ホームページ

ランディングページの作り方と超重要ポイントを徹底解説!

WEB上での売上を獲得するために、ランディングページ作成をお考えの方はたくさんいると思います。しかし、分からないことだらけでなかなか制作に踏み込めていない方も中には多いのではないでしょうか。

本記事ではそんな方のために、売れるランディングページを作るための手順やポイントを初心者の方でも分かりやすく丁寧にご紹介します。

・LPの特徴
・LP作成の手順と重要なポイント
・LP作成時に注意点するべき点
・参考になるLPのまとめ事例サイトの紹介
・どうやって作成するか(制作会社に依頼/自社で作成)

今回は上記5点を中心に、順番に解説していきます。

もし、あなたが制作会社への作成依頼を考えている場合でも、依頼側にランディングページの基礎知識があるのとないのとでは、完成度が大きく異なります。

成果が出る且つ、自社の想いをしっかりと乗せたランディングページを作るためにぜひ本記事をご覧ください。

ランディングページ(LP)とは

ランディングページ

ランディングページという言葉には、解釈の方法として2パターン存在します。ランディングページは英語で書くとLandingPageとなり、Landing 」=「 着陸する 」という意味合いの通り、ユーザーが外部からたどり着いた時に一番初めに表示されるページのことを言います。

しかし、こうした意味でランディングページという言葉はあまり使われません。

よく使われるランディングページの意味では、インターネット上のバナー広告や、検索時に表示されるテキスト広告のリンク先にある単独ページのことを指します。

特徴① 成約を目的としたページ

ランディングページはコンバージョン( CV )、いわゆる「 成約 」を目的として作成されたページです。一言に成約と言っても企業や商材ごとに内容は異なりますが、主に

・商品の購入
・サービスの申込み
・会員登録
資料ダウンロード

などが挙げられます。

それれの掲げる目成するために、作成されるのがランディングページ。コンバージョン( CV )を目的としていることから、通の企業サイトなどとはく異なった性質があります。

特徴② 1ページ完結型になっている

ランディングページは縦長で、1ページ完結型になっているのが特徴です。1枚のページを下にスクロールしていくと、商品の説明や特徴などが記載されており、そこから購入に進むことのできるページを何度も見たことがあると思います。

成約目成するために1ページ内に情報め込み、ユーザーに魅力を伝えて行させる設計されています。成約を目的にしているのだから、企業サイトのように情報複数のページにり分けてしまうと効果はないですよ

ユーザーの味を途切れさせず、離脱いで後までんでもらうための方法として1ページで完するような構成で作ります。

特徴③ インターネット広告で集客が基本

作成したランディングページにユーザーを誘導するための経路としては、リスティング広告やSNS広告な相性くおすすめです。

ランディングページは1ページだけなので、WEBサイトなどとべて短期間で作成が能。完成したらインターネット広告を利用すれそのからを獲得することができます。

ランディングページ 作り方

webデザイン

1.目的を決める

まず始めに「 に 」「 なにを 」「 どうやって 」をけるランディングページを作るのかを決めましょう。

どんなにクオリティのいデザインにせてランディングページを作成しても、それが自分たう商品やサービスにッチしていなけれ果にはがりません。

た目ではなく、どこまで事にイメージをらましてランディングページに反映できているかが最終的に売り上左右します。

そのとして、ず「 ール 」を定するようにしましょう!

特にール定は一番重要で、「のためにランディングページを作成するのか 」を具体的にとし込ことができます。

企業によって、無料会員やすことが目的のランディングページもあれ商品の購入を目的にしているランディングページもあるはずです。

・会員登録をしてもらう
・商品を購入してもらう
い合わせをしてもらう

など、あなたがユーザーに求めるクションはなのかを確にし、数字で具体的なールを定しましょう。

<具体的なールのイメージ例>

・会員登録をしてもらう
  → 1週間ごとに50会員獲得し、全員にキャンペーンメールを送る

・商品を購入してもらう
  → 期間中に200売り上げ+クーポン配布2をリーターに繋げ

い合わせをしてもらう
  → 1ヶ月30件以上のい合わせ獲得その5割以上を売り上繋げ

2.ペルソナ分析・訴求方法を決める

次にターゲットとなる「 ペルソナ 」を分析し、訴求方法を決めます。

ペルソナとは、「販売する商品・サービスのターゲットとなる人物モデル 」のことを指します。ペルソナを設定することで、効果的なランディングページを作り上げていく際の指針になってくれます。

また、ペルソナを設定する際には性別や年齢だけでなく、職業や趣味などまで仮定します。そして、どのようなシーンでどのような悩みを抱えてページに訪れるのかを考える必要があります。

なぜならば、細かいペルソナの設定ができていてこそ、私たちはターゲットとなるユーザーたちの悩みや気持ちを理解した上で初めてランディングページの打ち出し方や訴求方法、デザインを効果的なものにできるからです。

また、結果を出すために「 作って終わり 」ではなく作成途中や運用しながらの改善作業が重要になるランディングページにとって、ペルソナがしっかり決まっていないと、改善する際に方向性がずれてしまいます。

ペルソナの設定はとても重要な作業なので、下記の例を参考に設定してみてください。

<ペルソナを設定する際の項目イメージ>

●性別
●年齢
●学歴
●所在地
●職業
●年収
●家族構成
●趣味 など

3.LPの構成(ワイヤーフレーム)を決める

さて、ランディングページを作成する目的とペルソナの設定が済んだら、次はランディングページの構成を決めます。これは、「 ワイヤーフレーム 」とも呼ばれます。

例えば、営業マンが直接お客様に商談をする時も「 何をどのような順番で話すとお客様は興味を持ってくれるか 」を考えると思います。

ネット上のランディングページもそれと同じで、「 伝える順番 」を間違えると、興味を持てなかったユーザーの離脱率が増えてしまいます。

コンテンツ内容については後ほど説明しますが、ワイヤーフレームとしては下記のような感じになります。ワイヤーフレームはランディングページの「 設計図 」になりますので、必ず作成しましょう。

ファーストビュー

あなたにとって有益な情報があります!を訴求する場所

【構成要素】
・キャッチコピー
・共感
・メイン画像
・権威付け
・アクションボタン

ボディ

なぜ人気なの?なぜ役立つの?を説明する場所

【構成要素】
・独自性
・結果
・ベネフィット
・商品の情報
・証拠
・世間的な評価

クロージング

購入するならこのタイミングしかない!と思わせる場所

【構成要素】
・限定性
・保証

4.LPの構成に沿ってコンテンツを作成する

は、いよいよコンテンツ作成にかります。

ワイヤーフレームを考える段階で、コンテンツ内容まで一に考えてしまっているも中にはいるかもしれませんが、れに沿ってめられるランディングページを作成するためにも、ワイヤーフレームを先に作ってからコンテンツ作成に入るようにしましょう。

ここからは、先ど紹介したワイヤーフレーム例の中にまれているコンテンツについて簡単に紹介します。

ファーストビュー

一番初めにユーザーの目に入る部分が「 フーストビー 」と呼ばれるロックです。3つあるロックの中でも特に重要だと言われています。

その理由は、ユーザーがそのページに訪れた時の第一印象が良くなければ即時に離脱されてしまうからです。もちろんデザインなどのた目も重要ですが、情報有益さも関係します。

【構成要とその説

・キッチコ

ユーザーの心事を、さる言葉に言いえます。ユーザーがえていそうなみであったり、その商品を利用したいという思いに機から考えるとよいです。キッチコーは一定せず、「 メインコー 」と「 サー 」で構成するとよりメッージが伝わります。

共感

ユーザーの気持ち代弁する言葉で、ているに自分のことだ!と感じてもらいます。「 最近◯◯悩む女の方に 」「 ◯◯をめたいけど踏み出せていないあなたへ 」など、具体的な人物像を表すことがポイントです。

・メイン画像

ッチコーだけではなく、フーストビーで目に飛び込んでくるメイン画像も大きな役割を果たしています。「 この商品を利用することでなれる自分の姿 」などといった、ユーザーのチベーションが上がる画像を利用するといいでしょう。

権威付

「 このも使ってるんだ! 」「 このが言うくらいだから、本に効果があるんだ! 」と思ってもらうためにその商品の分関連のある有名人の紹介メッージなどを掲載します。

クションタン

ランディングページの目的が商品の購入なら、最低限の項目で構成されたお申込みフォームやボタンです。ユーザーが離脱前にアクションを起こしやすいよう、ファーストビューに必ず入れておきましょう。

ユーザーのアクション率を高めるためにも、ボタンの色や文言、配置場所の工夫も欠かせません。

ボディ

ファーストビューでユーザーを引きつけた後に重要なのが、スクロール時にまず現れる「 ボディ 」と呼ばれるブロックです。

ファーストビューを見ただけでは「 なぜ効果があるの? 」「 本当に安心して使える商品なの? 」と、本当に自分にとって良い商品なのか半信半疑のユーザーも多いはず。そこで、このブロックではその商品の価値を裏付けします。

【構成要

・独自

価格けれ売れるという時はもうわりました。れかえるどの商品が存在するこの時でユーザーにんでもらうには、ても解できる商品の「 独自」を紹介することが要です。

この商品を使うことで、自分にどんな化がこるのかを視覚で認識してもらう部分です。例えばダットにする商品であれ、商品使用と使用後のデル写真べて掲載すると効果的です

・ベネフィット

ユーザーはただ商品に味をつのではなく、あくまでも「 商品を利用することによって得られる果 」を求めています。なので、この商品を購入することによってどんなメリットがあるのかを分かりやすく伝えることが重要です。

・商品の情報

い言葉だけをべて商品を紹介するだけでは不十分です。商品の機能的な情報もしっかりと表記しましょう。文章での説せて、イメージしやすいよう商品の写真掲載すると分かりやすいです。

証拠

商品使用後の果やベネフィット紹介をることでユーザーのチベーションはまりますが、その気持ちを錯覚わらせないよう、実績数値などを用いて証明することで効果を信じてもらいます。

・世間的な評価

今は「 ユーザーが発信するリルな情報 」をより信じ人達が多い時でもあるため、世間的な評価が分かるコンテンツを入れることもかせません。具体的には、商品にするQ&Aや利用者のレビーなどです。

クロージング

ここまでれば、あとはユーザーのいたい!という思いを加速させ行してもらうだけです。そのためにも、「 うなら今このタイングしかない 」と思ってもらうことが重要です。お得を利用したコンテンツを用意しましょう。

【構成要

いつでもえるなら今じゃなくていいか・・・と思われてしまったらせっかく魅力的なランディングページを作成しても果にがりません。今後継続して売するがあっても、期間数量定することでクションにがる確んと上がるのでず表記しましょう。

・保

返金や成果保をつけることでえ、あまり知られていない商品であってもユーザーの購入を後しすることができます。

今回の記事では簡単にまとめましたが、よりしくコンテンツの作成方法を知りたい方はこらの記事もせてックしてください。

【超重要】ランディングページ制作に必要な3つのストーリーと項目はこれだ!

5.LPのデザインを決める

コンテンツが完成したらに「 デザイン 」を決めます。ここがなかなか難関で、おしれ且つ効果的なランディングページとなると、自分の想像だけで作り上るのはしいですよ

また、一言にデザインと言ってもただ合いなどを決めるだけでなく、用意したコンテンツをどう効果的にり込かが重要になります。

そこで、ギャラリーサイトに掲載されている複数のランディングページに目を通して、参考になるポイントをどんどんい上てみましょう!その際に特に注意してチックしてもらいたい箇所は、

・デザイン
・構成
・キッチコ
世間的な評価り込み方

の4つです。自分のき出しのえるので、出るだけたくさんのページをチックすることをおすすめします。そして、それらのページを参考にしながら自が作成するランディングページのデザインを考えつつ、

・1ページ内で商品の魅力を伝えられているか
・ユーザーは購入、申込みまでどういうクションをるか

度も検してみましょう。言、コンテンツの順番や使いなど、かいとこも手をかずに「 証→修正 」すことで、想のランディングページにたどり着くことができると思います。

ランディングページの事例まとめサイトは後ど紹介します。また、デザインにしては知識や技術のあるスタッフが会社内にいない場合、プロに作成を依頼する場合もあると思いますので、そらにしても本記事の後に説しています。

6.コーディングをして公開する

ここまでたら、いよいよランディングページ制作も大めです。デザインが確定したら、いよいよWebページとしてインターネット上にップします。そしてその際に要となるのが、「 コーディング作業 」と呼ばるものです。

らもデザイン作業と同様、社内に「 ンジ」と呼ばれるスタッフがいれ自社で完できますが、そうでない場合は制作会社に依頼する要があります。

また、コーディングを行う際には記内容を確にしておきましょう。

LPをどのサーバーにップロードするか
LPURL
LPからい合わせがあった際の通知用メールドレス
い合わせ後にお客様送信する自動返信メール

7.運用中に効果測定をする

ランディングページのール・ターゲット定の段階からここまで本におでした!と言いたいとこすが、公開後の「 効果測定 」もかせません。これまでにも度かお伝えしましたが、ランディングページは公開をしたらすに成果が出るようなものではありません。

運用する中で「 状況 」をチックしながら、かい修正してよりコンバージョンを獲得できるページてていく要があります。

また、このような公開後の効果測定や改善作業を「 ランディングページ化(LPO)」と呼びます。LPOしてもしくは後ど解説します。

ランディングページを作成する際の注意点

ホームページ

 

ここまでランディングページ作成の手順をご紹介しました。そこで今後は「 ランディングページを作成する際の注意点 」をまとめてみましたので、作成にぜひ確認してください。

メリットや機能ではなく「 ベネフィット 」を一番に伝える

売れるランディングページは、「 ベネフィット 」がしっかり伝えられているという法があります。

しかしベネフィットとは、メリットとはいます。「 商品のれているとこ」ではなく、「 ユーザーにとってプラスとなること 」を指します。しややこしいですが、「 その商品を利用したらどうなるのか 」がその商品のベネフィットになるということです。

)
容成分92%合!
商品の機能
容成分92%合で、一中しっとりユーザーにとってのベネフィット

ランディングページにおいてこのベネフィットの部分はも重要な理由は、ユーザーはベネフィットを求めて商品を購入するためです。

ユーザーが「 この商品を利用すれ自分にこんなにいことがこる 」との中でイメージをらませられるような情報をランディングページで一番に伝えましょう。

公開後の改善(LPO)をしっかり行う

売れるLPにするためには、一度制作したランディングページを見直ける要があります。というのも、初に作った段階では「 この構成、コンテンツ、デザインであれ上手くユーザーに魅力を伝えられるのではないか 」という説の状態過ぎないからです。

そのためランディングページ作成後、すに成果が出ることはあまり考えられません。な方法でにユーザの向を分析し、それにてページを化していくことで、ユーザーの心にさるランディングページにたどり着くことができると思っていてください。

また、LPOは的確に分析しを打つだけでなく、かなりな作業が要になるため、業者に依頼する企業なくありません。

自分たでコツコツめるか、業者に依頼するかは一いておき、LPOとしてできることを9紹介します。

また、今回はランディングページ作成後の改善方法として紹介していますが、あなたがまだランディングページを作成していない場合は、事にこれらの要も考して作成すると初回でいページを作ることができますよ!

①3でユーザーの心をーストビーを作る
ユーザーの心にさるキッチコーを考える
価格を「 」の3つで定する
特典をけるなど「 」を示す
い合わせ先を分かりやすい場に表示する
をつけて購入のードルを下げ
めるコンテンツを入れる
ページの離脱がるリンクはらないようにする
ントリーフームを分かりやすく最低限目にする

これらの内容をしく知りたい方はこらの記事もチックしてみてください。
【数値あり】LPにおけるコンバージョン率の平均とやるべき11の事

ターゲットに向けて広告を打てているか確認する

ランディングページ作成の手順のとこで「 ペルソナの定 」を挙げましたが、多くのユーザーをめたいという理由で、ターゲットをらずに広告の配信をしていたり、具体的なターゲットのイメージがないままランディングページを作ってしまっているースもよく目にします。

ランディングページは特上、キーワード検索では上表示されにくいサイトなので、リスティング広告などを使ってユーザーをめることが一的です。

そのため売り上ップするには、経路となる広告のターゲットを今一度確にし、そのターゲットに向けて訴求することがとても重要になってきます。

例え、ランディングページで1代女性向けの商品として伝しているのに、まってきているのが40女性ばかりであれれたユーザーも感じ離脱してしまいます。これでは商品を購入してもらえるはずもありません。

また、広告をクリックしてランディングページへ訪れたユーザーが、「 期待していたページだ 」という印象ーストビーでてるかどうかが、初めの試練になります。

ターゲットをり込み、かつそのターゲットに訴求できるランディングページを準備しておくことで、ページにたどり着いたユーザーが「 そうそう!これはのことを言っているんだ! 」などと共感してもらうことができより購入意めることにがります。

ターゲットを具体的に決めることで、求をするメッージを伝えることが出るので、ったターゲットの購入は上がり、果的に売り上も上がりますよ

ランディングページの事例まとめサイトを参考にする

検索

さて、作成の手順と注意点についてはおおよそ理解していただけたと思いますので、次に、売れるランディングページからノウハウを吸収するための「 ランディングページの事例サイト 」を紹介します。

実際に商品が売れているということは、ユーザーを惹きつける要素を上手く盛り込めており、多くの人のハートを掴めているということです。先ほどのデザインの工程の説明でも軽く触れましたが、

・デザイン
・構成
・キャッチコピー
・世間的な評価の盛り込み方

を中心にたくさんの事例をチェックしましょう。特に、自社と同じ業界であったり、似た商材を利用しているランディングページはかなり勉強になりますので、積極的に要素を取り入れましょう。

① 老舗サイトで年代ごとのデザインを参考にするなら!!
「 ランディングページ集めました。 」

画像出典元:「ランディングページ集めました。 」公式HP

「 ランディングページ集めました。 」は10年以上という長い期間運営されており、サイト名の通り数多くの幅広いランディングページを集めたギャラリーサイトです。幅広いジャンルの中から探すことができるサイトで、デザインだけでなく構成の参考にもなります。

「ランディングページ集めました。」公式HPはこちら

② イメージから感覚的に探すなら!!
「 イケてるランディングページ集めてみました 」

画像出典元:「イケてるランディングページ集めてみました 」公式HP

「 イケてるランディングページまとめました 」はマーケティングのプロが選んだページを紹介しているサイトです。厳選されたクオリティの高いランディングページを見ることができます。

「健康・癒し系」「高級・リッチ・セレブ系」などイメージごとにカテゴリー検索することもできるので、こうした視点から参考にするページを探したい人にはおすすめです。

「イケてるランディングページ集めてみました 」式HPはこちら

③ 複数の項目を掛け合わせて探すなら!!LP advance」

画像出典元:「LP advance」HP

「LPadvance」の一番の特徴は、複数のカテゴリーをかけ合わせて検索することでより理想に近いランディングページのみを表示させられることです。また、サイト内にあるランディングページのキャッチコピーを一覧で見ることもできるため、キャッチコピーの勉強にもなる優れたサイトです。

「LP advance」公式HPはこちら

④美容商品や健康商品のランディングページを作るなら!!
「LANDING PAGE BOOKMARK」

画像出典元:「LANDING PAGE BOOKMAR」公式HP

「LANDINGPAGEBOOKMARK」は美関係に強いランディングページを紹介しているギャラリーサイトにります。「美容サプリ 」「食品 」などといったタグから検索することができます。美容関係のページを作成される方には自社製品と照らし合わせてイメージできるので、とても参考になります。

「LANDING PAGE BOOKMARK」公式HPはこちら

ランディングページの事例まとめサイトについて、より効率的に参考にするページを見つけたい方や、より多くのギャラリーサイトをご覧になりたい方はぜひこちらの記事もチェックしてください。

【2020年最新版】目的別ランディングページの事例まとめサイト8選

ランディングページ制作をプロに依頼する場合

依頼

最後に、「 どの方法でランディングページを作成するか 」を3パターンで紹介します。
まず、初めてのランディングページ作成であれば、制作会社に依頼するのが一番安心できると言えます。

その際、ランディングページ制作の外注費用は、下記2点によって全く異なります。
・どこまでの作業を依頼するのか
・どこに依頼するのか( 大手制作会社 / 小中規模の制作会社 / フリーランスetc )

通常ランディングページを制作する際の流れとなる「 企画 → 構成 → デザイン → コーディング 」の全てを制作範囲とした場合は、1ページで10~70万円ほどが相場だと言われています。

中でもフリーランスやLP制作に特化した会社などであると、HP制作などと幅広く担っている会社に比べ、制作費用が抑えられる場合が多いです。

【制作会社に依頼する場合の相場表】

目的 相場費用 発注先 必要な作業 納期
安い費用のLPを作成したい 10万円以下 フリーランス ・戦略設計

・原稿作成

・公開後の対応

約1週間~1ヶ月
デザインに少しこだわりたい 10~30万円 フリーランスまたは

中小規模の制作会社

・戦略設計

・原稿作成

・公開後の対応

約2週間~2ヶ月
コンテンツや構成にもこだわりたい 30~50万円 中小規模の制作会社 ・公開後の対応 約1ヶ月~2ヶ月
マーケティングに強い本格的なLPを作成したい 50万円以上 大手制作会社 なし(やってもらえる) 約2ヶ月~3ヶ月

どこへ外注するかを選ぶ際には、

純粋に費用が安ければいい!というものではありません。ランディングページは作って終わりではなく、運用をスタートしてからどれだけ多くの成約に繋げることができるかが重要ですよね。

費用が高い場合、戦略からアフターフォローまで親身に対応してくれるなどメリットもたくさんありますので、まずは自社における上記のポイントを整理してみましょう。

制作会社に依頼する際の費用相場について詳しく知りたい方はこちらの記事もチェックしてください。

【相場早見表あり】ランディングページ制作の費用相場を徹底解析!

ランディングページ作成ツールを利用して自社で作成する場合

ランディングページ

制作会社に依頼するとなると、安くても10万円以上の費用がかかる上、後々修正するとなると更に費用がかさむ可能性も。

低コストで、修正も自社ですぐに対応できるランディングページを作成したい方は、「 ランディングページ作成ツール 」の利用をおすすめします。

メリット① 無料または低コストで作成&運用可能!

制作会社に依頼した場合、様々な初期費用、制作費用だけに留まらず、維持管理費なども毎月発生します。LP作成ツールを利用すれば、少し贅沢に有料プランを選択したとしても、毎月1,000円〜2,000円ほどの費用でLPが作成・運用できます。上手く機能しなくても、費用面でのダメージはかなり少ないと言えます。

メリット② プログラミングやデザインの知識が必要ない!

本記事で紹介するLP作成ツールには、HTMLなど難しい知識は全く必要ありません。テンプレートを選択して必要な画像や文章を当てはめていくだけで作ることができます。

中にはAIがあなたの求めるイメージから自動でLPを作成してくれるという、驚きのサービスまで存在します。デザインセンスに自身のない人も、プロが作ったかのようなページを簡単に作れてしまいます

メリット③ 自分たちでページ内容を変更・修正できる!

制作会社に依頼した場合は、修正を指示したり対応してもらうのに時間や手間がかかってしまいます。しかしLP作成ツールを利用すると、初めにLPを作成して終わり。

ではなく、作成後も不備や変更したい部分があれば自分たちですぐ修正する事ができます。後々の作業を考えると、自分たちで作成するメリットは多いと言えます。

今回は、おすすめのツールを3つ紹介します。

まず簡単に作ってみたいなら!
「 ペライチ 」

ペライチ

画像出典元:「 ペライチ 」公式HP

「 ペライチ 」は日本製の作成ツールです。日本人に馴染みやすいインターフェイスとなっており、60種類以上のテンプレートから選んだ後はテキストと写真を入力するだけで直感的にランディングページを作れてしまいます。無料プランでは1ページのみの作成ができるので、初心者の方におすすめのツールです。

→ 「 ペライチ 」公式HPはこちら

AI機能で自分のLPイメージを具体化したいなら!
「 シンドゥー 」

画像出典元:「 シンドゥー 」公式HP

「 ジンドゥー 」は世界中で170万人以上もの人が利用している人気ツールです。いくつかの質問に答えるだけで人工知能AIがその要望を汲み取り、あなたにとって最適なページを自動で作成してくれるという驚きのサービスまで兼ね備えています。簡単に高度なデザインを実現してくれるので、デザインで悩んでいる方には特におすすめです。

→ 「 ジンドゥー 」公式HPはこちら

オリジナルのLPを作成するなら!
「 studio 」

画像出典元:「studio」公式HP

「 studio 」ではもちろんテンプレートの利用もできますが、テンプレートを利用せず自分で考えたデザインをそのままコードに変換することもできるという、デザインの自由度の高さが特徴です。また、共同編集ができるのもポイント。個性が光るオリジナルなデザインを作成したい方、誰かと共同で作業が必要な方におすすめです。

→ 「 studio 」の公式HPはこちら

ランディングページ作成ツールの詳細や、他のツールについても見てみたい方はこちらの記事をチェックしてください。

【2020年版】おすすめの無料簡単LP作成ツール8選を徹底比較!使うべきツールが分かる!

WordPressを利用して自社で作成する場合

ワードプレス

また先ほど紹介したツール以外にも、オウンドメディアなどでお馴染みの「 WordPress 」でもランディングページを無料で作成することができます。選択するテーマ次第で、どのような商品・サービスのプロモーションにも対応できます。

有料と無料のテーマがあり、それぞれメリットデメリットがありますが、シンプルで時間をかけずにランディングページを作りたいという事であれば無料テーマ、プロが作ったようなクオリティを求める方は、有料テーマの利用をおすすめします。

また、作成中に「 こんなことできないかな? 」と思った時は、「 プラグイン 」と呼ばれる機能拡張ツールを利用すると、効率的に楽しく作成を進めることもできますよ!

ただし、こうした分野の知識がある方や、実際にWordPressをウェブサイトの編集などで利用したことがある方にはハードルはそこまで高くないと思いますが、「 WordPressってそもそもなに? 」という方であれば、先ほどの作成ツールを利用する方が簡単にランディングページを作成できるかもしれません。

もし、WordPressでの作成も視野に入れている方は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。作業手順やおすすめのテーマ、プラグインも紹介しています。

【2020年最新版】WordPressで簡単にランディングページを作成できるテーマ9選

まとめ

ランディングページ

さて、いかがだったでしょうか? 今回は、ランディングページの作り方について下記項目についてそれぞれお伝えしてきました。

・LPの特徴
・LP作成の手順と重要なポイント
・LP作成時に注意点するべき点
・参考になるLPのまとめ事例サイトの紹介
・どうやって作成するか(制作会社に依頼 / 自社で作成)

以前は、ランディングページの作成には、HTML・CSS・JavaScriptなどの知識が必要になりましたが、今では様々なランディングページ作成ツールがリリースされているため、そうした知識がなくても簡単にランディングページを作れる時代になりました。

低コストで改善も自社で行えるため、そのメリットはとても大きいです。

まずは本記事で紹介した「 ランディングページ作成の手順 」を参考に自分が作りたいランディングページのイメージを明確にして、ランディングページ作成ツールを使って作れるかどうかを検討してみるのはいかがでしょうか。

Her'sにお任せください!

Webコンサル

Web集客に特化した弊社には優秀なエンジニアやマーケターが多く在籍しているためHP/LP製作、広告、コンサルを1社で完結させることができます!

Wantedly運用代行

Her'sには「WEBx採用」に特化したWebマーケターが多く在籍し、Wantedlyの運用を行っています。会社ランキング6位になった実績を持つ弊社が責任を持って運用します!

MEO対策

MEO対策は、SEO対策より短期間で上位表示が可能で集客効果が高いです。費用もリーズナブルですのでぜひHer'sにお任せください!

            お問い合わせはこちら

Her'sにお任せください!

Webコンサル

Web集客に特化した弊社には優秀なエンジニアやマーケターが多く在籍しているためHP/LP製作、広告、コンサルを1社で完結させることができます!

Wantedly運用代行

Her'sには「WEBx採用」に特化したWebマーケターが多く在籍し、Wantedlyの運用を行っています。会社ランキング6位になった実績を持つ弊社が責任を持って運用します!

MEO対策

MEO対策は、SEO対策より短期間で上位表示が可能で集客効果が高いです。費用もリーズナブルですのでぜひHer'sにお任せください!

お問い合わせはこちら


Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS