SNS

【インスタグラム】「メンション」とは「タグ付け」との違いは?

インスタグラムのストーリー画面に表示される「 @ 」から続くアカウントIDのことを「 メンション 」と呼びます。

本記事ではメンションの概要やタグ付けとの違い、知らない人から勝手にメンションされないための対策を解説。

メンション機能を上手に使いこなして、インスタグラムをさらに楽しむヒントにしましょう。

インスタグラムの「 メンション 」機能とは?

Instagram

まずはインスタグラムの「 メンション 」の意味や、よく似ている「 タグ付け 」との違いを解説していきます。

メンションの意味

インスタグラムの「 メンション 」とは、ストーリーズに投稿した写真・動画に関連するアカウントを紐づける機能のことを意味します。「 @ 」にアカウントIDが続く形で表示され、閲覧している人はメンションをタップすることで相手のアカウントへとアクセスが可能です。

タグ付けとメンションの違い

メンションと似た意味合いを持つ言葉に「 タグ付け 」があります。2つの言葉の違いについても見ていきましょう。

タグ付けも同様に投稿した写真・動画と関連性のあるアカウントを紐づける機能で、通常投稿に対する紐づけをまとめて「 タグ付け 」と呼びます。

タグ付けの種類としては「 写真・動画内にテキスト・スタンプを入力する 」「キャプションにテキスト入力する 」「 投稿のコメント欄にテキスト入力する 」の3種類が挙げられます。

メンションはあくまでストーリーズ内での紐づけを意味しており、中にはタグ付けのことを「 メンション 」と呼ぶ人も見受けられます。

メンションされた側にはDMが届く

メンションされた相手には、ストーリーの投稿とともに自動でDMが届きます。DMの内容としては、「 ストーリーズであなたについて書きました 」というメッセージと投稿へのリンクが表示され、このDMの送信を制限することはできません。メンションすれば必ず相手へは知られると認識しましょう。

メンションされた側はリポスト可能

メンションされた相手がストーリーを開くと、画面内に「 これをストーリーズに追加 」というボタンが表示されます。

また、届いたDM上にも「 ストーリーズに追加 」というボタンが表示されており、これらをタップすることでそのままリポスト投稿をすることが可能です。

また、この方法でリポストした場合、最初にメンションをつけて投稿した人へ自動的にDMが送信されます。

非公開アカウント( 鍵アカ )でもメンションできる

非公開アカウント( 鍵アカ )でもメンションを付けてストーリーを投稿することができ、反対に非公開アカウント( 鍵アカ )を他のユーザーがメンションすることも可能です。

後者の場合、メンションをタップして非公開アカウント( 鍵アカ )のプロフィールに飛んでも、フォローが承認されない限り投稿を見られる心配はありません。

また、フォロー外の非公開アカウント( 鍵アカ )がメンション機能を使うと、メンションされた側へはDMが届かない仕様になっています。

インスタグラムでメンションを使うメリット

メリット

インスタグラムのメンションを使うと、通常の投稿よりも付加価値が増えます。具体的にどんなメリットが得られるのか見ていきましょう。

お店やブランドを紹介できる

例えば食事やコーディネートを紹介する場合、メンションを付けることで「 どのお店に行ったのか 」「 どのブランドを愛用しているのか 」が分かり、閲覧する側にとってより価値のある投稿になります。

熱心に投稿を見てくれるファンを増やすには、「 可愛い! 」「 オシャレ 」などのインパクトを与えるだけでなく、「 この人の投稿は参考になる 」「 真似したい 」と思わせることも重要です。

コミュニケーションが深まる

一緒に投稿写真に写っている友人のアカウントをメンションすれば、ただ投稿するだけの時よりも交流が生まれ、インスタグラムを通してよりコミュニケーションを深められます。また、「 このブランドいいよね 」「 私もこのお店に行ってみたい 」などの共感も生まれやすいでしょう。

投稿の情報量が増えて質が高まる

前述したように、メンション機能を追加すると通常のストーリー投稿よりも情報量が増えます。これにより、より質の高い投稿に近づき、閲覧する側からの評価も高まりやすいでしょう。

ストーリーズでメンションする方法

スマホ 女性

続いて実際にインスタグラムのストーリーズでメンションする方法をご紹介していきます。メンションにはテキストを使う場合とスタンプを使う場合の2パターンがあり、いずれも簡単な操作なので手軽に取り入れてみましょう。

テキストを使ったメンション

まずはテキストを使ったメンションの付け方です。

1.画面右上にある「 Aa 」をタップして、テキスト入力画面へと移行します。

インスタ

2.半角「 @ 」の後に紐づけたいアカウントIDを入力すると、検索結果が表示されるため、その中からアカウントをタップして選択しましょう。

インスタ

3.入力されたテキストのメンションはフォントを変更することが可能です。下のボタンをタップしてお気に入りのスタイルを選びましょう。

インスタ

2.さらに画面上部にあるカラーボタンをタップすると、色も選択できるようになります。
こちらの画像では、一番左のスポイトマークをタップし、画像に映っているネイルの色を抽出しています。

インスタ

あとは通常投稿と同様に「 完了 」をタップすれば、アップロードした写真・動画にメンションが反映されています。

スタンプを使ったメンション

続いてスタンプを使ったメンションのご紹介です。テキストの時とデザイン性が異なり、よりアイコンのようなニュアンスが高まります。

1.画面右上の「 スタンプ( 四角い顔マーク )」をタップ

インスタ

2.「 @メンション 」と記載されたボタンをタップします。

インスタ

3.テキストの時と同様に「 @ユーザーID 」で紐づけたいアカウントを検索し、タップで選択します。

インスタ

4.選択したアカウントはこのようにボタンで表示され、タップしながらスライドさせることで、好きな位置に変更できます。

インスタ

固定機能を使ってオブジェクトを追従させる

インスタグラムのストーリーで動画を投稿する際、「 固定機能 」を使うとオブジェクトの移動に合わせてメンションスタンプが追従します。歩いている人物やアングルの変わる動画に使用すると便利でしょう。

方法はいたって簡単で、追従させたいオブジェクトの位置にメンションスタンプを移動させ、スタンプを長押しするだけです。画面下部に表示されたスライドバーで位置の微調整ができます。なお、この固定機能はインスタグラム内で撮影した動画でないと反映しません。

勝手にされたメンションは拒否できる?

× 女性

本来メンションは写真・動画に映っている人物・物のアカウントを紐づけるための機能。しかし、中には無関係なアカウントを勝手にメンションする人も少なくありません。

メンション機能を使ってアクセスを促し、外部リンクへとアクセスさせるスパム行為も存在します。

そこでここからは、勝手にメンションされたら拒否できるのか、あらかじめメンションを制限できないか、について解説していきます。

メンションはタグ付けのように削除できない

ストーリーズに使われたメンションは投稿者本人にしか削除できません。なお、通常投稿に埋め込まれたタグ付けは削除でき、キャプションやコメント欄に入力されたタグ付けも削除は不可です。

何度も一方的にメンションを付けるユーザーがいる場合、スパム行為・迷惑行為として後述する「 報告 」で通報するか、後述する「 制限 」でメンションできる相手を限定しましょう。

スパムアカウントの場合は「報告」からスパム報告

手あたり次第にメンションを付けてアクセス数を増やすスパム行為があります。スパムアカウントのプロフィールや投稿のキャプチャにURLなどが張られていても、アクセスしないように気を付けましょう。

スパムアカウントの可能性がある場合、該当する投稿の右上にある「 … 」やプロフィール画面右上の「 … 」をタップして、「 報告 」という項目から該当する内容を選んでいき、スパム報告をしましょう。

報告した後にインスタグラムの運営が内容を確認して措置を決定します。

プライバシー設定から事前にメンションを制限

「 プライバシー設定 」という項目からメンションできる相手を制限しておくと、知らない人から勝手にメンションするリスクを回避できます。

前述したように後からメンションを削除することはできず、報告しか手立てがないため、事前にメンションに制限をかけておきましょう。

1.プロフィール画面の右上にある「 メニューアイコン( 三本線 ) 」をタップします。

インスタ

2.一番上の「 設定 」をタップします。

インスタ

3.「 プライバシー設定 」をタップします。

インスタ

4.インタラクションに含まれる「 メンション 」をタップします。

インスタ

5.ここでメンションできる相手を制限します。「 フォローしている人 」もしくは「 誰にも許可しない 」のいずれかを選択しましょう。

インスタ

「 誰にも許可しない 」を選ぶとコミュニケーションの幅を狭めてしまうため、できれば「 フォローしている人 」を選択することがおすすめです。

メンションできない時に考えられる原因

原因解決

ストーリーでメンションしたいのにできない場合、複数の原因が考えられます。思い当たるものがないかチェックしてみましょう。

アカウント名が違う

「 @ 」に続くアカウント名の入力を間違えており、正しく検索できていないケースがあります。複雑なIDを設定している人もいるため、紙にメモを取るなどして慎重に入力しましょう。

相手がプライバシー設定から制限している

前述したようにプライバシー設定からメンションできる相手を制限することが可能です。「 フォローしている人 」に設定している場合、フォローされている人はメンションできません。

また、フォローの有無に限らず誰にもメンションできない設定にしている可能性もあり得るでしょう。

自身のアカウントに制限がかかっている

大量にメンション・「 いいね 」・コメント・フォロー・フォロー解除・DM送信などをすると、スパムアカウントとみなされて制限(ペナルティ)がかかることがあります。登録してあるメールアドレスに「 機能の一時停止 」というメールが届いていないか確認しましょう。

アカウント制限を受けると、メンションを始めとするアクションの一部が約24時間操作できなくなります。すぐに解除したい場合は、前述したメールに記載されている「 問題を報告する 」をタップして解除申請しましょう。

なお、大きな違反行為が原因の場合は、最大で5日間ほどアカウントのロックを受ける可能性もあります。

インスタグラムの不具合

インスタグラム側の不具合が原因で、色々な機能が使えなくなるケースがあります。この場合、他にもメンションができなくなっているユーザーが出ている可能性が高いため、ツイッターなどで検索してみましょう。

また、「 いいね 」やコメントなどのアクションに比べてメンションに関する情報は出回りにくいため、不具合の可能性を想定して1日程度時間を置いてみることもおすすめです。

相手にブロックされている

メンションしたい相手にブロックされていると、メンションを付ける際の検索結果に相手のアカウントが反映されません。また、ブロックされていると相手のプロフィール画面が見られなくなり、DMに既読がつかなくなるなどの特徴もあります。

メンションできる上限数に達している

一度のストーリー投稿でメンションできる人数は10人までとなっています。タグ付けの上限は20人なので、同じ感覚でアカウントを追加していたら上限に達していた、などのケースがあるでしょう。

複数のアカウントをメンションしている場合、何人メンションしているか数え直して選定しましょう。

インスタグラムのメンションを使って投稿の質を高めよう

会議

メンション機能を取り入れることで、インスタグラムの投稿はどんどん情報量が増し、質の高い内容になっていきます。

投稿を見る側の目線に立ったより良い投稿を実現するには、メンションを始めとする様々な機能の利用が欠かせません。

中にはメンションを使ってスパム行為をするアカウントもいるため、あらかじめメンションできる相手を制限しておくことも大切。

通常投稿のタグ付けやストーリーのメンションを活用して、さらにインスタグラムを充実させましょう。

consal

お問い合わせはこちら



Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS