SNS

【徹底解説】Facebook「Messenger Rooms」の使い方や操作方法

本記事ではFacebookが提供するWeb会議サービス「 Messenger Rooms 」について、以下の項目を解説していきます。

  • 類似サービスとの違い
  • 特徴
  • PC・スマホの使用方法
  • 設定方法
  • トラブル時の対象方法

新型コロナウイルスの影響下で対面がむずかしい中、ビデオ通話機能を使えばビジネス・プライベートともに充実します。

ぜひ「 Messenger Rooms 」を活用する参考にしてみてください。

Facebookの「 Messenger Rooms 」とは?

facebook

まずは、Facebookの「 Messenger Rooms 」とはどんなサービスなのか、機能や特徴に加え、類似サービスとの違いをご紹介していきます。

Facebookが手掛けるWeb会議サービス

「 Messenger Rooms 」とは、Facebook社が手掛けるWeb会議サービスです。複数人で同時にビデオ通話ができ、プラスαで様々な機能を利用可能です。

Web会議サービスが広く普及したのは、新型コロナウイルスが流行した時期からで、直接対面せずともリモートで打ち合わせや飲み会をするために、複数人で同時にアクセスできる“ビデオ通話”が活用されるようになりました。日本では特に「 Zoom 」の使用が目立ちましたね。

Facebookの「 Messenger Rooms 」は、2020年5月に日本でも運用開始された比較的新しいサービスです。

既にある類似サービスのデメリットを解消するような設計がなされています。

「 Messenger Rooms 」の用途

Facebookの「 Messenger Rooms 」はビジネスの用途だけでなく、友人・家族との通話などのフランクな場面で使われる傾向にあります。

サービスを利用するための事前準備が少なく、エフェクト系などのお楽しみ要素もある点が、親しまれている理由の一つでしょう。

また、Facebookの「 Messenger Rooms 」は無料でも機能が豊富なので、お金をかけずに満足するサービスが受けられます。

特に「 時間の制約 」がなく、恋人や友達と会う時のような感覚で、長時間ビデオ通話を続けることが可能です。

PC・Android・iPhoneのいずれからも利用可能

Facebookの「 Messenger Rooms 」はPC・Android・iPhoneのいずれからも利用可能で、全ての端末からビデオ会議を開始できます。

これにより、どんな場面でも簡単にやり取りを始められるでしょう。

なお、スマホアプリを使用した方がエフェクトやゲーム機能などの種類が豊富です。

プライベートの用途で使用する人は、ぜひスマホで試してみましょう。

「 Zoom 」や「 Google Meet 」との違い

Facebookの「 Messenger Rooms 」との類似サービスとして、「 Zoom 」や「 Google Meet 」が挙げられます。

一見似た内容に思えますが、どんな違いがあるのでしょうか?

「 Messenger Rooms 」の一番の特徴は、無料版による制限がないこと。

さらに、セキュリティ面で優位性があると言われています。

Web会議サービスが普及した当初は、セキュリティの脆弱性を狙った乗っ取り被害などが相次ぎ、問題視されていました。

「 Messenger Rooms 」はこうした問題を解消しています。

ここからは、類似サービスとの具体的な機能の違いを見ていきましょう。

最大参加人数

  • Messenger Rooms:50人
  • Zoom:100人
  • Google Meet:100人

Facebookの「 Messenger Rooms 」は最大50人まで利用可能なので、中規模の会議や少人数での通話に向いているといえるでしょう。

通常のビジネス利用であれば十分です。

大きな説明会などを開催する場合には、「 Messenger Rooms 」以外のサービスも検討しましょう。

カレンダー連携

  • Messenger Rooms:なし
  • Zoom:あり
  • Google Meet:あり

「 Zoom 」や「 Google Meet 」にある、「 Google カレンダー 」などとの連携機能は、現時点では備わっていません。

カレンダー機能があると、参加者それぞれのカレンダーに参加用のURLをスケジュールとともに追加できるため便利です。

「 今後追加されてほしい 」と期待されている機能です。

チャット

  • Messenger Rooms:なし
  • Zoom:あり
  • Google Meet:あり

チャットは個別にメッセージを送ったり、全体に通知するのに活用される機能です。

「 Messenger Rooms 」には現在チャット機能がなく、あくまでビデオ通話が主体のサービスとなっています。

挙手機能

  • Messenger Rooms:なし
  • Zoom:あり
  • Google Meet:なし

大人数での会議を想定した、発言者を決めるための「 挙手機能 」は「 Zoom 」特有のメリットといえます。

大人数で通話する際は、あらかじめ進行役などを決めておきましょう。

ホワイトボード

  • Messenger Rooms:なし
  • Zoom:あり
  • Google Meet:なし

直接タッチペンで書きこんでホワイトボードのように使用できる機能も、「 Zoom 」特有といえます。

誰かの画面を共有しながらWordやドキュメントにまとめていく方法で代用しましょう。

PCでの最大画面表示数

  • Messenger Rooms:25人
  • Zoom:25人
  • Google Meet:16人

「 Messenger Rooms 」は「 Google Meet 」に比べて画面表示数が多いです。

最大50人の参加者のうち、なんと半数も表示されます。

スマホでの最大画面表示数

  • Messenger Rooms:8人
  • Zoom:4人
  • Google Meet:5人

スマホの場合の最大画面表示数は最も多い8人です。

その数は「 Zoom 」の2倍。

人数を制限することなく、打ち合わせや会議が満足に行えます。

また、大人数の飲み会といった用途でも使いやすく、実際に会って会話している時のように感じられるでしょう。

無料版による制限

  • Messenger Rooms:なし
  • Zoom:3人以上の参加で制限時間40分
  • Google Meet:制限時間60分

「 Messenger Rooms 」の最大の魅力は、無料版の制限がない点。

「 Zoom 」「 Google Meet 」はともに40分と60分の時間制限があり、利用するうえでデメリットになりがちです。

家族・恋人・友人となかなか会えない新型コロナウイルスの状況下では、この時間の制限のなさがメリットといえます。

Facebookの「 Messenger Rooms 」の特徴

続いてFacebookの「 Messenger Rooms 」の特徴を詳しく解説していきます。

「 Messenger Rooms 」は使いやすさや将来性を期待されているサービスです。

どんな点が魅力なのか、一つずつ見ていきましょう。

最大50人で同時利用できる

Facebookの「 Messenger Rooms 」は、最大50人まで同時に利用できます。

「 Zoom 」や「 Google Meet 」は100人でしたが、実際に50人以上で使用する機会はかなり限定的なので、十分な人数といえるでしょう。

なお、画面に表示される画面数は、PC版が25人スマホ版が8人で、他のビデオ通話アプリより多いです。

利用時間は無制限

Facebookの「 Messenger Rooms 」の最大の魅力は、利用時間が無制限という点です。

例えば「 Zoom 」だと3人以上のビデオ通話は40分まで、「 Google Meet 」だと一律60分までとなっており、延長するにはまたビデオ通話を一から開始する必要があります。

「打ち合わせが終わる前に時間を迎えた」「飲み会をしたけど時間が全然足りない」などの経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

Facebookの「 Messenger Rooms 」であれば、時間を気にせずビデオ通話が可能。

ビジネス以外の用途で愛用されているのは、この「 時間無制限 」が大きな理由でしょう。

「 Zoom 」のような画面共有機能がある

Facebookの「 Messenger Rooms 」には「 Zoom 」などのアプリと同様に、画像共有の機能が備わっています。

ビデオ通話している相手に、自分のパソコン・スマホの画面を表示させて共有できるのです。

この機能は資料を見せながら説明したり、システムの操作方法を説明したり、様々な場面で活躍します。特にビジネス用途で役立つでしょう。

参加者はダウンロード・アカウント登録が不要

「 Messenger Rooms 」はFacebookが提供するサービスですが、参加者はFacebookや「 Facebook Messenger 」をダウンロード・アカウント登録する必要がありません。

ビデオ通話のルームを作るために主催者はFacebookのアプリを必要とします。

しかし、それ以外の人はURLをタップ・クリックして参加するだけでOKなのです。

この利用のしやすさも、「 Messenger Rooms 」が選ばれる理由といえます。

バーチャル背景や可愛いエフェクトが選べる

スマホアプリ版の「 Messenger Rooms 」を使うと、顔認証を用いたエフェクトや加工などの機能を使用できます。

背景を追加して部屋の様子を隠したり、動物の耳・リボンなどの可愛い装飾を加えられるのです。

セキュリティ・プライバシー対策が万全

「 Zoom 」ではルームの乗っ取りなどが問題になりましたが、「 Messenger Rooms 」は他人がルームに入ってこないようにするロック機能を搭載しています。

しっかりとロックすれば、安心してプライバシー情報を取り扱えるでしょう。

さらに、動画と音声はユーザー端末からFacebookのサーバーの間で暗号化されており、今後暗号化の精度も上げていく予定とのことです。

将来マルチなプラットフォームへ進化する予定

Facebookの「 Messenger Rooms 」は将来、「 Instagram Direct 」「 WhatsApp 」「 Portal 」などのサービスを通してアクセスできるようになる予定です。

特に日本での利用者が多いInstagramとの連携が注目されています。

使い方(PC)

free

ここからはPCでFacebookの「 Messenger Rooms 」を使う方法をご紹介していきます。

「 Messenger Rooms 」に対応しているブラウザは現在「 Google Chrome 」のみなので、「 Google Chrome 」からアクセスしましょう。

Facebookへの登録

まず、「 Messenger Rooms 」で主催する側の人は、Facebookのアカウントが必要です。

もしアカウント作成がまだの場合は、電話番号・メールアドレス・氏名などを入力して新規登録しましょう。

また、「 Messenger Rooms 」は「 Facebook Messenger 」というサービスを利用してビデオ通話しますが、PC版の場合はFacebookに登録するとそのまま「 Facebook Messenger 」が使えるようになります。

トークルームを作成

トークルームの作成は2か所から行うことができます。

1つ目はホーム画面で「 ルームを作成(ビデオマーク) 」というボタンをクリックする方法です。

2つ目は画面右上の「 Messenger 」のアイコンをクリックして、「 ルームを作成(ビデオマーク) 」を選択する方法です。

操作や設定方法

「 ルームの編集画面 」という画面に移るため、以下の設定を行います。

  • アクティビティ:ルームの目的を選択
  • 招待する人:友達の中から招待する人を選択
  • 開始日時:ビデオ通話の開始日時を選択

「 招待する人 」については、一人ずつ個別に選択することも、友達全員が参加できるようにも設定可能です。

URLで友達を招待する

画面下部にある「 人マーク( 通話の参加者を見る ) 」をクリックすると、「 リンクをシェア 」という項目とともにURLが表示されます。

このURLをコピーして参加してほしい人へ送ると、Facebookを利用していない人でも簡単に参加できるようになります。

使い方(スマホ)

Facebook

続いてスマホアプリでFacebookの「 Messenger Rooms 」を使う方法を解説していきます。

「 Facebook Messenger 」のダウンロード

主催する側は「 Facebook Messenger 」というアプリのダウンロードが必要です。

さらに、「 Facebook Messenger 」はFacebookのアカウントと連携させる仕組みとなっているため、アカウント未登録の場合は新規作成しましょう。

なお、Facebookアカウントの作成が必須になる前から「 Facebook Messenger 」を使用していた人は、そのまま「 Facebook Messenger 」のサービスを利用できるようです。

トークルームを作成

「 Facebook Messenger 」を開き、画面下部の「 人マーク(連絡先) 」をタップします。表示された「 ルームを作成 」「 試す 」の順にタップするとトークルームが作成され、自分一人が参加した状態になります。

操作や設定方法

画面下部の「 参加できる人 」をタップすると、参加者を以下の2つに条件付けできます。

  • リンクを知っている人だけ
  • facebookを利用している人だけ

また、画面下の「 人マーク(通話の参加者を見る) 」をタップして、参加者を削除(退室)したり、ルームにロックをかけることができます。

友達を招待する

画面下の「 人マーク(通話の参加者を見る) 」をタップして、「 友達を招待 」の項目に表示されたURLをコピー、招待したい人へとメッセージ等で送信します。

「 Messenger Rooms 」が使えない・表示されない時の対処法

facebook

「 Messenger Rooms 」を利用したいのに「 アプリが使えない 」「 上手く表示されない 」といった時の対処法をご紹介していきます。

デバイスがミュートになっている

パソコンやスマホ本体の音量がミュートになっていると、アプリが正常に作動していても音声が聞こえません。

音が出ない際にはまず、デバイスの設定を確認しましょう。

PCにカメラ・マイクがついていない

PCで「 Messenger Rooms 」を利用する際、PC内臓のカメラ・マイクがないとビデオ通話ができません。

もし備わっていない場合は、外付けのカメラ・マイクを接続しましょう。

また、外付けカメラ・マイクの接続不良も考えられます。

アプリ上でのカメラ・マイクの使用を許可していない

新しくアプリ上でカメラ接続やマイク接続をする際には、ポップアップが表示されて「 アクセス・使用を許可 」する必要があります。

この際、「 許可しない 」を選ぶと動作がブロックされ、正常にビデオ通話が開始できません。

必ず許可しましょう。

アプリ上でカメラ・マイクが設定できていない

デバイス上の問題はなく、カメラ・マイクのアクセスも許可できている場合、アプリ上の設定を整えると効果的かもしれません。

PCの場合は右上の歯車マークから、カメラ・マイクの接続先を設定できます。スマホの場合は、右上の「 … 」をタップして「 デバイス設定 」を選択すると、カメラ・マイクの設定ができます。

リモート接続をしている

会社のPCの画面を自宅PCに転送するRDP(リモート デスクトップ プロトコル)を使用している場合、会社のPCのカメラ・マイクが起動するため、正常に機能しなくなります。

テレワークや在宅勤務でリモート接続をしている場合、「 Messenger Rooms 」は自宅のPCやスマホで行いましょう。

相手のアプリ・デバイスの設定の問題

ここまで自分のデバイス・アプリ側の原因・対処法に触れましたが、相手方も同じようにトラブルが起きている可能性があります。

「 相手の画面が表示されない 」「 相手の音声が聞こえない 」という場合、相手の問題も想定しましょう。

回線が不安定・接続不良

回線や電波接続が不安定な場所・時間帯もあります。この場合は、電話などに切り替えたり、時間帯を変えると効果的かもしれません。

利便性が高いFacebookの「 Messenger Rooms 」を使ってみよう

Facebookの「 Messenger Rooms 」は手軽に誰でも参加できて、セキュリティ対策などもしっかりとしたツールです。

リモートでのやり取りが当たり前になった今、より便利なアプリへと進化しつつある、将来性が期待できるサービスでもあります。

色々な類似サービスがありますが、その中でも利便性が高いため、ぜひビジネスでもプライベートでも取り入れてみてください。

ご相談無料
SNS運用やSNSマーケティングなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS