MEO

MEOの外部対策とは|なぜ必要なのかと具体的な対策内容を解説

MEO対策を行う上で、” 外部対策 ”という言葉を聞いたことはないでしょうか。

外部対策は、MEO対策を行ううえで、外すことのできない非常に大切な対策といえます。

今回は外部対策について、詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

外部対策とはなにか

MEO対策を行っていくうえで大切なことは、内部対策と外部対策を行うことです。

まずはこの言葉の意味を解説していきます。

内部対策

Googleマイビジネスの中で行える対策のことです。

  • マイビジネスの情報を充実させる
  • 定期的に情報を更新する
  • 検索キーワードの設定
  • 口コミの返信を行う
  • 写真を充実させる
  • ストリートビューを設置する

など、自ら行うMEO対策のことを示します。

これらの対策はMEOを行う上で基本となるため、正確性を重視しながら少しでも多くの情報を提供していくようにしましょう。

その際、Googleのガイドラインを遵守することがなによりも大切です。しっかりと確認をしながら、MEO対策を行ってください。

外部対策

外部対策は反対に、Googleマイビジネスの外で行われる対策のことをいいます。自分のGoogleマイビジネスが、周囲にどれだけ認知・評価されているかということです。

MEO対策というと、Googleマイビジネスの中で行う対策ばかりに目がいきがちですが、外部対策はとても重要な対策といえます。

その理由として、Googleのユーザーに価値のあるものを提供する方針に基づき、MEOにおいても「 ユーザーに価値を提供している 」と判断できるGoogleマイビジネスを上位に表示させるからです。

つまり、周囲の認知・評価が上位表示につながります。そのため外部対策を行うことは大変重要といえるでしょう。

外部対策には何が含まれるのか

では、どういった事柄が外部対策となるのでしょうか。詳しく解説を行っていきます。

被リンクとサイテーション

被リンクとは、外部のサイトが張り付けてくれる自分のホームページやGoogleマイビジネスのリンクです。リンクの貼り付けがない場合は、サイテーションと呼ばれます。

ユーザーはそのリンクに興味を持つと、リンクを押してサイトへとやってきてくれます。

被リンクが行われているということは、外部から紹介をされているとGoogleは判断します。

そのため被リンクが多いほど周囲から紹介される店舗だと認識されるため、Googleの評価が上がりやすくなります。つまり被リンクが多いほど、上位表示されやすくなるということです。

サイテーションにおいては、

  • ビジネス名
  • 住所
  • 電話番号
  • URL

の4つの情報がどれだけ紹介されているかが大事なポイントとなります。

つまりこれらの情報を紹介されるほど、Googleの評価があがりやすいということになるのです。

どちらも紹介したいと思える店舗にならなければ、紹介をしてもらうことはできません。そのためサービスを向上させながら、積極的に紹介してもらえるようにアピールをしていくことが大切です。

認知度をあげる

被リンクやサイテーションにもつながるのですが、どれだけいい店舗であっても、周囲に認知されていなければ意味がありません。

そのため少しでも多くの方に認知してもらう必要があります。どのように認知度をあげるかというと、SNSやポータルサイトなどを利用することです。

SNSは多くの人が利用しているため、認知度をあげるにはとても有効です。定期的に店舗の情報を更新したり、お得な情報を発信することでファンがついてくれるようになります。

またSNSにもさまざまな種類があるため、それぞれの特徴を活かすと効果的です。例えばTwitterであれば、文字での表現が多いため、お店の情報などは読まれやすくなります。

Instagramであれば、対照的に写真投稿がメインのため、お店の雰囲気や料理・サービスなどを伝えやすい傾向にあるといえるでしょう。

このようにそれぞれの特徴を活かしながらSNSを活用していくことがおすすめです。またここでうまく認知度をあげることができると、被リンクもうまれやすくなります。

そしてなによりもSNSは無料で行うことができるので、取り入れやすい対策です。

ポータルサイトでは、費用対効果の観点から、使う企業も少なくなってくるといわれています。また多くの競合店が参加しているため、なかなか目立ちにくいとも考えることができるでしょう。

しかし今でもポータルサイトを利用する方はいらっしゃるため、ここを活用することも1つの方法です。しかし、費用がかかってしまうため、予算との兼ね合いを考えて利用するようにしましょう。

口コミ投稿

口コミを投稿していただくことも外部対策へつながっていくと考えることができます。

口コミはユーザーの直接の声が反映されたもののため、良い口コミが多く集まることができれば、それだけGoogleの評価があがりやすくなるといえます。

口コミは自分で行う対策ではないため、苦労する部分だと思います。そのため少しでも口コミが集まりやすくなる工夫が大切です。

例えば、店内の目につきやすいところに、口コミの投稿する場所を使ったり、名刺の裏に口コミ投稿できるQRコードを掲載するなど、ユーザーが口コミを投稿しやすい状況を作ります。SNSと併用するのもおすすめです。

なにも用意がなければ、わざわざ口コミを投稿しようとするユーザーはあまり多くありません。そのため何気ないところで口コミのアピールをすることが大事になります。

しかしここで大切なのが、良い口コミを多く集めるということです。悪い口コミが多く集まってしまえば、Googleの評価があがるどころか、よくない店舗という印象を与えてしまうため、評価は下がってしまいます。

こうなってしまうとMEOで上位表示を行うことは困難になってくるため注意が必要です。

良い口コミを集めるには、ユーザーに満足していただけるようなサービスを心がけるようにしましょう。

そして悪い口コミがあった場合は、真摯に受け止め、丁寧な対応で返信を行うと、印象はよくなります。

外部対策を行ううえで大切なこと

外部対策を行っていくうえで大切なことをご紹介していきます。ここを間違えてしまうと、いくらMEO対策を行っても結果が出にくくなる可能性がありますので、確認しておきましょう。

正確性

MEO対策全般でいえることですが、情報の正確性はとても大切です。外部で紹介されている情報がGoogleマイビジネスの情報と違いがあれば、Googleの評価には結びついていきません。

そのため正確な情報を周囲に伝えていけるように、Googleマイビジネスの情報やホームページの情報・SNSでの情報など、すべて統一しなければいけません。

例えばホームページでは「 ○○美容院 」と書いていて、SNSでは「 カットが自慢の○○美容院 」と書いてしまうと、店名に違いがあると判断されます。またユーザーに誤解を与える原因ともなるでしょう。

そのためきっちりと店名など、同じ表記をしていくようにすることが大切です。

また見落としやすいことなのですが、数字は半角で統一するなど、細かい部分も統一することがおすすめです。

例えば住所の場合

  • ○○県△△市○○1-2-3
  • ○○県△△市○○1-2-3

と、内容は同じなのですが、数字が半角と全角の違いがあります。これらの違いも正確性にかけると判断される可能性がゼロではありません。

そのため初めから半角にしておくなど、統一しておくことのほうが懸命でしょう。

内部対策もきちんと行う

外部対策のお話ばかりしてきましたが、内部対策が疎かであれば意味がありません。

  • Googleマイビジネスの情報はすべて公開しているか
  • 常に最新の情報を公開しているか
  • お得情報などユーザーのプラスになる情報を公開しているか
  • 口コミに対する返信を行っているか

など、内部対策についてもしっかりと対策を行うことが大切です。どちらか一方だけ行ってはMEO対策は成り立ちません。

内部対策も外部対策もしっかりと行いましょう。

店舗のサービスを充実

外部対策を行うためだけではないですが、店舗のサービスを充実させることがなによりも大事です。サービスを充実させることによってさまざまな効果が現れます。

  • 良い口コミが集まる
  • 紹介されやすくなる
  • 良い口コミが自然と広がる

など、良い効果の連鎖が続いていきます。

認知度をあげるためにも大切なことです。いくらSNSなどを活用しても、サービスが充実していなければ何の意味もありません。

認知度をあげるといっても、全国的に有名にならなくてもよいのです。地元の周辺地域にはたくさんのお店があります。それらの競合店より認知度があがるだけでも素晴らしいことです。

サービスをよくすれば、自然と地域の中で広がっていくと考えられるため、サービスの向上は常に意識しましょう。

自分で行うことが難しい場合は業者に頼る

ここまでさまざま解説をしてきましたが、店舗の経営を行いながら、外部対策を行うことは難しいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方は専門の業者に依頼することがおすすめです。専門知識をもってMEO対策を行ってくれるため、効率がよいとも考えることができます。

MEO対策自体は無料で行えますが、業者に依頼すると費用が発生します。しかし高額ではないため、取り組みやすいのではないでしょうか。

依頼した場合の費用

業者に依頼した場合は、金額やプランなど、業者によってさまざまです。しかし一般的には月3万円前後が相場です。

また報酬形態が2種類の場合が多く、自分にあった報酬プランを選ぶとよいでしょう。

月額固定型

成果の有無に関わらず、毎月一定の報酬が発生します。

成果が得られなくても報酬が発生するため、デメリットと感じる方もいるかもしれませんが、MEO対策だけでなく、その先の集客についてまで考えてくれる業者も多いです。

そのため集客のことまで相談しやすくなるため、メリットとしても考えることができるでしょう。

成果報酬型

上位表示された日数分が報酬として発生する仕組みです。そのため上位表示されていないときは、報酬が発生しないため依頼側にするとメリットといえます。

しかし上位表示さえすればよいと考える業者も少なくなく、きちんと業者を見分けることが大切です。見分け方のポイントとしては、以下のような点があります。

  • MEO対策の知識がしっかりある
  • Googleのガイドラインを遵守してくれる
  • キーワードの設定をきちんと行ってくれる
  • 話し合いを持ってくれる
  • 口コミ代行を行わない
  • 電話営業を行う業者には注意する

など、いくつかのポイントがあるため、しっかりと話をしてから依頼することが重要です。

また無料相談を行っている業者もあるので、一度相談を行ってから依頼を行うことも可能です。

外部対策を行ってくれるところを選ぶ

業者によってプランはさまざまあります。いざ頼んでみたら外部対策は行っていなかったとならないように、依頼する前にきちんと確認をしておきましょう。

その他に対策についても必要に応じて確認を行ってください。

まとめ

外部対策は自分1人の力では、なかなかできることではないため、苦労しやすい対策かもしれません。

しかしここを頑張ることで、自分の店舗にとって必ずプラスになりますし、MEO対策においても有利になるでしょう。

現在コロナの影響により、客足が伸びずに集客に悩んでいる店舗はたくさんあります。そしてまだまだMEOを取り入れてない店舗も数多く、競合店と差をつけるチャンスともいえます。

この機会をぜひ活用していただき、よりよいMEO対策を行っていただければと思います。

ご相談無料
MEO・Googleマイビジネスなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS