DX

電子署名ツールを比較!比較ポイントも合わせて解説します

「 電子署名ツールはどこがオススメか比較をしたい 」 このようにテレワークが一般化した今、電子署名ツールの導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ導入しようと思ってもどのツールがオススメなのか、 どのツールが使い勝手が良いのか疑問に感じている方も多いのではないかと思います。

そこで、この記事では3つの電子署名ツールを比較し、比較する際のポイントなども解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

主な電子署名ツールの比較

こちらでは主な電子署名ツールについて比較していきます。 電子署名を行うことで契約における業務を効率化することができ、 コスト削減にもつながります。

電子証明書を発行することで正当性のある契約締結ができるため、 まだ導入していない場合はぜひ導入したいところです。

今回は『 NINJA SIGN 』『 クラウドサイン 』『 BtoBプラットフォーム 契約書 』の3つのツールについて比較していくので参考にしてみると良いでしょう。

NINJA SIGN

出典:https://www.ninja-sign.com/

『 NINJA SIGN 』は弁護士監修の電子契約システムのため、安心してサービス利用ができます。契約の際に面倒なプロセスとなる契約書の作成や締結、管理を1つで、かつオンラインでとりまとめられます。

クラウドサービスなのでテレワークにも最適で、 まるでニンジャのようにビジネスを影で支える電子署名ツールです。幅広いユーザーのニーズにこたえるため、5つのプランが用意されています。

多くの電子署名ツールは契約書の送信ごとに費用がかかってしまうのですが『 NINJA SIGN 』は送信ごとに発生する従量課金がないことが特徴です。

そのため多くの契約書を送信する場合コストパフォーマンスが良く、 多くの契約書を扱う場合にとても有利なサービスなのです。

『 NINJA SIGN 』は以下の人にオススメです。

  • 低コストで導入したい人
  • 契約業務を効率化したい人
  • 契約書の送信時に費用をかけたくない人

クラウドサイン

出典:https://www.cloudsign.jp

『 クラウドサイン 』は 登録できるユーザ数に制限がなく、 複数人で利用する場合に向いている電子署名ツールです。

一番価格が安いプランでも「 ユーザ数無制限 」、 契約書の「 送信件数無制限 」という特徴があるため、多くの契約書を取り扱う場合や複数人での利用に向いているのです。

2020年3月末時点、( 株 )東京商工リサーチ調べによると電子契約利用企業の約80%が『 クラウドサイン 』を利用していることがわかるため、 導入実績が多く信頼のある電子署名ツールと言えるでしょう。

『 クラウドサイン 』は以下の人にオススメです。

  • スピーディーに契約したい人
  • コンプライアンス強化をしたい人
  • 過去の契約書の管理をかんたんにしたい人

BtoBプラットフォーム 契約書

出典:https://www.infomart.co.jp/contract/index.asp

『 BtoBプラットフォーム 契約書 』は20年以上の運営実績があり、 さらに導入企業は約50万社という実績がある電子署名ツールです。見積・契約・受発注・請求で必要となる書類を全て電子データ化できます。

Excel、Word、PowerPoint、txt、csv、pdf、jpg、jpeg、gif、png、bmp、zipといった様々な拡張子のファイルを利用でき、取引で発生するさまざまな書類や帳票の電子化が特徴です。

『 BtoBプラットフォーム 契約書 』は以下の人にオススメです。

  • 取り扱う書類の種類が多い人
  • セキュリティ対策を意識する人
  • 契約業務を全て電子化したい人

電子署名ツールの比較ポイント

こちらでは電子署名ツールの比較ポイントについてご紹介します。 特徴は様々で目的に合ったツールを導入する必要があります。

そこで、3つの比較ポイントについてご紹介するため、導入の際の参考にしてみてください。

テンプレート機能があるか

電子署名ツールの導入時、テンプレート機能があると非常に便利です。

例えば、よく作成する文書のテンプレート登録ができる機能や、あらかじめ用意されたテンプレートに沿って文書作成ができる機能です。

テンプレート機能が備わっていることで、業務の効率化が図れます。 契約業務の効率をさらに上げるためにも、テンプレート機能が備わっているか確認しておくことがおすすめです。

セキュリティ対策は万全か

契約書は重大な情報となるため、セキュリティー対策は万全か確認しておく必要があります。 基本的にはセキュリティー対策が整っている電子署名ツールがほとんどでしょう。

例えば「 通信の暗号化 」や「 タイムスタンプの付与 」はもちろんのこと、 さらにセキュリティー対策を強化するのであれば「 IPアドレス制限 」や「 承認権設定 」 できる電子署名ツールがおすすめです。

セキュリティー対策が整っている電子署名ツールを導入することで、コンプライアンス強化につながり取引先とも安心して契約ができるでしょう。

ワークフローの申請や承認機能があるか

ワークフローの申請や承認機能があることも、 電子署名ツールを比較する際のポイントです。

ワークフローとは1つの業務に対して複数人が関わり処理をすることを指し、 内部統制の強化やワークフローの可視化ができるメリットにつながります。

他のワークフローシステムを使用している場合そこまで気にする必要がないかもしれませんが、 電子署名ツール導入時は機能が整っているか確認しておくべきでしょう。

【まとめ】おすすめはNINJA SIGN

今回3つの電子署名ツールについて比較しましたが、 オススメは『 NINJA SIGN 』だといえます。

契約書作成にかける手間を減らしたい場合や、契約書送信にかかるコストを抑えたい場合にとても心強いツールだからです。

迷っている場合は、『 NINJA SIGN 』の導入を検討してみてることをおすすめします。

ご相談無料
NINJA SIGN等の電子署名なら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS