MEO

今さら聞けない!?サイテーションとは?MEOの基礎から解説

サイテーションとは簡単に言うと、ネット内で自社名の使用率が高いほど、検索順位が上がるという考え方です。

例えば、ネットユーザーが自発的に行きつけのカフェをSNSで紹介することにより、そのカフェはサイテーションを獲得してMEO対策につながります。

しかし、低評価の記事などに自社名が使われている場合、Googleからの評価はマイナスになってしまいます。

良質なサイテーションを獲得するためには、MEOの基礎知識が必要です。

この記事ではMEOが必要になった背景からサイテーションの獲得方法を説明しています。

最後にはサイテーションをチェックできる方法をまとめていますので、MEO対策に活用してみてはいかがでしょうか。

MEOとは

meo

MEOとは( Map Engine Optimization )マップエンジン最適化のことで、Googleのローカル検索結果で上位表示されるための対策です。

ローカル検索とは「 地域名+業種名 」のキーワードで検索される際、マップと共に表示される店舗情報のことで、検索順位が上位3位内であれば、検索ページのトップに表示されます。

ローカル検索結果に店舗情報を載せるには、Googleマイビジネスの登録が必須です。

登録だけでは上位3位内に表示されることは難しく、最新の店舗情報を日々、更新していく必要があります。

例えば、メニュー写真を投稿したり、ユーザーからの口コミに返信するなどネット内の活動が認知度を上げていくことにつながります。

Googleはネット内の露出度や話題性を評価基準にしているため、店舗の公式サイトやSNSなど複数のコンテンツを運営していくことも効果的なMEO対策と言えるでしょう。

ローカル検索枠について

ローカル検索

上記ではGoogleマイビジネスの登録により、ローカル検索枠で店舗情報が掲載できることを記しました。

次は「 ローカル検索枠 」の内容についてご説明していきます。

ご存知の方も多いでしょうが、Googleの検索ページには数種類の枠があり、店舗情報が表示される枠を「 ローカル検索枠 」と言います。

「 ローカル検索枠 」は「 リスティング広告枠 」の次に位置し、Googleマップに会社名や店舗の場所が表示されています。

検索した地域内で認知度の高い店舗が3社紹介されている状態で、4社目からは「 さらに表示 」というボタンの中に押しやられている状態です。

店舗の表示内容は、自社が投稿した写真や口コミの評価、さらにお問い合わせの情報などがいっぺんに表示されているので、検索したユーザーが顧客になりやすい構造になっています。

SEOとの違い

考える女性

MEOとは「 ローカル検索枠 」で上位表示を目指す対策ですが、SEOと似ているため、ここで明確な違いをご説明しておきます。

SEOとは( Search Engine Optimization )検索エンジン最適化と言われ、webサイト全般の中で上位表示を目指す対策です。

「 ローカル検索枠 」の下に位置し、「 自然検索枠 」と言われています。

つまり、MEOとSEOでは検索枠が違い、対策の方向性も大きく変わってきます。

SEOで上位表示されるためには「 検索キーワード 」「 質の高いコンテンツ 」「 リンク 」という3種類の要素が必要不可欠です。

「 検索キーワード 」では自社サイトが検索されやすいキーワードやサービスに関連性のあるキーワードに沿って情報を発信する対策が有効とされています。

しかし、狙い目のキーワードに沿って情報を発信するだけでは上位表示はされず、「 質の高いコンテンツ 」を作り上げていくことが重要なポイントになります。

ここで言う質の高さとは、ネット内で話題に上がっている回数やコンテンツ自体の認知度、他にもサイトの更新頻度であったり、充実した情報量などが上げられます。

話題性や認知度を高めるためにSNSの利用も有効です。

自社のコンテンツを多くのユーザーが引用することでGoogleに評価され、ユーザーの目に止まりやすい位置に表示してくれます。

MEOはなぜ必要なのか

考える子供

MEOの必要性は、Googleの特徴や変化に大きな因果関係があります。

Googleはユーザーファーストを心がけており、ネット内の意見や関心を元にアップデートを繰り返し、ユーザーにとって良質な情報を届けています。

ここではネットユーザーの変化や、Googleの対策により生まれたMEOの必要性について解説していきます。

Google検索のシェア率増加

Google 会社

MEOとはGoogleのマップエンジンに最適化する対策なので、「 Safari 」や「 bing 」といった他のブラウザに対しては何の効果もありません。

しかし、Googleの検索エンジンは世界で一番シェアされており、Yahoo!も同じ検索エンジンを使用しているため、
日本ではGoogleの検索エンジンがネットユーザーを独占している状態です。

実際に数値化されたデータを見ると、Googleが約70%以上のシェア率を誇っており、bingは約7%、その他ブラウザが1%を切っています。

参照元:https://gs.statcounter.com/

スマートフォンの普及率増加

笑っている男女

総務省が2017年に発表した世界における情報通信機器の保有率では、パソコンが72.5%であるのに対してモバイル機器が94.8%になっています。

モバイル機器に対してスマートフォンの保有率は75.1%です。

参照元:総務省|平成30年版 情報通信白書|情報通信機器の保有状況

このように、世界的に見てもスマートフォンを保有している人口は上昇を続けています。

Googleはユーザーの変動に着目しており、2012年に「 ヴェニスアップデート 」という対策を実行しました。

「 ヴェニスアップデート 」とはユーザーが検索キーワードに地域名を入力しなくてもGoogleが自動的に端末のGPSから位置情報を取得して近くて評価の高い店舗情報を表示する機能です。

例えば、「 カフェ 新宿 」と入力しなくても「 カフェ 」と入力するだけで、ローカル検索に表示してくれます。

スマートフォン1台あれば、いつでもどこでもサービスを検索できる時代なので、MEO対策をして集客の場を広げましょう。

SEOの難易度が高い

SEOは昔からある対策で、大手ポータルサイトや上場企業が上位表示を独占している状態にあり、難易度は非常に高いです。

Googleは数年に1回アルゴリズムをアップデートをしており、「 ペンギンアップデート 」や「 パンダアップデート 」と言われる大規模なアップデートが有名です。

「 ペンギンアップデート 」は、リンクの引用率やSNSの拡散率が検索に大きく影響するアップデートで、
「 パンダアップデート 」は記事の品質や専門性を評価するアップデートになります。

つまり、SEOはネット内で専門性の高いポジションを獲得している先駆者が上位表示される傾向にあります。

そして、今後もアルゴリズムの変化に対応していくために、レベルの高い知識が必要です。

MEOも専門的なネットの知識は必要ですが、「ローカル検索」という店舗を持っている業者ならではの強みがあり、
これから参入しても地域によってはすぐに上位表示される可能性は十分にあります。

ポータルサイトの価格高騰化

ポータルサイトはSEOで上位表示されており、多くのユーザーに閲覧されるコンテンツではありますが、サイト内で最初に表示されている店舗は大手飲食チェーン店や上場企業です。

ポータルサイトの基本的なシステムはオークション形式になっており、高額な掲載料を支払うことで上位に表示されます。

つまり、資本力を持っていることが最重要になるので、個人店が競い合うのは現実的ではありません。

近年ではユーザーの評価や口コミがリアルな意見として重要視されているため、ポータルサイトや広告などは避けられる傾向にあります。

「 ローカル検索枠 」にはポータルサイトの参入がないので、店舗情報や口コミなど無料で情報を発信できます。

サイテーションとは

考える女性

上記ではMEOの基礎的な部分をご説明してきましたが、ここからはサイテーションがどのようなものなのか、効果や重要性について深掘りしていきます。

サイテーションとは「 引用・言及 」という意味で、お店やサービスの名前がブログ等に書かれると、Google検索の上位表示に大きく影響するものです。

サイテーションはSEOでよく使われる「 被リンク 」と似ていますが、「 被リンク 」はブログやSNSにサイトのリンクを載せることです。

一方「 サイテーション 」とは特にリンクがなくてもサイト名・URL・住所など店舗情報が「 引用・言及 」されることで、「 被リンク 」のような効果があると考えられています。

サイテーションの重要性

Googleはネット内の話題性や認知度をリサーチしてユーザーに情報を届けています。

つまり、サイテーションが増加することで、ユーザーの目に止まりやすくなり、検索順位上昇に大きな影響を与えます。

サイテーションを増加させることはMEOにとって必要不可欠ですが、低評価のサイテーションは検索順位を落とす可能性があります。

例えば、とあるブログの記事に自社の接客態度が悪いと書かれていた場合、Googleはユーザーの意見を尊重するので、
検索順位低下に影響するでしょう。

自作自演のサイテーションなどもGoogleからペナルティーを課せられたり、自作自演が発覚してユーザーに悪い印象を与えることもあります。

サイテーションとは顧客からの正直な意見とも捉えられるので、サービス向上やMEO対策にとって重要な要素です。

なぜ、自社の情報が他のコンテンツに上がっているのか内容まで把握しましょう。

サイテーションでGoogleから評価を受けるには

拍手 イラスト

サイテーションは店舗情報の一致がされていなければ、効果を発揮しません。

ここからはサイテーションでGoogleから評価を受けるためのテクニックをご紹介します。

自社コンテンツの情報を統一する「 NAP 」というものから、ホームページとネット情報を紐ずける「 構造化マークアップ 」の2点をピックアップしました。

NAPを統一

NAPとは「 Name ( 名前 ) 」「 Address( 住所 ) 」「 Phone( 電話番号 ) 」の略で、店舗の基本情報のことです。

このNAP情報が、運営しているコンテンツ内で完全一致していると、Googleの検索エンジンは同一店舗の情報であると認識します。

ユーザーがSNSなどで拡散する際、NAPが統一できてなければ、店舗の情報が曖昧でサイテーション効果を得ることができません。

来店を検討しているユーザー的にも店舗情報が曖昧なお店は信頼性が低いと見なされる可能性があります。

NAPの統一は検索上位を目指す上でも、ユーザーから信頼される上でも重要な要素なので、必ず行いましょう。

構造化マークアップの設定

構造化マークアップとは、ホームページの裏側の構造( HTML )を最適化して、Googleにサイトの内容をわかりやすく提示する対策です。

Yext(イエクエスト)

画像引用元:「 yext 」公式HP

プロブラミングスキルが必須のため、業者等に依頼しているユーザーは多くいますが、「 yext 」というサービスを使えばマークアップの導入がスムーズに行えます。

参照元:https://www.yext.co.jp/

構造化マークアップをすることで、Googleはホームページの内容をより深く理解し、他社メディアやSNSからのサイテーション効果を向上させることができます。

サイテーションの獲得方法

笑顔な女性

サイテーションの獲得方法はサービス内容により様々ですが、ここでは店舗内で顧客にサイテーションの協力を求める方法や、SNSを運用して効率的なサイテーション効果を作り出す方法をご紹介します。

店舗で情報発信を促す

カフェ店員とお客さん

店舗で顧客に協力を求め、サイテーション効果を高めていく方法も有効です。

具体的に言うと、SNS用のQRコードを客席に貼ったり、フォローしたら割引になる商品を紹介するなど、提供するサービスの中に取り入れ、顧客からサイテーションを獲得していきましょう。

顧客からのサイテーションが多く集まれば、ネット内から新規の顧客を獲得できる可能性が増し、サービスに関するアンケートとしての役割にもなるので、効率的にサービス向上ができます。

複数のSNSを運用

SNS 女性

Twitter、Facebook、Instagramといった複数のSNSで有益な情報を投稿し続け、店舗の評価を上げていきましょう。

店舗やサービスに興味がありそうなフォロワーを集めて、フォロワーが店舗情報を拡散していくことが効率的なサイテーションの形です。

SNSを始めてもすぐにフォロワーを増やすことは難しいですが、毎日商品の紹介をしたり、専門性の高い情報を発信してSNSコンテンツを充実させていきましょう。

複数のSNSを活用することで、店舗の世界観にあったSNSを見つけることができたり、どんな年齢層に需要があるのかデータ化できるメリットもあります。

様々なメディアに掲載する

SOCAL MEDIA MARKETING

SNS以外にもブログを開設してみたり、ポータルサイトに掲載するなど積極的に情報を露出しましょう。

最近ではSEOではなくSNSからブログを閲覧されるケースが増えてきています。

SEOでブログを上位に表示させるにはキーワードの分析など専門知識が必要ですが、SNSではフォロワーを集めていけば、ブログやホームページの誘導がスムーズに行えるので、多くのコンテンツを運用して、サイテーションの増加を効率化しましょう。

サイテーションのチェック方法

チェックする男性

Googleでサイト名を検索

Googleでは完全一致検索といってサイト名や会社名を「 ”” 」( ダブルクォーテーション )で囲み検索をすると、サイテーションの件数などが確認できます。

また、ドメイン指定の除外検索、つまり自分のサイト以外でのサイテーションを確認可能です。

方法としては「 ”サイト名”-site:securitynavi.jp 」と検索することで、自分のサイト以外の検索結果が表示されます。

Yahoo!リアルタイム検索で確認

Yahoo! 検索の「リアルタイム検索」を経由して自社サイトなどを検索すると、TwitterやFacebookのツイートをリアルタイムで閲覧できます。

検索できるツイートは、非公開設定がされていない日本語ツイートのみです。

トレンド情報のリサーチにも使えるツールなので、サイテーション確認のついでに市場調査をしてみるのも有効です。

Googleサーチコンソールを使用

Googleサーチコンソールとは検索キーワードを調べられたり、Googleの検索結果で自社のWebサイトがユーザーからどう見られたのか経由を知ることができるツールです。

サーチコンソールの項目にある「 サイト名検索の回数 」を見ると、獲得したサイテーションによるアクセス数が表示されています。

任意で期間指定の確認も可能なので、イベントを行った日や、セールをした日など効果のあった対策を追求できます。

参照元:Google Search Console

まとめ

頑張る女性

いかがでしたでしょうか。

今回の記事ではMEOが必要になった背景からサイテーションを獲得するための方法を解説し、最後にはチェックツールの情報をまとめました。

良質なサイテーションを獲得するには顧客の協力や、SNSを運用してフォロワーを獲得していくことが効率的だと言えます。

地道な発信の積み重ねが、大きな認知度につながる時代なのでSNSやwebサイトの運用に励んでみてはいかがでしょう。

Her'sにお任せください!

Webコンサル

Web集客に特化した弊社には優秀なエンジニアやマーケターが多く在籍しているためHP/LP製作、広告、コンサルを1社で完結させることができます!

Wantedly運用代行

Her'sには「WEBx採用」に特化したWebマーケターが多く在籍し、Wantedlyの運用を行っています。会社ランキング6位になった実績を持つ弊社が責任を持って運用します!

MEO対策

MEO対策は、SEO対策より短期間で上位表示が可能で集客効果が高いです。費用もリーズナブルですのでぜひHer'sにお任せください!

            お問い合わせはこちら

Her'sにお任せください!

Webコンサル

Web集客に特化した弊社には優秀なエンジニアやマーケターが多く在籍しているためHP/LP製作、広告、コンサルを1社で完結させることができます!

Wantedly運用代行

Her'sには「WEBx採用」に特化したWebマーケターが多く在籍し、Wantedlyの運用を行っています。会社ランキング6位になった実績を持つ弊社が責任を持って運用します!

MEO対策

MEO対策は、SEO対策より短期間で上位表示が可能で集客効果が高いです。費用もリーズナブルですのでぜひHer'sにお任せください!

お問い合わせはこちら


Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS