MEO

Google マイビジネスのオーナー権限の重要性

今回は、「 Googleマイビジネスのオーナー権限の重要性 」についてご紹介いたします。

店舗経営者の方なら絶対に活用したい集客率アップ施策のGoogle マイビジネスですが、もう登録はお済みですか?

そして、Google マイビジネスに登録してみたけど、そのまま放置にしてはいませんでしょうか?

Googleマイビジネスに登録はしたけど、何もせずそのまま放置している人には是非最後まで読んでいただきたい内容です。

最後まで読了いただけますと、なぜGoogleマイビジネスを登録だけして、オーナー登録をせずに放置しておくことが危険か、またオーナー登録をすればどのようなメリットが得られるかを理解でき、またオーナー登録の確認の仕方から、登録方法までを理解することができます。

しっかりGoogle マイビジネスのオーナー権限について理解を深めていきましょう。

1.Google マイビジネスのオーナーの概要

Google マイビジネスのオーナーとは何かについて詳しく説明していきましょう。

1-1.Google マイビジネスのオーナーとは

Google マイビジネスのオーナーとは、当該のビジネスのオーナーであるかどうかということです。Google マップで検索した場合、下記のような表示(赤枠)を見たことはありませんでしょうか?

あなたがもし店舗経営者でGoogleマイビジネスに登録しているなら、ビジネスオーナーとして登録できます。

そして、Google マイビジネスのビジネスオーナーとして登録すれば様々な権限が得られるので、よりGoogleマイビジネスを効果的に活用して集客につなげることができます。 

1-2.Google マイビジネスのオーナー権限とは

では、ビジネスオーナーとして登録すれば、どのような権限が得られるのでしょうか。

まず、Googleマイビジネスには「 オーナー(ビジネスオーナー) 」「 管理者 」「 サイト管理者 」の3つの管理者権限が存在します。

その3つの管理者権限のうちのオーナーとして登録すれば、あなたの店舗のビジネス情報をGoogleマイビジネスにおいてすべての権限や編集権を保持することができます。

またビジネスオーナーだけが、Googleマイビジネス上で、他の管理者の追加や削除を行うことができたり、Google マイビジネスのアカウントそのものの削除も行うことができます。

1-3.Google マイビジネスのオーナー確認とは

Googleマイビジネスの情報は、店舗経営者が登録をする場合もありますが、それ以外は、店舗経営者からGoogle に依頼された作成されたものではなく、インターネット上の情報をGoogle がかき集めて、自動的に作成しています。

そして、全世界にある無数の店舗を一軒ずつ、Googleの社員が訪問して、ビジネス情報の整合性を確かめているわけではありません。

また、Google ポリシーでペナルティーもありますが、第3者による情報の提供を制限することはなかなか厳しいのが現状です。

そこで、オーナーの確認を行うことで、Google が提供しているサービス上に、掲載されているビジネス情報の信憑性の精度をあげることに繋がります。

これは、本当の店舗経営者が自身の店舗のオーナーであることを確認することで、第3者があなたの店舗の経営者になりすましたりすることを防止する効果でもあります。

つまり、本当の店舗経営者に自身がビジネスオーナーであることを申告してもらい、Googleは、ビジネス情報の信憑性を保持し、偽のビジネスオーナーの存在を防止するためにできたのが、Google マイビジネスのオーナー確認なのです。

2.Google マイビジネスのオーナー確認のメリット・デメリット

では、ここからGoogleマイビジネスのオーナー確認をして得られるメリットとデメリットについて具体的に説明していきましょう。

2-1.Google マイビジネスのオーナー確認をして得られるメリット

Googleマイビジネスのオーナー確認は、GoogleにとってはGoogleマップの信憑性の精度がアップするので、Googleにとって好都合なことですが、Googleだけでなく店舗経営者にとっても三つのメリットがあります。

メリット1:ビジネス情報の編集や情報発信ができる

オーナーだけが唯一、ビジネス情報の編集や情報発信をすることができます。オーナー確認が完了すれば、投稿機能を使って商品やサービスの情報や写真、動画などを投稿したり、ユーザーからの口コミに対して返信することも可能です。

自社の店舗の情報を定期的に更新したり、ユーザーからの口コミに対して返信するなど、Googleマイビジネスを最大限活用するためには、必ずオーナー確認が必要だということです。

メリット2:ローカル検索結果の上位表示

Googleマイビジネスのオーナー確認を行うと、ユーザーがGoogle検索やGoogleマップ等のGoogleのアプリで行ったローカル検索結果にあなたのビジネス情報が上位に表示される可能性が高くなると、Google が公式に発表しています。

これは、オーナー確認によって、そのビジネスが実在していることを証明することにもなり、ビジネス情報のローカル検索結果のランキングが決定される「 関連性、距離、知名度 」の3つの仕組みの内の、関連性の条件に当てはまるからでしょう。

オーナー確認をして、ローカル検索結果で上位表示される可能性が高くなるのであれば、絶対にオーナー確認をするべきでしょう。

参照
https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

2-2.Google マイビジネスのオーナー確認をしなければ出てくるデメリット

まず、上記のメリットを読んで、オーナー確認をしない人はいないかと思いますが、絶対にオーナー確認は必要です。

オーナー確認をしなければ、様々な危険が待ち受けているかもしれません、場合によってはあなたのビジネス そのものを脅かす要因が出てくる可能性さえもあります。

デメリットをしっかり把握して、必ずオーナー確認をしましょう。

デメリット1:あなたのGoogle マイビジネスのアカウントが乗っ取られる危険性

オーナー確認をしなければ起こりえるもっとも最大の危険な問題は、あなたのGoogle マイビジネスが第3者に乗っ取られる危険性があるということです。

Google は、オーナー確認ができるのはそのビジネスの所有者のみと定めていますが、実は、全く知らない第3者があなたのビジネスの所有者になりすまして、オーナー確認を完了してしまうということもありえるということです。

あなたがそのビジネスの所有者(オーナー)であるにも関わらず、オーナー確認をしないで放置していると、知らないうちに第3者があなたのビジネスのオーナー確認を行い、
Google マイビジネスのアカウントを乗っ取り、最悪の場合にはあなたのビジネスにとって都合の良くない情報などを勝手に投稿して、営業妨害をするかもしれないという可能性があります。

もしアカウントが乗っ取られた場合は、Googleに申し立てを行うことが可能ですが、瞬時にオーナーを変更することは難しくオーナー変更が完了するまで時間がかかります。

つまり、変更が行われるまでのその間、営業妨害をされている状態になります。

もっと言えば、競合他社の第3者がGoogle マイビジネスのアカウントを乗っ取る可能性も無きにしもあらずということを認識しておきましょう。

デメリット2:悪質なユーザーの口コミへの対応ができない

勝手にあなたのビジネス情報を変更してしまう悪質なユーザーも存在します。

例えば、勝手に営業時間を変更したり、閉業、最悪の場合ビジネス情報自体の削除をすることさえもありえます。

そして、あなたのビジネスに悪影響を及ぼす写真などの投稿をされる可能性もあります。

また、悪質なユーザーが、事実に反する誹謗中傷などの口コミを行った場合も、オーナー確認をしていなければ、Googleへの申し立てもできず、 何の対処もすることができません。

そもそもオーナー確認を行わなければ、Googleマイビジネスの編集はできません。つまり、あなたがきちんとオーナー確認を行っていれば、こういったデメリットは防げるということです。

3.Google マイビジネスのオーナー確認の方法

では、どのようにしてオーナー確認ができるのか具体的に説明していきましょう。

まずオーナー確認をするためには、Google のアカウントID(メールアドレス)とそのパスワードが必要になります。

Google のアカウントID(メールアドレス)とそのパスワードがなければ、オーナー確認は行えませんので、Google のアカウントIDがない場合は必ず取得するようにしてください。

オーナー確認の方法

①Googleマップで自社の店舗情報を検索します。
赤枠の「 ビジネスオーナーですか? 」と記載されている部分をクリックします。

②「 管理を開始 」をクリックします

③確認方法を選びます。

オーナー確認の方法は、ビジネスによって選択肢が異なります。

一般的には、 電話か、はがきによる郵送オーナー確認が多い傾向ですが、一部のビジネスでは、電話のテキスト メッセージ(送信する)、メール、または Google Search Console などでオーナー確認を行える場合もあります。

それぞれの確認方法について説明していきましょう。

■電話によるオーナー確認の場合

「 電話で受け取る 」という選択肢が表示されている場合のことを指します。

電話でオーナー確認をする場合は、Google の自動音声システムから電話がかかってきます。電話を受信して、自動音声で流れてきたオーナー確認コード(数字)を聞き取り、Googleマイビジネスの登録画面に入力することで、オーナー確認が完了します。

ポイント

①電話番号が間違っていないかを確認
「 電話で受け取る 」を選択した際は、そこに記載されている電話番号が自社の店舗の電話番号かどうか必ず確認してください。

②電話が受信できる場所にいること
「 電話で受け取る 」を選択した際は、数秒後にGoogle の自動音声システムから電話がかかってきますので、すぐに電話を受信できる場所にいるようにしましょう。

③海外からの着信でも受信できるようにする
Googleの自動音声システムは、海外からかかってきますので、海外からの電話も受信できるように設定をしておきましょう。
ただ、電話回線によっては海外から着信できない場合があります。ご使用中電話回線が海外からの着信ができるかどうか確認しておきましょう。

もし、海外からの着信ができない場合は電話以外の他の選択肢を選ぶようにしてください。

■電話のテキストメッセージでオーナー確認をする場合

Googleマイビジネスでスマートフォンの電話番号を登録している場合、SMS(ショートメッセージ)にオーナー確認コード(数字)が届きます。

■メールでオーナー確認をする場合

Google マイビジネスに登録されているメールに、確認コードが送信されます。

ポイント

①メールアドレスが間違っていないかの確認
登録しているメールアドレスが間違いないか確認しましょう。

②メールアドレスを自由に変更できない
確認コードを受信するメールは自由に変更できません。

■ハガキでオーナー確認をする場合

ハガキでオーナー確認を行う場合は、Google マイビジネスで登録した住所にはがきが郵送されます。ハガキは2週間ほどで到着します。ハガキが到着したらすぐに、ハガキに記載されているPINナンバー(確認コード)をGoogleマイビジネスで登録しましょう。

ポイント

①店舗住所とビジネス名が間違っていないかの確認

基本的に店舗の住所地以外の場所には、はがきは郵送されません。必ず、ハガキで確認コードを依頼する前に、Googleマイビジネスに登録した住所に間違いないか確認しましょう。

またその際にビジネス名が間違って登録されていないかも注意しましょう。

ハガキが届くまでは、Google マイビジネスのビジネス情報の内容は変更しないようにすることがおすすめです。

②確認コードの有効期限は30日間

ハガキに書かれた確認コードの使用期限は30日間となっています。ハガキが届いたらできるだけ早くオーナー確認をするようにしましょう。

③ハガキの紛失や確認コードの有効期限切れの場合

ハガキを紛失してしまったり、ハガキに記載されている確認コードの30日の期限がきれてしまった場合は、再度確認コードの申請が必要になります。

④2週間以上経ってもハガキが到着しない場合

2週間以上経過してもハガキが届かない場合は、再申請せずに、GoogleマイビジネスのヘルプページからGoogleに問合せをしましょう。

Googleへの問い合わせ方法

①Googleマイビジネスのヘルプページを開く。
https://support.google.com/business/gethelp

② お問い合わせの「 ①はじめに 」のところにオーナー確認と入力して、「 次のステップ 」をクリックします。

③「 ハガキが届かなかった 」をクリックすると、詳しい内容が書かれていますので、読んでみましょう。

④「 次のステップ 」をクリックします。

⑤「 メール 」をクリックします。

⑥必要な項目を入力して、送信をクリックします。

1)名前
2)Googleマイビジネスで登録しているEメールアドレス
3)ビジネス名
4)あなたのGoogle マイビジネスのURL
5)情報を共有することに同意にチェック
6)居住国
7)電話番号
8)指示通りの写真を3枚~5枚を添付します。
9)情報があれば記入します。
10)ビジネスオーナーを選択しましょう。
11)関連ケース IDがあれば記入しましょう。

■Google Search Consoleでオーナー確認をする場合

Google Search Console であなたの店舗のWebサイトを登録している場合は、オーナー確認のための確認コードなしに、オーナー確認はすぐにできます。

Googleマイビジネスの管理画面にログインします。

確認コードを入力する欄を表示されるので、入手した確認コードを入力すれば、これでオーナー確認は完了です。

4.オーナー確認ができない場合の対処方法

 

実は、オーナー確認ができない場合もあります。想定される状況は、5つあります。

オーナー確認ができない原因とその対策について説明していきましょう。

4-1.Google マイビジネスにログインできない場合

Googleマイビジネスにログインするためのユーザー名とパスワードを忘れてしまった場合は、Googleマイビジネスログインすることができません。つまり、オーナー確認もできません。

Googleマイビジネスのユーザー名とパスワードは、GメールなどのGoogleのアカウントで使用しているユーザー名とパスワードと同じものです。

Googleのアカウントの復旧作業を行えば、ユーザー名とパスワードが入手できますし、Google マイビジネスへもログインできるようになります。

■ユーザー名が不明の場合

①Googleのログインページを開き、「 メールアドレスを忘れた場合 」をクリックします。

②Googleアカウント作成時に設定した、再設定用のメールアドレスか、電話番号を入力して、「 次へ 」をクリックします。

③Google アカウントを作成時に登録した氏名を入力して、「 次へ 」をクリックします。

④「 送信 」をクリックします

メールアドレスを入力した場合は、メールアドレス宛に確認用のコードが送信されます。

電話番号を入力した場合は、電話にて確認用のコードがお知らせされます。

4-2.Googleマイビジネスで確認コードの入力欄の表示がない

Googleマイビジネスにログインして、入手した確認コードを入力しようとしたけど、入力する箇所が見当たらないというケースのことです。

まず、Google マイビジネスにログインする際に、確認コードを取得するときに使用したGoogleのアカウントでログインしているかどうか再度確認しましょう。

それでも確認コードの入力欄が表示されない場合は、Googleマイビジネスのヘルプサポートに問い合わせしてみることをおすすめします。

4-3.自分の店舗のオーナー確認を他人がすでに完了している場合

自分の店舗にも関わらず、勝手に他人がすでにオーナー確認している場合、自分が登録しようとしてもできません。

この場合は、今現時点でオーナーとして登録している人に、「 管理者権限のリクエスト 」を行うことができます。

その場合は、下記のような表示になっていますので、「 アクセスに関するリクエスト 」をクリックします。

入力フォームが表示されますので、必要事項を正確に入力して送信してください。その内容は、現在オーナーとして登録されている人にオーナー管理者の権限を移行してもらうことを最速する内容が送信されます。

また、Googleからも確認のメールがあなたに送信されます。

■リクエストが承認された場合

リクエストが承認されますと、あなたがオーナーとして登録ができます。

■リクエストが拒否された場合

拒否されたリクエストに対してGoogleに異議の申し立てができる場合もあります。

ヘルプサポートページからGoogleに問い合わせが必要になります。

■返信がない場合

7日間を経過しても返信がない場合は、あなたがオーナーとして申請できることもあります。まず、Google マイビジネスにログインし、ダッシュボードに表示される 「 申請する 」 もしくは、 「 確認 」ボタンをクリックしてください。

オーナー確認が完了すれば、あなたがGoogle マイビジネスの管理者権限を保有することになります。

まとめ

オーナー確認が重要であることをご理解いただけたのではないでしょうか。

Googleマイビジネスに登録したけれど、オーナー確認はまだ完了していないという店舗経営者の方は、今すぐオーナー確認を行うことをおすすめします。

オーナー確認をしなければ、メリットはなく、デメリットが増えるだけであなたのビジネスに悪影響が出る可能性が高いです。

できるだけ早くオーナー確認を完了させ、Google マイビジネスを最大限活用させ、集客を成功させていきましょう。

ご相談無料
MEO・Googleマイビジネスなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS