MEO

MEOは効果がある!?MEOで結果を出すためにすることとは?

MEOとは「 地域名+業種名 」のキーワード( ローカル検索 )で上位表示を狙う施策です。ーカル検索は距離の近い順番に店舗やサービスが表示されていると思われがちですが、実は距離以外にもネット内の認知度が大きく影響しています。

この記事では、MEOの基礎知識を始めに導入手順から効果的な対策方法、最後にMEOに特化した便利なツールなどについて紹介していきます。

これからMEOを導入しようと考えている方や、すでにMEOを導入しているけど効果を実感できないという方にオススメの内容です。
ぜひ参考にしてみてください。

MEOとは

MEOとは( Map Engine Optimization )マップエンジン最適化の略でGoogle検索ページの「 ローカル検索枠 」で上位表示されることを指します。「 ローカル検索枠 」とはユーザーが「 地域名+業種名 」のキーワードで検索する際、マップ表示と共に上位3件の店舗情報が表示される枠のことです。

ユーザーはローカル検索結果に表示されたお店の写真や口コミを見て、お問い合わせすることが多く、綺麗な商品写真や詳細な店舗情報、口コミの評価は集客にとって重要な要素になります。

Googleはユーザーファーストを徹底しているので、ネット内に情報の少ない店舗や低評価の口コミが多い店舗はユーザーに適切な情報ではないと見なされ、表示されずらくなります。

実際の顧客対応同様ユーザーにどういったサービスなのか明確な情報を日々、更新するなど親切な対応を心がけることでネット内の信頼度や認知度を高めます。

なぜSEOではなくMEO?

虫眼鏡を持っているビジネスマン

MEOは知らないけど、SEOは聞いたことあると言う方は多いのではないでしょうか。SEOとは( Search Engine Optimization )検索エンジン最適化のことを指し、主にポータルサイトや会社の公式ホームページ、ブログなどwebサイト全般の中で上位表示されるための対策です。

つまり「 ローカル検索枠 」とは別枠で「 自然検索枠 」の中で上位を目指す必要があります。ここではMEOの基本的な特徴を把握していただくため、SEOとの違いをご説明します。

SEOとは

 

seo

上記でも記しましたが、SEOとは検索エンジン最適化のことを指しており、「 自然検索枠 」で上位表示されるための施策です。上位表示されるためには「 検索キーワード 」「 質の高いコンテンツ 」「 リンク 」の3点を意識します。

まず「 検索キーワード 」では自社サイトがユーザーにどんなキーワードで検索されるのかを把握する必要があります。

例えば、雑貨をネットで販売しているサイトでは、具体的にジャンルや取り扱っているブランドなど特化した部分が検索キーワードになるでしょう。「 北欧雑貨 花瓶 」や「 アンティーク雑貨 椅子 」など特化したキーワードで検索された時に自分のサイトが上位表示されていれば、購入される可能性は高いです。

しかし、特化したキーワードでもなかなか上位表示はされません。なぜならユーザーにとって「 質の高いコンテンツ 」だとGoogleが判断している必要があるからです。質の高さとは具体的にサイトの更新頻度であったり、充実した情報量などが上げられます。

サイトをSNSなどで拡散されることも評価基準の一つです。サイトの「 リンク 」を多くのメディアで引用されていると認知度が増し、Googleから有益な情報だと評価されます。

しかし、認知度を上げるためにSNSでデマな情報を投稿して炎上させるなどモラルの低いコンテンツはGoogleから評価されません。

MEOとの違い

携帯を持つ手

MEOとSEOの大きな違いは検索ページに表示されている内容です。「 ローカル検索枠 」ではマップ上に検索順位3位内の店舗が紹介されており、商品写真や口コミが視認性の高い位置に表示されているので、検索したユーザーを直接的にお問い合わせに誘導できます。

一方「 自然検索枠 」を利用するユーザーは記事を読んだりネットショッピングをしたり、ホームページに訪れることを目的としているため、特定のキーワードで上位表示を獲得できれば独占的にアクセスを伸ばせます。

どちらも検索上位を目指す対策には違いありませんが、最終的な目的が大きく異なります。

MEOは店舗に来てもらうためにネット上で認知度を上げるという目的があり、SEOはネット内でサービスを提供するためにサイトの上位検索を目指すという目的です。

MEOが必要な理由

MEO

MEOが必要になってきている理由に共通して言えることは、ユーザーの行動が変化していることです。Googleのシェア率増加やスマートフォンの普及率増加などユーザーの変化と共にローカル検索枠も登場しました。

つまりユーザーファーストであるGoogleの変化や新しいサービスに着目することで、集客のヒントを多く得ることができます。

検索エンジンのシェア率

SNS

MEO対策とはGoogle検索エンジンの対策であって他社の検索エンジンには何の効果もありません。では、なぜMEO対策が注目されているのかというと、Google検索エンジンのシェア率が世界No.1だからです。

数値化されているデータを見ると、Googleが約70%以上のシェア率を誇っており、bingは約7%、その他ブラウザが1%を切っています。

参照元:https://gs.statcounter.com/

Yahoo!のシェア率は30%前後ですが、Googleの検索エンジンを搭載しているので、検索結果はYahoo!もGoogleも同じです。圧倒的なシェア率を誇っているGoogleの検索エンジンで上位表示ができれば、ネット上からの集客を多く見込めます。

スマートフォン利用者の増加

SNS

スマートフォンの普及により、いつでもどこでもネット検索が可能になりました。ローカル検索ではユーザーが地域名を検索しなくても、端末のGPS情報をGoogleが取得して最適なお店を紹介してくれるので、ユーザーはGoogleの情報をもとにお店を探すケースが増えています。

例えば、出張先でのランチや旅行先でのショッピングなどスマートフォンがあれば、自分の求めている店舗をすぐに見つけることができるでしょう。

つまりスマートフォンの普及が増え続けると共に、ローカル検索の利用率も上がるのでMEO対策を行っていれば、集客のチャンスはどんどん拡大していきます。

ポータルサイトの掲載料が高騰化し続けている

お金の上に座る男性のイラスト

店舗紹介サイトなど多くのポータルサイトがありますが、掲載料は基本的にオークション形式になっており、掲載料を多く払えば払うほど上位に表示されます。

現在では大手飲食チェーン店など資本力のあるサイトが上位を独占しているため、個人店が大手と張り合うのは現実的ではなく、仮に少しの期間ポータルサイト内で上位に表示されても集客の保証があるとは言い難いです。

つまり、高額な掲載料を払い続け、長期に渡って上位を維持することで認知度は増していきます。しかし、最近では広告を避けるユーザーが多く、自然に表示されたサイトや情報に信頼性が高まっており、ポータルサイトの影響力が下がってきています。

MEOに効果的な業種

パソコンを持つ女性の後ろ姿

MEOは基本的に店舗を持っている業種や地域密着型のサービスを提供している業種に有効な施策です。ここでは「 検索キーワード 」「 口コミ 」「 写真投稿 」といったMEO対策の代表的な要素を踏まえて効果的な業種をご紹介します。

下記の業種に当てはまらないとしても、MEOの活用パターンを知って自社店舗に生かすことはできるでしょう。

飲食店

テーブルの上に並んだグラス

飲食店は多くの店舗がMEOに取り組んでおり、ライバルが多い業種です。しかし、店舗の特徴によっては豊富なキーワードで上位を狙えます。

例えばラーメンであれば、「 激辛 」「 大盛り 」「 濃厚 」などジャンルを絞った発信を心がけていれば、ラーメン激戦区であっても上位表示は見込めます。

例えば「 激辛 」のキーワードで中華料理店を探しているユーザーがいたとして、激辛ラーメンが上位表示に上がっていれば顧客になる可能性は十分にあるでしょう。

飲食のキーワードを検索しているユーザーは直接的な集客につながりやすいので、メニューや店舗の特徴を生かしたキーワードを豊富に対策しましょう。

スマートフォン修理業者

スマートフォン修理業は比較検討される要素が少ない業種ですが、大きな比較要素として口コミが上げられます。Googleマイビジネスではユーザーが口コミを投稿できるので、高評価の口コミを獲得することで、他店との差別化が可能です。

実績が多ければ、写真を投稿したり、店舗情報を更新してユーザーにアピールしましょう。低評価の口コミがつくこともありますが、返信機能がついているのでどんな口コミに対しても丁寧な対応を心がけることでユーザーの信頼性につながります。

美容院

美容院

美容院も飲食店同様ライバルが多い業種ですが、店舗の雰囲気やスタッフの実績などアピール要素が多くあります。Googleマイビジネスでオシャレな店内やセットした髪型の写真を投稿することで、他店と差別化を測れます。

ヘアスタイルに悩んでいるユーザーに需要のある投稿ができるので、Googleからの評価も高くなります。ヘアスタイル以外にもアンチエイジングの知識を投稿するなど、美容師から専門的な知識を得たいユーザーは多くいるはずです。

MEOは効果が出ない事も

会議

MEOは基本的に費用をかけずにできる対策なので、やっておいて損することはありませんが、地域によってはネットの普及率が少ないことがあります。

ネットの普及があまり進んでいない地域ではチラシを配ったり、直接営業に行った方がスピーディに集客率を上げることができるでしょう。

つまり、地域によってはあまりMEO対策に時間をかけなくても店舗情報をすぐに上位表示させることができるので、料金を支払って業者に依頼することはあまりオススメできません。

MEOは営業エリアを超えて集客ができる可能性もあるので、Googleマイビジネスの登録は済ませておきましょう。

MEOのメリット

MEOのメリットを大きくまとめると「ネット内の認知度向上」です。ローカル検索の視認性は比較的優遇されており、個人営業でも実力次第で十分上位表示が目指せるシステムです。

個人の発信が大きな認知度につながるのはMEOの最大のメリットと言えます。ここではローカル検索枠の視認性、ポータルサイトが参入できない点、口コミの影響についてのメリットをご紹介します。

ローカル検索枠の視認性が高い

AI

上記で「 ローカル検索枠 」のことをご紹介しましたが、Googleの検索ページでは「 リスティング広告枠 」「 ローカル検索枠 」「 自然検索枠 」の順番で表示されています。

リスティング広告とはクリックごとに料金が発生しますが、常に検索上位に表示されているサイトのことです。

ローカル検索は2番目の枠に位置し、Googleマップも表示されているので、店舗の場所がすぐにわかるようになっています。

表示内容も上位3位内に表示されていれば、メニューの写真や店舗情報が検索ページで直接見れるので、ユーザーをお問い合わせに誘導しやすいというメリットがあります。

ポータルサイトが参入できない

喜び

上記でポータルサイトの掲載料高騰化について記しましたが、ローカル検索枠にはポータルサイトは参入できず自然検索枠に表示されるので、MEOでは資本力がなくても上位表示が目指せます。

ただし、ローカル検索枠で上位になるためにはユーザーの認知度が必要なので、ポータルサイトの登録もMEO対策では有効と言えます。

口コミを見てもらえる

口コミは顧客のリアルな意見を見れるので、口コミを頼りに店舗を選ぶユーザーは多くいるでしょう。高評価の口コミが多ければ、信頼性に直結します。

会計時などで顧客に口コミを促すなど多くの口コミを獲得していけば、Googleからの評価も高くなります。

味の感想や店内の様子など顧客がどんどん発信していくことで、地域一丸となって店舗を盛り上げることも可能です。

MEOのデメリット

デメリット

ネット内のコンテンツを店舗営業の合間に運営していくことは、大変な労力です。コンテンツの運営に励んでいても、場合によっては低評価の口コミをもらい集客率を低下させてしまう可能性もあります。

デメリットをしっかり把握してコンテンツ運営に生かしましょう。

低評価の口コミもある

低評価の口コミが比較的多く投稿されている場合、デメリットになってしまうことがあります。

口コミはユーザーがお店を選ぶ際に重要視しているポイントでもあるので、低評価の口コミは高評価の口コミよりも目につきやすいです。

それに、ユーザーの意見はGoogleの評価基準に大きな影響を与えるので、順位を上げずらくなる可能性も出てきます。店舗のサービス内容を改善したり、低評価の口コミに対しても感謝の気持ちを返信していきましょう。

低評価の口コミがサービス向上のアイデアに結びつくかもしれません。

すぐには結果が出ない

悩む

MEOは日々Googleマイビジネスに写真を投稿したり、SNSを運営したりとネット内で情報を発信し続けることで認知度が向上していくので、すぐに結果が出るものではありません。最初のうちは効果を全く実感できないこともあるでしょう。

フォロワーや閲覧数が数ヶ月経っても増えず、SNSの運営を途中で放棄してしまう業者も多くいます。しかし、諦めず日々情報を発信し続け、良質なコンテンツを作り上げていくことで、Googleは評価してくれます。

店舗営業の合間に情報発信をすることは大変な労力ですが継続していくことで、発信を諦めた店舗と比べ、認知度に大きな差が生まれれます。

MEOを始めよう

計算

上記ではMEOの効果やメリット、デメリットを紹介してきましたが、実際にMEOを始めるための手順をこれから紹介していきます。まずはGoogleマイビジネスの登録手順、次に認知度を上げていくための準備をご紹介します。

Googleマイビジネスの登録

Googleマイビジネス

MEOを始めるにはまずGoogleマイビジネスの登録が必須条件になります。Googleのアカウントをお持ちでない方は先にアカウント作成をして下さい。

参照:Google マイビジネス

アカウントを持っている方はGoogleマイビジネスのサイトに行き、必要事項を入力してリスティング率を100%にしましょう。リスティング率とは店舗情報の充実度を指しており、100%にすることでGoogleからの評価も高く、ユーザーが店舗を選ぶ際の情報にもなるので間違いがないか念入りにチェックしましょう。

登録が完了するとハガキが後日届き「 確認コード 」が記されているので、Googleマイビジネスにログインして、コードを入力して下さい。オーナーの確認が完了すると、Googleマップに店舗情報が掲載されるので、メニュー写真を投稿したりと情報の更新に努めましょう。

NAPの統一

ネット内の認知度を向上させていくにはGoogleマイビジネス以外にもSNSや自社サイトの運営など複数のコンテンツを活用して露出度を上げていく必要があります。コンテンツ運営において、気をつけなければいけないのがNAPです。

NAPとは、「 Name( 名前 ) 」「 Address( 住所 ) 」「 Phone( 電話番号 ) 」の略でGoogleが店舗情報の関連性や認知度を評価する際に重要な役割を持っています。

各コンテンツの店舗情報でNAPが統一されていれば、Googleが同一店舗だと判断して認知度を評価してくれます。

MEOで結果を出すには

MEOで結果を出すには情報発信を継続する必要がありまあすが、クオリティーの低い情報を発信し続けていてもあまり効果はできません。

ここではどういった点に気をつけてコンテンツを運営していくべきなのか、最新の店舗情報を保つというポイントからユーザーの口コミ対応、写真投稿の重要性においてまとめています。

Googleマイビジネスの情報を最新に保つ

Googleマイビジネスにはポリシー違反を避けるためのガイドラインがあり、日々更新されています。
参照:Googleマイビジネス ガイドライン

ガイドラインに沿った情報更新を心がけましょう。Googleマイビジネスの情報を入力する際は細かく規定がありますが、万が一ポリシー違反になってしまうとGoogleマップから店舗情報が消えてしまいます。

Googleはユーザーに良質なコンテンツを届けるために日々改善しているので、Googleの変化に沿ったMEO対策が効果的です。

口コミの返信は必ずしましょう

口コミはユーザーがお店を選ぶために必要な情報なので、Googleは口コミの質や更新率を評価基準の一つとしています。

例え低評価の口コミであっても必ず返信を心がけましょう。口コミに丁寧な対応をしている店舗はユーザーも信頼性を高めます。

口コミはユーザーとコミュニケーションを取れる場でもあり、サービスを改善していくにあたってとても重要な情報源です。

Googleマイビジネスの口コミ以外にもSNSや自社サイトの口コミも返信は徹底しましょう。

ネット内の認知度が間接的に広がっていく事でGoogleは評価してくれます。

写真の投稿は頻繁に行う

飲食店であれば料理の写真、雑貨屋であればアクセサリーの写真など、写真投稿はサービスのイメージをすぐに伝えられ、集客に対して最適な情報と言えます。

ユーザーに見てもらうという意識を忘れず、綺麗で詳細な写真を投稿しましょう。

商品以外に店内や従業員の写真など店舗の世界観を伝えることも効果的です。

クオリティの低さが仇になってしまうこともあるので、SNSのフォロワーが多い店舗など写真を参考にしてみましょう。

MEO便利な有料ツール3選

Googleマイビジネスにはインサイトといって、ユーザーが店舗情報を閲覧した数や自社サイトのアクセス数が確認できます。

日々データを観察していくことでサービスの改善点に役立てたり、認知度を把握できます。

しかし、店舗営業からネット内のコンテンツ運営をして、尚且つデータの収集をすることは大変な労力です。

そこでデータ収集を自動化してくれる便利な有料ツールを3選ご紹介します。

MEOチェキ

MEOチェキ

画像引用元:「 MEOチェキ 」公式HP

MEOチェキは市区町村どこでも、指定した地域内の検索順位の確認ができ、日時順位のチャートから前日のデータ比較もできます。

チャートを見るだけでなく、実際の検索画面で順位表示を見れるので、自社店舗が何時に上位表示されているのかすぐに確認できます。

Googleマイビジネスとの連携も優れており、最大で過去2年分のインサイトデータを保存できるので、MEOの効果を数値で確認できます。

価格は2キーワード月額500円〜です。

参照:https://meo.tryhatch.co.jp/meocheki/

Gyro-n

画像引用元:「 Gyro-n  」公式HP

Gyro-nは元々「 Gyro-n SEO 」という SEO対策向けにサービスの展開をしており、ネットコンテンツの運営に多く実績を持っている会社です。

機能は検索時間と検索場所を指定した正確な順位の取得ができ、Googleマイビジネスのインサイトデータと連携もできます。

観光地などインバウンド向けの事業に対応しており、他言語での検索順位を取得できことが大きな特徴です。

1店舗月額1,500円〜受けられ最低契約期間もないので安心してサービスを受けられます。

参照:https://www.gyro-n.com/meo/

BIGLOBEbiz.

ビッグローブビズ

画像引用元:「 h3BIGLOBEbiz 」公式HP

BIGLOBEbiz.ではMEOを始めようと考えている方へのサポートサービスも行っており、MEO導入のやり方から集客率の向上までをサポートしています。

MEOツールとしての機能は20社以上のポータルサイトやSNSに対応した一括管理サービスが特徴です。

MEOに効果的な、複数のコンテンツ運営は工数がかかります。

BIGLOBEbiz.では画面を一括管理できるので、配信漏れを防げ、サイトの移動もしなくていいので、作業を効率化できます。

費用は1店舗毎に月額5,200円〜初月無料です。

参照:https://biz.biglobe.ne.jp/map/index.html

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

MEOの必要性や効果的な業種、メリット、デメリットなど、MEOに関わる情報を漫勉なくお伝えしました。

今後はそれらを理解した上で、MEO対策が必要になります。まずは、Googleマイビジネスに登録して、口コミの対応や情報の最新化をすることを常に心がけましょう。

自力で行うだけでなく、ツールに頼ることもおすすめです。自動でデータを収集でき、その分析結果から、今後どのような対策をすべきか、明確にすることができます。

しかし、MEOは地域や条件によって対策の方法が大きく方法が変わるため、「これをすれば上位表示が確実にできる!」というような正解はありません。

上位表示の難しい激戦区もあれば、ライバルの少ない地域もあるため、自社店舗にあったMEO対策が必要になります。

実際にMEO対策をして試行錯誤しながら、目的に適した対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

meo

お問い合わせはこちら



Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS