SNS

FacebookのQRコードを作成し、気軽にアクセスしてもらおう

FacebookのQRコードを作成し、気軽にアクセスしてもらおう

Facebookで個人ページや企業ページを開設したものの、どのように自分のアカウントにアクセスしてもらうか、悩んだことはありませんか?

友達に個人ページの開設を伝えても、同姓同名の人が何人もヒットすることがありますし、プライバシー設定によっては検索結果に表示されないこともあります。

そもそも、検索するのが面倒で、検索してもらえないかもしれません。

また、企業ページは、幅広い人たちに情報を発信することが目的ですので、どれだけ簡単にアクセスしてもらえるかが大切です。

そんなとき、QRコードを活用するのはいかがでしょうか?QRコードを使えば、スマホでコードを読み取るだけで簡単にアクセスしてもらえます。

個人アカウントやFacebookページ( 企業アカウント )用のQRコードを作成する方法やコードの活用法などを紹介します。

FacebookのQRコードは簡単に作成できる?

FacebookのアカウントにアクセスできるQRコードの作成方法は簡単です。

たとえば、iOS用とAndroid用のアプリには、Facebook専用のQRコード作成機能があります。これは、友達申請や登録をスムーズにできるようにするためのもので、個人用アカウント専用のものです。

ただし、この機能はブラウザ版のFacebookにはありませんので、注意してください。一方、ブラウザ版には自分が主催する公開イベントのQRコードを作成する機能があります。

しかし、Facebookページ(企業用アカウント)のQRコードをWEBサイトやパンフレット、名刺などに掲載したい人もいるでしょう。

その場合は、WEB上のQRコード作成サービスやアプリを利用するといいでしょう。誰でも簡単にコードを作成できます。

QRコードとは

そもそも、QRコードとは何でしょうか。

QRとは「 Quick Response 」の頭文字で、「 素早く読み取る・反応する 」という意味です。1994年、現在のデンソーウェーブ社が開発しました。QRコードは日本発の技術です。

仕様は一般公開されていて、利用にあたっても手続きや費用も不要となっています。このため、世界的に普及し、さまざまな用途で活用されています。

特徴は、埋め込まれた情報を、どの向きからでもすばやく読み取れることです。また、バーコードなどと比べても多くの情報を取り込むことができ、情報量はバーコードの約200倍。

英数字だけでなく、漢字やひらがな、カタカナ、画像や音声データなども取り込むことができます。

情報量は、数字のみの場合、最大で7,089文字、英数字なら最大4,296文字、画像やサウンドなどバイナリデータ(8ビット)なら最大で約3KBです。

そのため、URLをQRコード化すると、コードを読み取るだけで、直接WEBページにアクセスすることができるのです。

QRコードを作成すると、どんなメリットが?

FacebookのQRコードを作成すると、相手にQRコードを送るだけで、簡単に自分のアカウントにアクセスしてもらえます。

相手がそばにいれば、直接QRコードを読み取ってもらえばいいですし、そばにいない場合はメールやLINEなどでQRコードを送信するといいでしょう。

相手はそれを読み込むだけで、簡単にアクセスできます。

また、ブログなどにQRコードを張り付けておくこともできます。それによって、ブログを読んだ人からアクセスしてもらえるかもしれません。

QRコードを使えば、Facebook内検索をする場合と違って、名前やメールアドレスなどを入力する手間が必要ありません。

同姓同名の個人用アカウントに誤って友達申請するといったトラブルもなくなります。

企業や店のページにアクセスしてほしい際は、名刺やパンフレット、チラシにQRコードを印刷したり、ホームページに載せたりするといいでしょう。

飲食店であれば、紙ナプキンや食器、小売店であれば包装紙やシールなどにも印刷しておくと、お客様の興味を引き、読み取ってもらえる可能性も高まります。

興味を引くという点では、わざと気づきにくい場所に印刷をして、お客様に宝探し気分を味わってもらう方法もあります。

また、凝ったデザインのQRコードを作成できるアプリもありますから、 「 これってQRコード? 」 と思わせるようなデザインにしてみても面白いでしょう。

FacebookアプリからQRコードを作る

iOS用とAndroid用のアプリには、Facebook専用のQRコード作成機能がありますので、簡単に自分の個人ページのQRコードをつくることができます。

QRコードはそのまま画面に表示したり、タイムラインでシェアしたりでき、JPGの形式で保存することもできます。

ここからは、Facebookのアプリを使ったQRコードの作成手順について説明します。

Facebookアプリを使ったQRコードの作成手順

Facebook個人ページのトップページには、QRコードの機能が表示されていません。そのため、最初にQRコード機能を検索しなければなりません。

スマホでFacebookのアプリを起動したら、虫眼鏡の形をした検索のアイコンから「 qrcode 」で検索します。

参照:https://hep.eiz.jp/facebook-qr-code/

検索結果に「QRコード」のFacebookショートカットが表示されます。

参照: https://hep.eiz.jp/facebook-qr-code/

「 QRコード 」をタップすると、自分のアカウントのQRコードが表示されます。

参照: https://hep.eiz.jp/facebook-qr-code/

画面上部の「 QRコード 」で自分のQRコードを表示し、左の「 スキャナー 」にすると、相手のQRコードを読み取ることができます。

また、画面下の「 タイムラインでシェア 」をタップすれば、タイムラインに表示させることができ、「 携帯電話に保存 」をタップすると、スマホにQRコードを保存できます。

保存したQRコードは「 共有アイコン 」を使えば、メールやTwitter、LINEなどを通じて、友達に送れますので、離れた友達にアクセスしてもらいたいときに便利です。

参照: https://hep.eiz.jp/facebook-qr-code/

また、友達からQRコードが送られてきたら、一旦QRコードを保存してから、「 QRコード 」を開きます。

参照: https://hep.eiz.jp/facebook-qr-code/

画面の下にある「 ライブラリからインポート 」をタップし、保存したQRコードを読み取ると、友達のプロフィール画面が表示されます。

そこで、「 友達になる 」をタップすると、友達リクエストが相手に届きます。

ただし、個人アカウントの作成ができるのは、iOS用とAndroid用のアプリだけです。ブラウザ版からはできません。パソコンからQRコードを作成するときは、外部のアプリやサービスを使います。

F2公開イベントのQRコードはパソコンから作成が可能です。

Facebookには、自分で企画したイベントの内容を宣伝して、参加者を募ることができる「 イベントページ 」という機能があります。

イベントには「 公開イベント 」と「 非公開イベント 」があり、「 公開イベント 」に設定すれば、Facebookユーザーはもちろん、ユーザーではない人にも情報を発信することができます。

このイベントページのURLも簡単にQRコード化できますので、チラシやパンフレットなどに印刷すれば、宣伝に役立ちます

ただし、イベントページのQRコード化の機能があるのはFacebookのブラウザ版だけで、スマホアプリでは対応していません。

公開イベントのQRコードの作成方法

ホームページの左側にある「 イベント 」をクリックします。場合によっては、「 もっと見る 」をクリックする必要があります。

「 イベントをチェック 」の画面が表示されますので、左側にある「 主催 」をクリックして、自分が主催する公開イベントを選びます。

QRコードを作成するイベントのページを開いたら、右上にある「 … 」をクリックします。

参照: https://tenjuku.net/facebook-event/

「 QRコードを作成 」を選択します。

次の画面で「 ダウンロード 」をクリックするとQRコードをパソコンなどにダウンロードすることができます。

F2FacebookページのQRコードは外部サイトで作成

個人ページやイベントページのQRコードは、Facebookの機能を使ってURLをQRコード化できますが、企業アカウントのFacebookページのQRコードを作成する機能はありません。

スマホとパソコンの違いで使えない機能もあります。

このようにFacebookの機能でQRコードを作成できない場合は、外部のサービスやアプリを使ってQRコードを作成することになります。

外部サービスやアプリを使ったQRコードの作成方法について説明します。

QR作成のサイトやアプリは種類が豊富

QRコードを作成するWEBサービスやアプリにはさまざまな種類があります。

ここではQRコードを開発したデンソーウェーブの公式QRコード作成サイト「 クルクル Manager 」https://m.qrqrq.com/)を使った作成方法を紹介しましょう。

クルクルManagerは、アカウント登録(無料)をしなくても使うことができます。

しかし登録をすると、作成したQRコードの作成履歴の確認のほか、QRコードの読み取り回数、読み取り場所などのアクセス解析ができるようになります。

クルクルManagerを使ったQRコードの作成方法

クルクルManagerでQRコードを作成するときは、最初に公式サイトにアクセスします。

参照: https://m.qrqrq.com/

「 URLを入力 」の欄にQRコード化したいページの URLを入力するか、コピー&ペーストします。

右端の「 作成 」をクリックすると、自動的にQRコードが作成されます。

クルクルManagerの公式サイトには、QRコードの活用方法や便利な使い方についても紹介されています。参考にしてみてはいかがでしょうか。

このほか、「 QRのススメ 」( https://qr.quel.jp/というQR作成サイトでは、Facebookのロゴや好きなデザインや文字を入れたQRコードを作成することもできます。

参照:https://qr.quel.jp/

個人ページのURLの取得方法

Facebookの各ページのURLを確認する方法が分からないという人のために、URLの表示方法を説明します。

●Webブラウザ版の場合
パソコンでFacebook個人ページのURLを確認する場合、上部の「 プロフィール 」ボタンをクリックすると、URLが表示されます。

参照: クルクル マネージャー

表示されたURLをコピーしてください。

●スマホの場合
スマホの場合は、最初に左上かタブメニューにある「 プロフィールアイコン 」 画面をタップします。

参照: https://hep.eiz.jp/facebook-url/

「 … 」をタップすると、「 プロフィール設定 」画面が表示されます。

参照: https://hep.eiz.jp/facebook-url/

「 あなたのプロフィールURL 」に表示されているのが、自分の個人ページのURL。下の「 リンクをコピー 」をタップするとコピーできます。

参照: https://hep.eiz.jp/facebook-url/

FacebookページのURLの取得方法

●Webブラウザ版の場合
Facebookページの場合は、「 ページ 」をクリックして、QRコード化したいFacebookページを選びます。

参照: クルクル マネージャー

Facebookページの上部に表示されているのが、アクセスのためのURLです。

参照: クルクル マネージャー

このURLをコピーしてください。

●スマホの場合:
Facebookページを開くと、右上に「 共有ボタン 」があるのでタップします。次の表示画面で「 リンクをコピー 」をタップすれば、URLをコピーできます。

ユーザーネームを作成すればURLも短く

FacebookのURLは、数字の羅列になっていたり、ページタイトルがそのまま付いていたりして、一見、誰のアカウントか分かりにくい状態になっています。

しかし、ユーザーネームを変更すれば、誰のアカウントなのか分かりやすくなり、PRや集客にも便利です。

ユーザーネームとは、URLの「http://www.facebook.com/」の後ろに続く部分のことで、「http://www.facebook.com/ユーザーネーム」という形で表示されます。

ユーザーネームの作成方法を紹介しましょう。

ユーザーネームを作成するには

ユーザーネームの作成はブラウザ版から行います。スマホアプリ版からではできません。スマホから設定したいときは、SafariやGoogleChromeなどWebブラウザからFacebookを開いてください。

Facebookアカウントにログインし、右上の「 ▽ 」をクリックします。

選択画面が表示されますので、「 設定とプライバシー 」をクリックします。

「 設定とプライバシー 」画面が表示されたら、「 設定 」をクリックします。

「 一般アカウント設定 」が表示されます。「 ユーザーネーム 」の「 編集 」をクリックすると、作成や編集ができます。

このとき、携帯電話のメールアドレスによる認証を求められます。「 携帯メールアドレス認証 」をクリックして、指示に従って認証を行います。

ユーザーネームを設定した後、変更することも可能ですが、変更できるのは一度だけです。ユーザーネームは安易に設定せず、考えて決めましょう

ユーザーネームを作成できないときは

「 ユーザーネーム 」をクリックすると、「 ユーザーネームを変更するには、アカウント認証を実行する必要があります 」と表示されることがあります。

この場合は、携帯電話のメールアドレスや電話番号を設定しましょう。

設定は、「 ユーザーネーム 」の下の「 連絡先 」をクリックします。

「 +別のメールアドレスまたは携帯電話番号を追加 」が表示されるので、クリックします。

次の表示画面で「 電話番号を追加しますか? 」をクリックします。

次の表示画面でスマホの電話番号を入力して、「 SMS 」にチェックを入れて「 次へ 」をクリックします。

入力した電話番号宛てに認証コードが送られます。認証コードを入力して「 確認 」をクリックします。

設定が完了すると、「 電話番号が認証されました 」という表示が出ます。

ユーザーネームの設定に戻って、入力を行ってください。

まとめ

Facebookのページに簡単にアクセスできるQRコードを作成すれば、友人や知人にアクセスしてもらいやすくなり、多くの人に関心をもってもらえる可能性が広がります。

自分のページへのアクセスを増やしたいという方は、ぜひ、QRコードを活用してみてください。

ご相談無料
SNS運用やSNSマーケティングなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS