SNS

Facebookのハッシュタグの使い方や使う際の注意点について解説

SNSで良く使われる機能として「 ハッシュタグ 」というものがあります。TwitterやInstagramでは日常的に利用される機能ですが、Facebookにもハッシュタグが存在します。

FacebookのハッシュタグもTwitterやInstagramなどと基本的な使い方は同じですが、Facebookならではの注意点や使い方のコツなどがありよく理解しておかなければなりません。

今回は、そもそもハッシュタグとは何かということから、ハッシュタグの使い方、ハッシュタグを使う際の注意点や上手に使うためのコツなどを中心に解説します。

Facebookでハッシュタグを使用する際は是非とも本記事を参考にしてみてください。

Facebookのハッシュタグとは

はじめに、そもそもハッシュタグとは何かと、ハッシュタグを使うメリットについて説明していきます。

「 ハッシュタグという単語を聞いたことはあるけれど、どんなものかわからない 」という人はここをよく読んでください。

ハッシュタグとは

ハッシュタグとはキーワードに「 # 」がくっついたもので、Facebookの他にもTwitterなどのSNSで利用されています。

ハッシュタグで検索をすると、同じハッシュタグがついた投稿をまとめて閲覧することができます。

特定の話題やトレンドワードなどについてのツイートを見たい時などに使える便利な機能ですね。

Facebookのタイムラインでは投稿が時系列順に表示されるため、過去の投稿を探すのには手間がかかってしまいますが、ハッシュタグを利用すれば過去の投稿でもすぐに探しだすことができます。

ハッシュタグを使うメリット

ハッシュタグを使うメリットは、すでに述べたように、特定の話題に関するツイートを探しやすくなることです。

これは逆に言えば、ハッシュタグを用いればツイートを見つけてもらいやすくなるということでもあります。

つまり、ハッシュタグには「 投稿を探しやすくなる 」と「 投稿を見てもらいやすくなる 」という大きく分けて2つのメリットがあると言えるでしょう。

また、広告効果が高いというのもハッシュタグを使うメリットの1つです。

ハッシュタグは単に多くの人に見てもらえるということではなく、キーワードに関心のある人に投稿を見てもらうことができます。

自社の商品に関連のあるハッシュタグや、自社オリジナルのハッシュタグなどを作りコンテンツをまとめておくことで、自社に興味を持っているユーザーに効果的に情報を発信することができるでしょう。

インスタグラムのハッシュタグとの違い

Instagramにもハッシュタグは存在し、Facebookのハッシュタグと基本的には同じですが、検索機能に少し違いがあります。

Instagramでは「 #渋谷 #ランチ 」などのように複数検索することはできませんがFacebookではそれが可能です。

Facebookのハッシュタグでは、複数検索ができるということを覚えておきましょう。

ハッシュタグの使い方

次にハッシュタグの使い方について説明していきます。

ハッシュタグをつけて投稿する

自分の投稿にハッシュタグをつけたい場合は、投稿のテキスト中に「 #キーワード 」を入力してください。

投稿する際はハッシュタグになる部分がマーカーされ、投稿が完了するとハッシュタグの部分が太字に変わります。

文中にハッシュタグを使う場合は、前後にスペースを入れないとハッシュタグだと認識されないので、ハッシュタグの前後のスペースを忘れないようにしましょう。

Facebookでハッシュタグをつけて投稿する参照|知ってた?Facebookでハッシュタグを効果的に使う方法

ハッシュタグで検索する

ハッシュタグで検索する際は検索窓に「 #キーワード 」を入力して検索することができますが、投稿にある太字のハッシュタグをクリックすることでも可能です。

ハッシュタグで検索すると、同じハッシュタグのついたコンテンツのみが検索結果に表示されます。

ちなみに、Facebookでは「 すべて 」「 投稿 」「 人物 」「 写真 」「 動画 」「 ページ 」「 イベント 」などのカテゴリーの中から検索結果を絞り込むことができるので、欲しい情報にたどり着く時間が短縮できて非常に便利ですね。

スクリーンショットの画面 自動的に生成された説明

ハッシュタグを使う際の注意点

ハッシュタグは適切に利用すれば非常に便利な機能ですが、使う際にいくつか注意しなければいけない点があります。ここでは、ハッシュタグを使う際の注意点について説明していきます。

たくさん付けすぎない

Facebookではあまりにも多くのハッシュタグをつける行為は、他のユーザーによく思われない傾向があります。

自分の投稿を多くのユーザーに見てもらいたいからとたくさんのハッシュタグを付けたくなる気持ちは理解できます。

しかし、その投稿を見てもらえたとしても大量についたハッシュタグを不快に思われ、好意的なリアクションは望めないかもしれません。

ハッシュタグは無闇にたくさん付けないようにしましょう。

投稿内容に関係のないハッシュタグはつけない

当たり前のことではありますが、投稿内容に関係のないハッシュタグはつけないようにしましょう。

多くの人に投稿を見てもらおうと、投稿内容に関係がないにも関わらず人気のハッシュタグを付けているユーザーを見かけることがあります。

ただ、その思惑は見ているユーザーに当然気づかれますし、快く思われません。

あくまでも投稿内容に関連したハッシュタグだけを付けるように注意しましょう。

文章にしない

Facebookでハッシュタグを使う際は、一般的な名詞( 海、夏、キャンプ、クリスマス、スカイツリーなど )を使用するようにしましょう。

Instagramなどではハッシュタグを文章にして投稿する文化がありますが、Facebookにはそう言った文化はありません。

ハッシュタグを文章にするとハッシュタグ検索に引っかかりづらくなってしまうので、一般的な名詞をハッシュタグに使用するようにしましょう。

公開範囲設定を確認する

コンテンツの公開範囲を制限していると、ハッシュタグを付けて投稿しても公開範囲内の人にしか見てもらうことはできません。

デフォルト設定では公開範囲が「 公開( Facebook利用者以外を含む全ての人 ) 」になっており公開範囲が制限されていませんが、公開範囲を「 友達 」に設定している場合は自分の友達にしか投稿を見てもらえません。

よりたくさんの人に投稿を見てほしいという場合は、公開範囲を「 公開 」に設定しておきましょう。

上手くハッシュタグを使うためのコツ

次にFacebookのハッシュタグを上手く使うコツについて説明していきます。

季節・イベント・トレンドのワードを入れる

季節イベント( 夏・冬・クリスマス・ハロウィン・バレンタインなど )、トレンド( オリンピック・ワールドカップなど )などのワードは検索されやすいです。

そのため、自分の投稿にこれらのハッシュタグを入れると他のユーザーに投稿を見てもらいやすくなります。

ただし、注意点のところでも言ったように投稿内容に関係のないハッシュタグは快く思われない可能性があるので、あくまで投稿内容に合っているハッシュタグを付けるようにしましょう。

場所・地域名を入れる

場所地域名( 沖縄・北海道・函館・富士山・スカイツリーなど )は季節・トレンドなどと同じく検索されやすいワードです。

旅行先などで投稿する際は、そこの地域名をハッシュタグとして入れると投稿を見てもらいやすくなるかもしれません。

名詞・固有名詞を入れる

一般的に使われている言葉、誰でも知っている言葉( 映画・旅行・料理・読書・野球など )もハッシュタグ検索されやすいワードです。

しかし、これらのワードは日常的にハッシュタグを付けて投稿する人が多いため、自分の投稿が埋もれてしまう可能性もあります。

高い効果は望めないかも知れませんが、日常的に投稿内容に関連のある言葉をハッシュタグとして入れていけば、自分の投稿が見てもらえる確率は高くなるでしょう。

関連するキーワードを盛り込む

ハッシュタグとして付けられるキーワードは一つだけではありません。より多くの人の検索に引っかかるように、関連するワードを複数ハッシュタグに設定するのもコツの1つです。

例えば、お菓子を作ったという投稿をするときには「 お菓子 」「 手作り 」「 スイーツ 」「 料理 」「 ダイエット 」などのようにその時の状況に応じて複数のハッシュタグを設定できます。

検索する人にどのワードで検索されるかわからないため、関連するワードを複数設定してみましょう。

ただし、注意点のところでも言ったようにハッシュタグは、あくまで投稿に関連するワードのみで、無闇にたくさん付けないように気をつけましょう。

まとめ

ここまで

  • ハッシュタグとは何か
  • ハッシュタグの使い方
  • ハッシュタグを使う際の注意点
  • ハッシュタグを上手に使うコツ

について説明してきました。

ハッシュタグは適切に扱えば、コンテンツの検索と発信の両面において役に立つ非常に便利な機能ですので、この記事で説明したことを踏まえて上手にハッシュタグを活用していきましょう。

ご相談無料
SNS運用やSNSマーケティングなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS