SEO

【SEO対策】被リンクって何?良質な被リンクの集め方から悪質な被リンクへの対策まで解説

SEOについて学んでいると「 被リンク 」という言葉をよく耳にすると思います。

被リンクというと良いイメージを持つ方が多いと思いますが、そもそも被リンクとはどういったものなのでしょう。

今回は被リンクとは何かという初歩的な部分から、被リンクの種類、活用するコツ、危険性まで丁寧に解説していきたいと思います。

被リンクに関する便利ツールも紹介するので、ぜひ最後まで見ていってください。

被リンクとは

人

被リンクとは、外部サイトから自サイトに設置されたリンクのことで、「 バックリンク 」「 外部リンク 」とも呼ばれます。

被リンクが貼られたということは、自分のWebページが他サイトでリンク付きで紹介されたということです。

例えば、あるユーザーが自サイトの記事に共感し、ブログにリンク付きでその記事を紹介した場合、自サイトのページに被リンクが貼られたと言えます。このように紹介されることで被リンクを獲得します。

他にも、コンテンツの内容が引用されて出典として明記された場合や、コンテンツについて言及された場合などに被リンクが設置されることが多いです。

SEOにおいて被リンクが重要視されるのは、Googleが被リンクを評価基準の一つにしているからです。ユーザーから数多く紹介されているということは、それだけ価値のあるコンテンツであると判断されます。

被リンクの種類

free

被リンクは多ければ多いほどいいというイメージを持っている方も少なくないと思いますが、実はそうではありません。

被リンクには良質なものと悪質なものがあり、悪質な被リンクを貼られてしまうと自サイトの評価が下がってしまう恐れがあります。

良質な被リンクと悪質な被リンクを見分ける方法を確認しておきましょう。

良質な被リンク

良質な被リンクとは、自サイトのコンテンツが良質であったために獲得することができたリンクのことで、あくまで自然に獲得したリンクを指します。

具体的に言うと大手企業などの信頼できるサイトからのリンクや、自サイトと関連した情報を載せているサイトからの被リンクなどが多いです。

私達が、芸能人が紹介していた商品を信頼するように、検索エンジンも良質なサイトが紹介するサイト=良質なサイトと判断する傾向にあります。もちろんそれだけではありませんが、評価基準の一つになっていることは確かです。

悪質な被リンク

悪質な被リンクとは、質の低いサイトからのリンクや不自然なリンクのことを指します。

具体的には、自サイトと全く関連性のないサイトからのリンクや、インデックスされていないページからのリンク、
コンテンツとは異なる言語からのリンク、中身のないサイトからのリンクなどが多いです。

アダルト情報が含まれているサイトや自動生成したような体裁のコンテンツにも注意が必要です。

以前は被リンクの数が多ければ多いほどいいとされていたため、企業が業者から被リンクを購入して自作自演を行っていました。

そのため、不自然なリンクや低質なサイトからのリンクが大量に存在していましたが、2012年に行われた検索エンジンロジックのアップデートにより、このような行為は規制されるようになりました。

このアップデート以前にSEO業者に依頼して購入した被リンクがまだ残っているという方は削除しておくようにしましょう。

アップデート前に貼ったリンクであっても、現在は低質なリンクと判断されてしまいます。

悪質な被リンクが貼られるとGoogleからペナルティを課され、最悪の場合、検索結果に表示されなくなってしまう恐れがあります。

良質な被リンクを得る方法

free

良質な被リンクは、自サイトの評価につながるということが分かったかと思います。

では、良質な被リンクを獲得するにはどうしたらいいのでしょうか。具体的な方法を見ていきましょう。

コンテンツの質を高める

良質な被リンクを得るための最も基本的な正攻法は、自サイトのコンテンツの質を高めるということです。

良質なコンテンツを制作するには、ユーザーの検索意図を汲み取ることや、情報を網羅すること、他サイトにないオリジナリティを出すことが大切です。

ユーザーが検索機能を使うときは、知りたい・買いたい・行きたい・解決したいなどの意図があります。これらの要望を満たすようなコンテンツを目指しましょう。検索エンジンの評価を上げるには、ユーザーのニーズに応えることが一番の近道です。

情報の網羅性は、コンテンツの質を高める重要な要素になります。

例えば、「 コロナ マスク 」というキーワードでコンテンツを制作する場合、マスクによるコロナウイルスの予防効果や、マスクをしていなかったときとの比較、おすすめの商品、最近売れている商品、購入できるサイト、価格相場など関連する情報をできるだけ網羅していきます。

そうすることで、ユーザーはこのサイト一つで全てを解決することができ、密度の高いコンテンツになります。

引用ばかりのサイトやコピペのような内容ばかりのサイトは質の高いサイトとは言えません。他サイトにないようなオリジナルの情報を付け加えることが大切です。

同じ情報でも、独自の分析や考察を盛り込むことでオリジナリティが生まれるので工夫してみてください。

関連記事:コンテンツSEOとは?基礎知識から作業手順まで徹底解説

読みやすく分かりやすい構成

コンテンツを制作する際は、ユーザーが読みやすい構成を心がけましょう。分かりやすい見出しがついているか、文章の構成がしっかりしているかなど読み手になったつもりで制作することが大切です。

まず、要点を書き出して必要な部分を整理します。必要だと思う要素を洗い出したら、一度見直して不必要な情報はないか、逆に不十分な要素はないかなどチェックしましょう。

次に見出しを設定していきます。記事のタイトル、記事の見出し、小見出しなど文章を書き始める前に全て組み立てておくことをお勧めします。

そうすることで内容の重複や要素漏れを防ぐことができ、執筆もしやすくなります。見出しにはその中身が何かということを分かりやすく簡潔に示すようにしましょう。

また、コンテンツの構成に関わるhタグの使い方にも注意が必要です。

hタグは見出しを表すタグで、コンテンツの内容を階層化する役割があります。

h2がないのにh3を使ったりh2→h1という順番で使ったりせず、h1~h5までの見出しを正しい順番で使用しましょう。

関連記事:SEOに強いブログ記事の書き方の手順と12のコツ

SNSの活用

実はSNSでリンクをシェアされても、直接SEO効果を得ることはできません。

しかし、SNSによって話題性が高められることで、間接的に影響し、被リンクを得られることがあります。

例えば、SNSによって拡散された情報が様々な人の目に留まり、ブログなどの記事で紹介されることがあります。

個人のユーザーだけでなく、メディアや関連企業に取り挙げられれば、良質な被リンクを獲得することができます。

SNSで話題を呼ぶには、面白い、驚いた、感動した、役に立ったなど見た人の感情を動かすような内容にすることがポイントだと言えます。

実際のコンテンツは情報の網羅性や検索意図に応えているかという点が大切ですが、SNSに投稿する際は、つい目に留まってしまうようなインパクトを重視しましょう。

また、自サイトのコンテンツの内容やテーマに近いユーザーにアプローチするために、関連性のあるフォロワーを増やすことをお勧めします。例えばSEO業者であれば、SEO関連のユーザーや個人事業主、ブロガーさんなどがフォロワーにいると有利であると言えます。

広告の活用

ユーザーを自サイトへ誘導し、被リンクの獲得につなげるための手段として、有料広告を利用するという方法があります。

有料にはなってしまいますが、自サイトに訪れるユーザーの数が増え、多くの人の目に留まるようになることで、単純に被リンクを貼られる可能性が高くなります。

SEO対策をしているのに広告にお金をかける必要があるのかと思う方もいるかと思いますが、上位表示できていない時期などに自サイトへの訪問者を増やすには効果的な方法であると言えます。

有料広告には「 Googleアドワーズ広告 」「 Yahoo!プロモーション広告 」「 Twitter広告 」「 Facebook広告 」などがあります。

Googleアドワーズ広告はGoogleの検索結果やGoogleアドワーズと提携しているサイトの広告枠に広告を載せることができます。料金体制はクリック課金制になるので、比較的低予算で始められ、クリックされなければ無駄なコストを払う必要がないのでお勧めです。

Yahoo!プロモーション広告はYahoo!の検索結果やトップページのディスプレイに広告を載せることができます。

これもGoogleアドワーズと同様、クリック課金制のため初期費用がかかりません。

Twitter広告はTwitterのタイムラインに表示できるインフィード広告です。インフィード広告は一般のツイートと同じ構成で表示されるため、広告感がなくユーザーの目につきやすいのが特徴です。

こちらもクリックやフォロワーの増加などの成果に応じた料金体制となっています。

Facebook広告はFacebookのストーリーズやフィード面に配信する広告で、Instagramにも広告を配信することができます。Facebookは他のSNSに比べてユーザーの登録している情報が正確であるため、ターゲットを絞り込みやすいのが特徴です。広告の表示数やクリック数ごとに費用が発生します。

このように有料広告といっても成果に応じた料金体制のものが多いため、一度試してみるといいかもしれません。

関連記事:集客にはどっちが有効?SEOとリスティング広告の違いや使い分け方を大公開!

被リンクの注意点

5本の指を出している写真

被リンクはSEOにとって重要な要素であるがゆえに注意しなければならない点がたくさんあります。

今回は特に注意しておきたい初歩的な注意点をいくつか紹介します。Googleからペナルティを受けることがないようにチェックしておきましょう。

被リンクを購入しない

2012年にペンギンアップデートが行われて以降、関連性のないサイトや中身のないサイトからの大量のリンクはペナルティを課せられるようになりました。

実際に、業者からリンクを購入したらペナルティを受けたという事例は少なくありません。Googleはこうしたリンクのチェックを厳しくしているため、リンクを購入することは非常にリスクの高い行為だと言えます。

また、こうした被リンクを販売している業者の中には、悪徳業者が多いのも事実です。低質なリンクを売りつけられ、
ペナルティを解除するために削除を依頼したいが連絡がつかないといったケースがいくつも報告されています。

このようにリスクをおかしてリンクを買うのではなく、中身のあるページを自作して勝負することをお勧めします。

隠しリンクを設置しているページを避ける

隠しリンクとは、ユーザーに発見されにくいように設置されたリンクのことで、検索順位を上げるために用いられることがあります。

主に、文字の色と背景色を同じにしたり、フォントサイズを0にしたり、文字を画像の後ろに置いたりなどしてリンクを設置する手法が使われます。

Googleはこうした意図的な隠しリンクを禁止しており、違反を検知するための技術も年々高くなっています。近年ではこうした違反は見つかりやすく、ペナルティを受ける可能性が高いです。

自サイトの被リンクの中に隠しリンクのあるページがあると、低質な被リンクのついたサイトとして評価が下がってしまう恐れがあるので注意しましょう。

隠しリンクを見つけるには、CSSファイルを確認したり、ページを全選択して背景と同一化したリンクを探したり、TABキーでリンクの貼ってある箇所を順番に探したりする方法が効果的です。

少々手間のかかる作業ですが、ぜひ一度試してみてください。

ワードサラダを利用しない

ワードサラダとは、文法としては正しくても意味としては破綻している文章のことです。そのよう文章はシステムが自動作成したもので、人間が作成したものではありません。

人間が読めば一目でおかしいと分かりますが、かつての検索エンジンのプログラムでは区別することができませんでした。そのため、ワードサラダを使って大量にリンクを作成し、サイトの評価を上げようとする方法が使われていました。

しかし、現在の検索エンジンはワードサラダをスパムであると判断できます。

現在もワードサラダを使ったサイトは存在しますが、SEO効果はなく、むしろサイトの評価を下げる恐れがあるので注意が必要です。最近ではワードサラダを使用する業者が少なくなりましたが、そのようなリンクを見つけたら削除するようにしましょう。

悪質な被リンクへの対処

free

被リンクを購入したり自作自演の被リンクを設置したりしていなくても、悪質な被リンクがついてしまうことがあります。長くサイトを運営しているページに勝手に被リンクがついていたという例は少なくありません。

意図的でない被リンクであっても、悪質なものと判断されれば検索順位を下げられるなどのペナルティを受けてしまいます。

また、悪質な被リンクをそのままにしておくと、そこから悪質なリンクが増えていく可能性があります。

そうならないために、定期的に被リンクのチェックを行い、悪質なものにはいち早く対処することが重要です。具体的な対処法を見ていきましょう。

リンクの削除を依頼する

付いてしまった被リンクを消すには、その被リンクのサイトの管理会社や管理者にリンクの削除依頼を申請する必要があります。

被リンクの管理者やサイトにメールなどで直接問い合わせ、リンクを削除してもらえるよう依頼しましょう。

しかし、依頼しても返信がなかったり、削除を断られてしまったりする例も少なくありません。悪質なサイトであれば、管理者が特定できない可能性もあります。

また、日本だけでなく、中国やアメリカ、ヨーロッパの国々など言語の異なる地域から被リンクが貼られていることがあり、削除依頼が困難な状況も考えられます。

翻訳アプリを使って依頼メールを送るという手もありますが、削除したい被リンクの数が多くなると作業効率が悪くなってしまいますよね。

そこで用意されているのが次にご紹介するリンクの否認という方法です。

リンクを否認する

被リンクを削除するもう一つの方法として、Googleに依頼してリンクを否認するという手段があります。

Googleが提供している無料SEOツールを利用し、リンクを否認することで、否認した被リンクを自サイトの評価対象に含ませないようにする方法です。

上で述べたように削除依頼は効果がないことも多いため、実際のところリンクの否認によって被リンクを削除するケースがほとんどです。処理しなければいけないリンクの数が多い場合もこのやり方のほうが効率はいいと言えます。

使用するツールはGoogleサーチコンソールというツールです。無料であるため、ログインするだけで誰でも利用することができます。

やり方は、否認するリンクを選び、送信を押すだけです。ただし、否認するリンクを選ぶ際は慎重な判断が必要です。

低質なリンクや悪質なリンクを削除することは大切ですが、評価されていたリンクを否認してしまうと、逆に評価が下がってしまう恐れがあります。

被リンクチェックツールを利用するなどして、被リンクの性質を慎重に見分けましょう。ツールについては次で詳しく紹介します。

被リンクチェックツール

free

ここでは、良質な被リンクと悪質な被リンクを見分けるための被リンクツールについてご紹介していきます。

被リンクの情報を管理することは自サイトの評価を管理することにつながります。自分の目的に合ったツールを選んで活用しましょう。

Google Search Console

Google

参照:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

Googleサーチコンソールは、先ほどから紹介しているように、Googleが提供している無料のSEOツールです。

被リンクを獲得したページやページ別の被リンク数、被リンク元のドメイン、検知した日付などを調べることができます。サイト内のエラーチェックなどを行えるのも特徴です。

また、前に述べたようにGoogleに被リンクの否認を依頼する際に使用するなどGoogleへの依頼に使われるツールでもあります。

その他にも検索順位やクリック数、どのようなキーワードからユーザーが自サイトを訪問したのかなどの情報を確認することが可能です。悪質な被リンクなどが原因でGoogleからペナルティを課された場合の通知もここに届きます。

SEOには欠かせない基本的なツールなので、ぜひ使ってみてください。今は必要ないという方も一度使い方を見てみるといいと思います。

Googleアナリティクス

Google

参照:https://analytics.google.com/analytics/web/provision/#/provision

Googleアナリティクスもサーチコンソールと同様、Googleが提供している無料SEOツールです。

主にサイトを訪れたユーザーについての情報やサイト内の回遊率、コンバージョンなどを知ることができます。

ユーザーの属性について知ることができるのが大きな特徴ですが、被リンクについて調査することも可能です。

サーチコンソールに比べると少ないですが、被リンク元のページや被リンク元のドメインなど基本的な情報は知ることができます。

また、被リンクからどれくらいの人が流入してきたのかということも知ることができるので、良質なリンクか低質なリンクか判断する際に役立つと言えます。

これもSEOに関わる人には必須となってくるツールなので、ぜひ一度使ってみてほしいと思います。

Ahrefs

Google

参照:https://ahrefs.jp/

Ahrefsは、世界最大級の有料SEOツールです。個人だけでなく、多くの企業やSEO業者が利用していると言われています。

被リンクの数や推移、ページランク、ドメインランク、ドメインの数と推移など被リンクについての様々な情報を得ることができます。他サイトからの被リンクの動向をリアルタイムでチェックできるのも特徴です。

その他にもキーワードについての調査やSNSでのシェア数の調査、サイトの問題点の調査なども行うことができます。自サイトだけでなく、競合サイトの順位変動やキーワード、上位表示コンテンツなどを調査できることが強みと言えます。

無料ツールに比べると機能が多く、難易度も少し高いですが、これ一つでほぼ全ての機能が補えるため世界各国で利用されています。

月額99$から始められ、トライアル期間もあるので、総合的に利用できるツールが欲しいという方や本気でSEOに取り組みたいという方はぜひ使ってみるといいと思います。

まとめ

SEO

良質な被リンクの獲得の仕方や悪質な被リンクへの対処の仕方、被リンクチェックツールなどを解説してきましたが、
いかがでしたでしょうか。

被リンクはGoogleが公式に認めているSEO対策の一つですが、定期的なチェックを怠るとサイトの評価を落としてしまう可能性もあります。

良質な被リンクを集め、悪質な被リンクは早めに対処できるようにサイトの管理に気を配りましょう。

また、良質な被リンクを獲得するために、常にユーザー目線のコンテンツ作りを心がけてみてください。