます。

解除される場合でも修正が足りない場合でも、その旨を知らせる通知が再度届きます。

厄介なのが自動ペナルティの場合です。自動ペナルティはGoogleから通知が届くことがないため、問題点に気づくことが困難です。検索順位が急落したり検索結果が表示されなかったりした場合は自動ペナルティの可能性を疑いましょう。

Googleのガイドラインと照らし合わせながら問題がありそうな部分を一つ一つ修正し、検索順位が戻るのを待つしかありません。

このようにペナルティの種類によって対応の仕方を区別できるようにしておきましょう。

関連記事:GoogleからのSEOペナルティとは? 原因・対処法を解説

SEO評価ツール

https://pixta.jp/illustration/44463833

ここでは、SEOの評価をチェックするための便利ツールについて見ていきます。

無料のツールから有料のツールまで様々なものがあるので、自サイトにあったものを選んでみてください。

BULL

スクショ

画像引用元:「 BULL 」公式

BULLはSEOの専門会社であるディーボが提供している有料の検索順位チェックツールです。

大きな特徴は、キーワードの検索順位を自動で取得してグラフでチェックできる点にあります。検索順位の推移と順位変動の推移が同時に確認できるため、なぜ順位が変動したのか分析することができます。

また、メモ機能が充実しており、順位の変動とメモの内容を照らし合わせながらSEO対策を進められる点も強みの一つです。

Webベースのサービスのため、専用ソフトのインストールが不要でどのパソコンやスマートフォンからでも確認ができます。

月額1,150円から利用可能です。2週間の無料体験期間があるので、興味のある方は一度使ってみるといいと思います。

参照:https://bullseo.jp/

Rank Tracker

スクショ

画像引用元:「 Rank Tracker 」公式

ランクトラッカーは200万人以上の人が利用している世界的な順位検索ツールの一つです。

キーワードごとに自サイトの検索順位が表示できるのはもちろん、競合サイトのキーワードの検索順位もチェックすることができます。マークしている他サイトとキーワードの検索順位を比較しながら自サイトの改善に取り組むことが可能です。

また、スケジュール機能がついており、検索順位のチェックをスケジュール予約することができます。毎日決まった時間に設定しておけば、確実に順位の確認を行えるので安心です。

キーワードをグループ分けできる機能があるため、複数のカテゴリーで記事を書いている方や雑記ブログ形式で書いている方、SEO業者の方などにお勧めです。

無料でも利用可能ですが、ランキング履歴やキーワードが保存できないなど機能に制限があります。有料版は月額約2,300円から利用できます。

世界的に使われるツールのため、様々な言語や検索エンジンに対応しており、グローバルにSEOを行う方にもおすすめのツールです。

参照:https://www.seopowersuite.jp/rank-tracker/

Ahrefs

スクショ

画像引用元:「 ahrefs 」公式

エイチレフスは世界で60万人以上の人が利用しているSEO分析ツールです。

自サイトだけでなく、競合サイトの被リンクや上位表示コンテンツ、想定流入キーワード、ソーシャルメディアの反応などを把握することができるのが強みです。

競合サイトの特徴を分析した上で自サイトの改善に取り組めるのはもちろん、話題性の高いコンテンツを表示し、いち早くトレンドの記事を作成することができます。

ドメイン単位やURL単位でSEOの分析ができるため、現在の検索エンジンが好むサイト傾向などを調査することが可能です。

世界最大級の被リンクデータ量を誇り、データベースは常に増え続けています。データの更新が早く、15分ごとに新しいインデックスを更新しています。

このツールは月額99$から利用できます。トライアル期間は安く利用できるので、総合的な分析を行いたいという方は一度使ってみるといいと思います。

参照:https://ahrefs.jp/

SEOチェキ

seo

画像引用元:「 seo チェキ 」公式

SEOチェキは、SEO初心者の方でも利用しやすい無料のSEO診断ツールです。

診断したいページのURLを入れるだけで、誰でも簡単に利用することができます。ダウンロードの必要もなく、Webサイト上で利用することが可能です。

利用回数に制限がありますが、主にキーワードごとの検索順位や外部リンク・内部リンクの数などを知ることができます。

先ほどご紹介したタイトルや「 hタグ 」などの基本的な要素の確認もできるので、タグの付け方が不安な方は確認用に利用して見るといいかもしれません。

他にもキーワード出現頻度のチェックやFacebookのいいね数・ソーシャルブックマークの登録数などサイテーションの把握にも使用できます。

SEOを始めたばかりという方や何から調査していいか分からないという方は、難易度の高い有料ツールを利用する前に、まずはSEOチェキで対応できる基本的な分析を行ってみるといいと思います。

参照:https://seocheki.net/

Googleサーチコンソール

サーチコンソール

画像引用元:「 Googleサーチコンソール 」公式

サーチコンソールはGoogleが提供している無料の検索順位チェックツールです。

自サイトの検索順位やクリック数、どのようなキーワードからユーザーが訪問してきたのかなど基本的な情報を取得できます。他にも、ページのインデックス状況のチェックなどが可能です。

また、被リンクを獲得したページやページ別の被リンク数、被リンク先のドメインなど被リンクに関する様々な情報を把握することができるのも特徴の一つです。

3日前以前の検索結果しか確認できない、Google以外の検索エンジンに対応していないなどの欠点もありますが、基本的な情報に関しては無料で獲得できるのでお勧めです。

また、先ほど述べたように、サーチコンソールは被リンクの否認やペナルティの解除などGoogleへの依頼に使われるツールでもあります。

SEOには欠かせない基本的なツールなので、ぜひ一度使ってみてください。今は使用する必要がないという方も、使い方を見ておくとSEOの勉強につながると思います。

参照:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

まとめ

SEO

Googleの評価基準や評価を上げるためのポイント、評価ツールについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

評価基準を押さえておくことで、SEOについて理解を深めた上で中身のある対策をすることができます。

SEO対策は自分で取り組める比較的簡単なものから、業者に依頼する難易度の高いものまで様々ですが、まずは上で述べたような一般的な対策で、SEOの土台を固めておきましょう。

ツールを活用して自サイトの評価を定期的に確認しつつ、効果的な対策を徐々に増やしてみてくださいね。


Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS