SNS

【Facebookに広告出したい】広告マネージャとは?基本機能や利用するメリットを解説

FacebookページにはFacebookで広告運用をするための「 広告マネージャ 」という機能が存在します。

広告マネージャでは広告を配信するだけではなく、配信した広告に編集を加えるなど効果的に広告を運用するための機能が用意されています。

今回は広告マネージャの基本機能や、利用するメリットを紹介します。

Facebookの広告マネージャとは

広告マネージャは、Facebook上で無料で使えるビジネス向けにFacebook・Instagramでの広告の配信・管理を行うツールのことです。

ビジネスマネージャの画面

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

広告マネージャは専用の知識などがない人でも操作しやすい仕様になっており、初めてFacebookで広告を配信するという人でも安心して利用することができるでしょう。

広告マネージャを活用するメリット

次に、Facebookで広告マネージャを活用するメリットについて説明します。

目的別の広告が作成でき成果を得やすい

広告マネージャでは、目的に合わせた広告を作成することができます。

広告マネージャでは、「 認知・検討・コンバージョン 」という3つの項目の中から、最も期待したい成果を選んで広告を作成できるような仕組みになっています。

facebook広告の目的

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

●認知

ユーザーに自社の商品やサービスに興味・関心を持ってもらいたい時

●検討

ユーザーが自社商品の購入・サービスの利用を検討する機会を増やしたい時

●コンバージョン

自社の商品の購入やサービスの利用などの成約( コンバージョン )を増やしたい時

例として、次のように広告を作成することもできます。

【 商材A 】

課題:商材Aの認知度が低い

設定する目的:認知

【 商材B 】

課題:競合する商材が存在し、商材Bの特徴と比較検討し良さを知ってもらいたい

設定する目的:検討

【 商材C 】

課題:商材Cに対する問い合わせ・資料請求が少ない

設定する目的:コンバージョン

これら3つの目的は、さらに細かく分類されており、例えばメインの目的コンバージョンに設定した上で「 店の来店者数を増やしたい」という具体的な目的があるのであれば、コンバージョンの分類の中から「 来店者の増加 」を選ぶということもできます。

広告マネージャで目的を設定した広告は、その目的を達成するために効果的な掲載場所をFacebookが判断し掲載されるようになります。

自動で効果的な広告配信をしてくれるため、自身で広告発信の仕方に頭を悩める必要がなくなり、非常に便利な機能と言えるでしょう。

必要に応じて広告を編集・管理できる

広告マネージャでは、配信した広告に対し、その広告に対する編集・管理を行うことができます。

具体的にできることは下記の通りです。

【 編集 】

  • 一定期間配信したが想定より効果が得られなかったため一旦広告配信を停止する
  • 成果を得られなかった広告を削除する

【 管理 】

  • 広告が正常に配信されているかを確認する
  • 配信した広告のクリック率から効果の高い広告を分析する
  • 効果が見込めそうな掲載位置を手動で選択する
  • 配信した広告に対する管理者の操作履歴をチェックする

つまり、広告マネージャを用いれば、一度配信した広告でも必要に応じて、宣伝効果を高めるための試行錯誤をすることができるということです。

外出先でも広告に関する操作ができる

facebook広告マネージャアプリ

参照|「Facebook広告マネージャ」をApp Storeで – iTunes – Apple

Facebookの広告マネージャは、スマホアプリも用意されており、アプリを利用すればいつでも広告マネージャを操作することができます。

アプリ版から操作できる機能は下記の通り。

  • 広告の配信停止
  • 広告のターゲット変更や掲載期間の変更
  • 広告のクリエイティブ、テキストの編集
  • モバイル機器に保存してあるクリエイティブを使った広告の作成

facebook広告マネージャアプリの画面

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

また、アプリ版独自の機能も用意されています。

  • 配信した広告のパフォーマンス状況を知らせてくれる機能
  • 広告の効果を高めるためのヒント機能

通知とヒントが掲載されるfacebook広告マネージャの画面

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

広告マネージャへアクセスするには

広告マネージャは、ビジネスマネージャの機能のうちの1つです。

そのため、広告マネージャを利用するには、ビジネスマネージャのアカウントを用意しなければなりません。

まだビジネスマネージャのアカウントがない場合は、まずアカウントの作成から始めましょう。

ビジネスマネージャのアカウント作成の手順は下記のサイトで確認してください。

Facebookビジネスマネージャとは?アカウント作成・追加・削除方法まとめ

アカウントが作成できたら、次の手順で広告マネージャにアクセスしていきます。

まず、PCからビジネスマネージャへアクセスし、画面左上の「 ビジネスマネージャ 」をクリックしましょう。

facebookビジネスマネージャでビジネスマネージャをクリック

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

表示された項目の「 作成と管理 」の中から「 広告マネージャ 」を選択します。

ビジネスマネージャで広告マネージャをクリック

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

これで、広告マネージャへアクセスすることができました。

ビジネスマネージャでのfacebook広告マネージャの画面

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

広告マネージャで確認できること

広告マネージャには【 アカウント情報 】・【 キャンペーン 】・【 広告セット 】・【 広告 】という4つのタブが用意されています。

facebook広告マネージャの4機能

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

このうち【 キャンペーン 】・【広告セット 】・【 広告 】の3つFacebook広告を作成するときに重要な要素になります。

  • キャンペーン:広告の目的
  • 広告セット:広告のターゲット、掲載場所、費用、期間
  • 広告セット:画像や動画などのクリエイティブや、テキストなど広告そのもの

広告マネージャでは、アカウント情報とこれら3つの広告の状況を確認することができます。

それぞれのタブで何が確認できるかを具体的に説明していきます。

アカウント概要

【 アカウント概要 】では配信した広告の全体像を確認することができます。

ここでいう「 アカウント 」は「 広告アカウント 」のことを指しています。

「 広告アカウント 」はFacebookで広告を配信・編集・管理をするのに必要なアカウントです。

広告アカウントがなければ広告を作成してFacebookで配信するこができないため、ビジネスマネージャのアカウントとは別にアカウントを作成する必要があります。

広告アカウントの作成方法は下記のサイトから確認してください。

★Facebookビジネスマネージャとは?アカウント作成・追加・削除方法まとめ

アカウント概要で確認することができるのは、広告マネージャ画面の左上で選択されたアカウントの運用状況です。

facebook広告マネージャのアカウント概要画面

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

アカウント名の横にある「 ▼ 」をクリックすると、作成済みの他の広告アカウントが表示され、他のアカウントを選択すると、そのアカウントの運用状況を確認することができます。

パフォーマンスを見たい広告のアカウントを選択

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

アカウント概要には「 概要 」と「 クリエイティブレポート 」の2つの項目があります。

●概要

選択したアカウントで作成した広告のパフォーマンスや消化広告費

【 確認できるパフォーマンス状況の例 】

  • 広告がユーザーのニュースフィードに届いた数( リーチ )
  • 広告を見たユーザーの数( インプレッション )
  • 広告を掲載した期間で消費した推定広告費
  • ユーザーの年齢・性別別のリーチ、推定広告費

アカウント概要の詳細

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

●クリエイティブレポート

画像や動画といったクリエイティブごとの広告運用状況、広告費の消化状況

アカウント概要のクリエイティブレポート画面

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

クリエイティブレポートを確認すれば「 どのような画像・動画を使えばリーチが増えるか、クリックされるか 」といったことを確認することができるため、次以降の広告で効果的にクリエイティブを使用することができます。

クリエイティブレポートのサンプル

参照|クリエイティブレポートを利用してクリエイティブごとに結果を確認する

キャンペーン

facebook広告マネージャのキャンペーン画面

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

【 キャンペーン 】では広告のキャンペーン別に、下記の3つを確認することができます。

  • 広告の配信ステータス
  • 作成した広告の審査状況
  • エンゲージメント

キャンペーン別の広告配信状況やパフォーマンスの確認を行えるのがこの項目です。

広告セット

【 広告セット 】では、広告費用や消化費用、出航期間などの視点から配信した広告のパフォーマンス状況を確認することができます。

facebook広告マネージャの広告セット画面

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

ターゲット層の異なる広告の、コストパフォーマンスを比較できるのが広告セットの特徴です。

広告セットの情報は、コストパフォーマンスの視点から、次以降に配信する広告を決める指針になります。

広告

【 広告 】では、主に画像や動画といったクリエイティブ別の「 広告関連度診断 」というものを確認することができます。

facebook広告マネージャの広告画面

参照|facebook広告マネージャとは?3つの特徴と基本機能を紹介!

広告関連度診断とは、広告を配信したターゲットと、実際に広告がニュースフィードに届いたユーザーの関連度を測るものです。

「 品質 」「 エンゲージメント 」「 コンバージョン率 」の3つの項目のランキングで診断されます。

●品質ランキング

広告の品質をターゲット層が同じ競合広告と比較する。

●エンゲージメント率ランキング

広告のエンゲージメント率をターゲット層が同じ競合広告と比較する。

●コンバージョン率ランキング

コンバージョン率をターゲット層が同じ競合広告と比較する。

まとめ

ここまで

  • Facebook広告マネージャとは
  • 広告マネージャを活用するメリット
  • 広告マネージャへアクセスする方法
  • 広告マネージャで確認できること

について紹介してきました。

広告マネージャを利用すれば、効果的にFacebook上で広告を運用することができます。

Facebookに広告を出すことを検討しているのであれば広告マネージャを利用してみてください。

consal

お問い合わせはこちら



Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS