SEO

「2020年10月版」楽天SEOについて初心者でも分かるように徹底解説! 最新アルゴリズム情報もあり

本記事では、楽天市場SEOの2020年度最新トレンドを踏まえ、楽天市場で行う正しいSEO対策について初心者の方でもわかりやすいように説明します。

また、自社で対策するだけでは不安な方向けに、「 ECコンサルティング 」のサービスを行なっているおすすめの会社も紹介していますので、どのようなサービスが受けられるのかなど、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも「 楽天SEO 」とは?

SEO

楽天SEOとは、楽天市場で商品検索をしたときに検索結果ページの上位に自社の商品を表示させるための施策のことを指します。

SEO対策の実施が重要視されている理由は、楽天内で売上を増加させていくためには、「 商品検索 」からのアクセス・新規顧客の獲得がとても重要なためです。

それもそのはず、楽天で商品を探すユーザーの約7割は「 商品検索 」を経由して商品ページに流入しているというデータがあるからです。

それぞれの商品の購買につながるキーワードを設定し、検索結果の上位に表示することでアクセス数や売上UPへとダイレクトに繋がるため、 楽天市場内で商品を販売する方にとってこの対策は必須と言って良いでしょう。

もっと詳しく!楽天市場でSEOが必要な理由は?

SEO PC スマホ

楽天市場の検索窓「 楽天サーチ 」が最大のキー

先ほども少し触れましたが、売り上げをアップするためには、楽天サーチの検索結果での商品露出を増やすことが第一となります。その部分の理屈に難しいことは何もなく、「 露出度UP → 注文数UP 」に直結すると考えると良いでしょう。

GoogleやYahoo!の検索などと同様、ユーザーは自分が探している情報をキーワードで検索して探します。そのため、特に「 キーワード設定 」が検索結果の順位を大きく左右します。

詳しい方法などについては後ほど説明しますので、そちらをチェックしてください!

購入されるのは検索結果の1ページ目内がほとんど

検索結果1ページ目には、広告枠として表示される商品が約3件、その下に自然検索枠の商品が、楽天内のSEOに強い順番に表示されます。そして、購入比率は下記のような感じです。

・広告枠の商品 → 約10%
・上位20商品 → 約60%
・上位20以下 → 約30%

この数値から見ても明らかですが、検索結果の1ページ目に自社の商品を露出できるか、そして、いくつの検索パターンで表示させることが重要です。

【検索結果の広告枠と自然検索枠の違いは?】

検索結果で表示させる商品の部類には「 広告枠 」と「 自然検索枠 」が存在します。どちらかで表示できれば良いというものではなく、広告を打ちながらSEO対策をすることで、相乗効果が生まれると言われています。

また、他社より上位に表示させるのがなかなか難しく、「 どうしてもキーワードで表示させたい! 」という場合は、広告を使うと効果的です。

まずは「 楽天SEOの歴史 」について知ろう!

古本が並んでいる

具体的な対策の話に進む前に、「 楽天SEOの歴史 」について簡単に説明させていただきます。

(記事を読み進めるにあたり、これまでの歴史を知ることで楽天市場内でのSEOについて理解度が高まりますよ!)

・2005年頃「 レビュー重視時代 」

2000年頃はランダムに商品が表示されていたのに対し、その後2005年頃にはレビュー数順に並ぶようになりました。評価内容は関係なく、レビューの数さえ多ければ良かったので、比較的新しい商品よりも長く販売されている商品が上位に表示されていたイメージです。

・2008年頃「 アルゴリズム導入時代 」

レビューの数だけで決まるという古さを感じる仕組みから、レビュー評価も判定材料として加えられる時代が訪れました。「 レビューの評価が高い = 良い商品 」と認識できるようになったため、ユーザーはより良い商品を検索結果から見つけて購入できるようになったと言えます。

この時期から2、3ヶ月ごとなどに変更はあったものの、レビューだけでなく商品名やキャッチコピー、検索キーワードを多数入れ込むことで、上位表示がされやすくなるなどアルゴリズムに大きな変化がもたらされました。

【なんで楽天SEOの構造は定期的に変化するの?】

レビューだけでなくキーワードも関与するようになったことで、商品ページにかなりの数のキーワードを記載したり、あまり関係のないキーワードを入れるショップやコンサル会社も現れました。

こうしたことが許されてしまうと、ユーザーが本当に欲しい商品を見つけることが難しくなりますし、楽天市場の信用問題にも関わってきます。

そうした理由もあり、楽天市場では検索アルゴリズムを更新し続け、厳しく取り締まるようにされているということも知っておきましょう。

<2020年7月現在>アルゴリズムに影響を与える要素は?

綺麗な映像

基本的に商品は売上げ順位並んでいると言えますが、現在2020年7月の段階で判明しているとされている4つの要素は、売上げを含む4つです。

・売上げ
・アクセス数
・商品名
・検索 / 購買キーワード

それに加え、急激に売上が伸びている商品や、高い売上をキープし続けている商品などは評価されやすいようです。

また、アクセス数も順位を決定する要素に含まれているため、これまであまり売れていなかったものでもアクセス数をぐんと伸ばすことができると、上位表示される場合もあります。

楽天SEOはユーザーの利便性に沿って進化を遂げている?

これまでの話の流れからも分かるように、楽天SEOはよりユーザーがサイトを使いやすくなるよう進化していっていると言えます。

そしてそれを裏付けるかのように、2019年9月には「 楽天検索のガイドライン 」が初めて策定され、楽天市場が検索結果の順位決定要因を公表したのです!

その要素とは3つあります。

順位決定となる要因 説明
①キーワードとの関連性 商品が検索キーワードと一致しているかどうか
②ユーザー行動に基づいた評価 要するに売上順。離脱率などについても考慮される可能性あり
③ユーザーの利便性 ガイドラインに沿って出品されているかどうか

アルゴリズムが導入されたばかりの時代は、ショップ側が上位表示をさせるために裏をかいたようなSEO対策をすることも可能でしたが、アルゴリズムの仕組みが格段に複雑化してきた現在では、ユーザー目線の本質的なSEO対策が求められると考えて間違い無いでしょう。

楽天市場で検索対象となる項目一覧

楽天内でユーザーがキーワード検索をした場合に検索対象となる項目、すなわち検索にひっかかる項目は下記の通りです。この中でも特に重要な項目はというと、「 商品名 」と「 キャッチコピー 」の2つになります。これらを優先して対策するようにしましょう!

①商品番号
②商品名
③キャッチコピー
④商品説明文
⑤販売用説明文

商品名の記載ポイント

一番重要度が高いとされている商品名は、文字数の上限が「 127文字 」までと決まっています。

また、デバイスがスマートフォンの場合は、約30文字程度しか表示されませんのでそこも考慮しましょう。

・メーカーやブランド名
・商品の名称
・サイズ
・商品の特徴(色や柄など)
・型番(メーカー品番)

基本的に楽天市場の商品名のルールとしては、必須情報のみを掲載するようになっているため、上記のような情報をピックアップすることをおすすめします。

キャッチコピーの記載ポイント

キャッチコピーも商品名に続いて影響の大きい項目です。知っておいていただきたいのは、キャッチコピーには「 PC用 」、「 モバイル用 」と2種類の項目があることです。

とは言え、特に分けて考える必要はないのでどちらも同じように重要なキーワードから先にいれるようにしましょう。内容としては、「 商品名には入りきらないけど関連性の強いキーワード 」がおすすめです。

<例>
・需要のある時期に入れる季節キーワード(母の日、父の日、敬老の日など)
・季節のイベントキーワード(バレンタイン、ハロウィン、クリスマスなど)
・表記揺れ対策キーワード(ダイヤモンド、ダイアモンドなど)

検索キーワードは競合の少ない「 ミドル・スモールワード 」を狙え!

今回は、楽天市場でデニムパンツを検索する場合を例に解説します。

まずは簡単に言葉の説明から入りますが、「 ビッグワード 」とは多くのユーザーが検索するキーワードのことを指します。デニムパンツを検索したい時であれば、そのまま「 デニムパンツ 」とだけ検索するような感じです。

販売側としてはこのビッグワードだけで戦おうとすると、競合店が非常に多いこともあり、売り上げ順で表示されるとなるとなかなか上位に露出させるのは難しいと言えます。

そこでSEO対策として有効となるのが「 ミドル・スモールワード 」です。例えば、「複数の単語を組み合わせた「 デニムパンツ スラックス 」などのような検索ワードのことを言います。

ミドル・スモールワードで検索するユーザーは、はっきりとしたニーズを持っているということになりますので、購入率はビッグワード検索時よりも高い傾向にあります。にも関わらず、対策できていないショップが多いのがポイントです。

競合が少ない上に、アクセスしてもらえれば購入率も高くなる「 ミドル・スモールワード 」をぜひキーワードとして採用するようにしましょう!

【適切なミドル・スモールワードを探す方法】

楽天市場の検索画面で、キーワードを入力した後に「 スペース 」を打ち込んでみてください。すると、上記画像のようにユーザーがよく一緒に検索するキーワードが表示されます。その中に自社商品の特徴に該当するキーワードがあれば、SEO対策として加えて完成です!

その他の楽天SEO対策

PCでコーヒーの記事を見る人

楽天の配布型クーポンや広告を活用する

費用はかかってしまいますが、必要に応じて配布型クーポンや楽天CPC・RPP広告を活用することで、商品の売り上げに勢いをつけることもできます。

対策漏れ商品ページを見つけて表示面積を増やす

出品している商品の中に類似商品が多数ある場合、時間はかかりますが全ての商品ページをSEO対策する勢いで対策済みの商品ページを増やしていきましょう。検索順位45位以内( 1ページ目に表示される )の商品数と、検索パターンを増すことで必ず成果は出ます。

イベントに関連する「 季節キーワード 」を入れる

「 母の日 」「 バレンタインデー 」などといったお祝い事やイベントの時期には急激に楽天市場の需要が高まります。

先ほども少し触れましたが、こうした季節ワードを組み合わせて検索するユーザーは、ニーズが顕著なため購入率も高いです。

このため、需要期が訪れる2か月前までには「 季節キーワード 」を商品ページのキャッチコピーなどに盛り込み、検索結果の順位を上げておきましょう。

そうすることで、最も需要が高くなるタイミングで売り上げを大きく伸ばすことができるかもしれません!

「 全商品ディレクトリID 」と「 タグID 」を登録する

上位表示はおろか、登録商品名で検索した場合にも自社商品が検索結果に表示されない場合があります。その理由は、全商品ディレクトリIDまたはタグIDを誤って設定した可能性があるので、正しく設定し直しましょう。

【全商品ディレクトリIDとは?】
一言でいうと、「 ジャンル 」のことを指します。楽天が設定したジャンルの中から、1商品につき1つだけ、必ず選んで登録することができます。

例えば、ユーザーが商品を探す際、膨大な商品数からある程度的を絞って検索したい時もありますよね。そのため全商品ディレクトリIDは「 洋服>レディース>ワンピース 」などと選択して検索する時に活用されます。

また、「 自分の店舗の中でどのカテゴリに入るのか 」を指定する「 表示先カテゴリ 」とは異なるので注意しましょう。これは出品数が多い店舗などが必要に応じて独自的に作成するカテゴリです。

【タグIDとは?】

先ほどのジャンル設定に加えて、「 カバーできていないより細かい情報 」を選択するものです。タグIDは、1つの商品に32個まで設定することができます。

例えば、ワンピースであれば、ブランド・サイズ・カラー・長さなどがタグIDに当たります。こうしたカテゴリで絞り込まれた際にも必ず表示されるよう、しっかりと設定しましょう。

レビューの件数を増やす

先ほど「 楽天アルゴリズムの歴史 」を紹介した部分で、レビューは以前ほど重要ではなくなったと解説しましたが、決してSEOとの関係がなくなったわけではありません。レビュー件数が多い、またレビュー評価が高い商品は、比較的検索結果ページの上位に表示されやすくなります。

レビューにまつわる具体的なアルゴリズムは解明されていないそうですが、レビュー件数で検索結果に影響する場合としない場合があると言われています。

・影響するパターン → レビュー件数が100件以下の場合。増えるとその分SEOに強くなる
・影響しないパターン → 既に100件以上のレビューがある場合はそれ以上増やしても効果がない

そのため、レビューの件数が100件以下の商品に限り、「 レビュー投稿してくれたお客様には次回特典をプレゼント! 」などといったような施策の導入も効果はあります。

しかし、その場合特典などをつけることで販売側に余分にコストがかかることになりますので、実施する商品を見極めることも大切です。

動画を掲載する

この項目は最近噂になっている要素になるのですが、「 動画 」があるかどうかで、同じ商品でも順位に差が出ると言われています。動画がある商品ページの方が上位に表示されているということです。

もちろんSEOには様々な要素が関係しますので断定はできませんが、近頃ではYouTubeの流行もそうですが「 動画での解説 」「 動画でのPR 」に人々が関心を持つような時代に移り変わっているため、そうした意味でも動画での商品説明を導入してみてはいかがでしょうか。

失敗しない楽天SEO業者の選び方は?

SEO文字

ここまで本記事を読んで、自力で対策するだけでは不安という方も中にはいらっしゃると思います。そこで、楽天SEO対策に力を貸してくれるのが「 ECコンサルティング 」のサービスを行なっている業社です。

おすすめのコンサル会社を紹介する前に、失敗を防ぐためのポイントをいくつか簡単に紹介します。

具体的な提供サービスとその範囲を確認しよう

キーワード選定、SEO方法、実施内容の提案などだけに留まらず効果測定までのトータルしたサービスを提供している業者もあれば、キーワードを入れるだけという業者もあります。

もちろんその分料金などにも違いはあると思いますが、自分たちに必要なサポートは何かを明確にした上で会社選びをスタートすると良いでしょう。

契約すると、どこまでのサービスを受けられるのか、そして結果としてレポートなどをしっかり提出してもらえるのか、実際の作業などは誰が対応するのかなど、細かいところまで事前に確認されることをオススメします。

HPに掲載されている業績だけに惑わされないようにしよう

中には楽天SEO対策に特化した業者もあり、ついそうした表記のある業者に目が向きがちですが、特化していない業者が楽天SEOに強くない訳ではありません。

また、実績に関しても、良い印象を抱かせるために上手く紹介されている場合も少なくありません。業者選びの際は実際に話を聞いてみて、自社の取り組みに合いそうな業者を選ぶことが大切です。

費用の内訳を確認しよう

特に楽天SEOなどでは、Webサイトを見ただけでは料金の仕組みが不明確な場合があります。契約後に、思ってもいなかった費用が追加で発生したりすることがないよう、料金面についてもしっかりと情報を得ましょう。

楽天SEO対策として実施する内容を確認しよう

契約の前には実施の内容を必ず聞いて、ただ任せているだけという状況を防ぐようにしましょう。企業秘密として公開していない業者も多いですが、

具体的にどの商品にどういうキーワードを実施するのかなどに関しては、実施方針として教えてもらうよう話を進めましょう。

楽天アルゴリズムに変更があった場合の対応について確認しよう

本記事でアルゴリズムについては一通り解説したので説明は省きますが、そのアルゴリズムに大きな変更があった場合、現在の検索順位が大きく変わる恐れがあります。

そうした場合に、どのように対応してもらえるのかを、追加費用があるのかどうかも含めて事前に必ず確認しましょう。

楽天SEOにおすすめのコンサルティング会社一覧

 

楽天SEOにおすすめなコンサルティング会社を4つ紹介します。

「 ECコンサルティング 」

 

画像引用元:「 ECコンサルティング  」公式HP

「 ECコンサルティング 」 は楽天SEOに特化したコンサルティング会社で、楽天市場に出店しているEC事業者向けにコンサルティングサービスを提供しています。

売上効率を高めるための広告選定なども含め、7つのサービスを中心にサービスを展開しています。初回は無料で相談することができ、肝心のコンサルティング料金も流通金額の1%〜とお手頃な料金設定なのが嬉しいですね。

【特徴】
・楽天SEOに特化したコンサルティング会社
・広告選定やSEO対策をはじめとする7つのサービスを展開
・流通金額の1%〜という手頃な料金設定

→ 「 ECコンサルティング 」の詳細をチェック

「 Hameeコンサルティング 」( 旧:JSコンサルディング )

 

画像引用元:「 Hammeコンサルティング」公式HP

「 Hameeコンサルティング 」は楽天市場やYahooショッピングなどに出店しているEC企業だけでなく、自社でECサイトを運営している企業までも対応するなど幅広い実績があります。

同社には経験豊富なスペシャリストがそろっているにも関わらず、1か月無料お試しでコンサルティングを始められるのもポイントです。

【特徴】

・楽天などのECモールだけでなく自社サイトも対応可能
・各分野のスペシャリストが在籍&サポート
・1ヶ月お試し無料で契約も1か月単位〜可能

→ 「 Hameeコンサルティング 」の詳細をチェック

「 ECサポートPRO 」

画像引用元:「  ECサポートPRO 」公式HP

「 ECサポートPRO 」は、ブランジスタという会社が提供するEC・ネットショップ運営代行サービスです。依頼する企業ごとに1人のディレクターが付くため、課題をベースにした提案に強いです。

また、楽天やYahooショッピングなどのECモールでのサポート実績も1000サイトを超えるなど、ノウハウにも期待できます。

【特徴】

・SEO対策、販促提案、キャッチコピー変更などに対応
・担当ディレクターについてもらえる
・ECモールコンサルティングにおいて1000サイト以上の実績有り

→ 「 ECサポートPRO 」の詳細をチェック

「 ネットショップ総研 」

画像引用元:「 ネットショップ総研 」公式HP

「 ネットショップ総研 」は、「 戦略策定と方法論の提案 」をサービスの基本としているコンサルティング会社です。分かりやすくいうと、提案してもらった対策内容に対して、依頼側でそれを実行するというスタイルです。

また、ECサイトの運営マネージャーを最低6年以上経験しているスタッフばかりが在籍しているため、レベルの高いSEO施策が期待できます。

【特徴】
・それぞれの依頼企業に合ったコンサルティングが可能
・実際にSEO対策に取り組むスタッフはいるため、施策の提案だけが欲しい企業におすすめ
・業界トップレベルのノウハウ

→ 「 ネットショップ総研 」の詳細はこちら

必須!楽天SEO実施・依頼前のチェックポイント

目的を明確にする

漠然と順位を目標に置くのではなく、それぞれの商品に対して「 どういうキーワードで集客したいのか 」「 検索順位を上げて何をしたいのか 」など、自社の有する具体的なイメージを落とし込みましょう。そうでなければ、楽天SEOの費用対効果は測れません。

自分でも正しい楽天SEOの基礎知識を身に付ける

自社で対策する場合はもちろんですが、楽天SEOを外注する場合も基本的な楽天SEOの知識や検索に関する仕組みは覚えておきましょう。

また、アルゴリズムなどの影響によって、SEO対策の結果はすぐに出ないこともありますので、そこは理解しておきましょう。

業者としっかりコミュニケーションをとる

楽天SEOを契約した後は担当者とコミュニケーションをとることが多いため、返事をきちんと返してくれたり、丁寧に対応してもらえる業者を選びましょう。

任せきりではなく、こちらからのアタックが結果に反映されることも少なくありません。分からないことはすぐに質問するようにしましょう。

まとめ

PCを見ながら笑う男性

楽天SEOの基礎知識、アルゴリズム・検索キーワードなどについて簡単にまとめてみましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

楽天SEO対策は、短期間ですぐに結果が出せるものではありません。手間はかかりますが、今回紹介した基本的な作業を徹底して実行し、早いスピードでPDCAを回していくことが重要になります。

とても簡単とは言えない作業ですが、楽天市場内で売り上げを出すには必ず通らなければならない道です。

特に初心者の方であれば、コンサルティング会社に依頼をしてプロの手を借りながら自分の楽天SEOに関するスキルや知識を伸ばすこともおすすめですので、ぜひ一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。

Her'sにお任せください!

Webコンサル

Web集客に特化した弊社には優秀なエンジニアやマーケターが多く在籍しているためHP/LP製作、広告、コンサルを1社で完結させることができます!

Wantedly運用代行

Her'sには「WEBx採用」に特化したWebマーケターが多く在籍し、Wantedlyの運用を行っています。会社ランキング6位になった実績を持つ弊社が責任を持って運用します!

MEO対策

MEO対策は、SEO対策より短期間で上位表示が可能で集客効果が高いです。費用もリーズナブルですのでぜひHer'sにお任せください!

お問い合わせはこちら

Her'sにお任せください!

Webコンサル

Web集客に特化した弊社には優秀なエンジニアやマーケターが多く在籍しているためHP/LP製作、広告、コンサルを1社で完結させることができます!

Wantedly運用代行

Her'sには「WEBx採用」に特化したWebマーケターが多く在籍し、Wantedlyの運用を行っています。会社ランキング6位になった実績を持つ弊社が責任を持って運用します!

MEO対策

MEO対策は、SEO対策より短期間で上位表示が可能で集客効果が高いです。費用もリーズナブルですのでぜひHer'sにお任せください!

お問い合わせはこちら


Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS