DX

電子署名関連の銘柄が急騰中!?テレワークを支える電子署名の銘柄紹介

リモートワークが進む中、電子署名関連の銘柄が急騰中だということはご存知でしょうか。

政府による「 脱ハンコ 」の声もあり、 電子署名システムへの注目度は今後も高まることが予想されるでしょう。

今回の記事では、テレワークを支える電子署名の銘柄紹介と、 今後注目すべき電子署名関連の銘柄をまとめていきますのでぜひご参考ください。

電子署名銘柄についてよくわからない方でも、記事を読み進めることができるよう一からご紹介していきます。

電子署名銘柄とは何か

特に近年は新型コロナウィルスの影響もあり、在宅勤務リモートワークが推奨されています。 しかし、業務を進める上で書類に署名をする場面や押印する場面が出てくるでしょう。

そのような場面で活躍するのが電子署名システムで、 通常の紙に署名したり押印する手間を省いて、 電子情報へと全て切り替えることが可能になります。

まずはそのような電子署名についてご紹介した後、電子認証の今後の需要について解説をしていきます。

電子署名について

電子署名とは電子化された文書に、電子証明書を使うことで付与するサインのことです。

紙の文書は実際に署名や捺印を行い本人かどうか証明するのですが、 電子化された文書には物理的に署名や捺印をする事はできません。

その際に電子署名のシステムを活用することで、 電子化された文書に対して本人かどうかの証明力を付与できるのです。

例えば紙に署名したり押印したものをスキャナで読み込み電子化しても、そのような電子的な画像は簡単に複製することができるため、証明力がないものになってしまいます。

電子化された情報は簡単になりすましや改ざんができるというデメリットがあるため、 電子署名によって、 電子証明書を付与した法的証明力のある文章を作成するのです。

公開鍵暗号という技術を使うことでセキュリティ対策を施し、 テレワークや在宅勤務が増える今、電子署名システムは契約書などに署名する際に欠かすことができないシステムといえるでしょう。

関連記事:電子署名の仕組みを簡単に理解するために必要な基礎知識

電子署名の需要について

テレワークや在宅勤務が増える中、電子署名の需要は今後も高まると予想されます。

2020年6月にまとめられた政府の指針によっても、契約書等に押印する習慣がテレワークの障害になっているとし、「 他の手段で代替することが有意義 」と脱ハンコを促しました。

特にIT企業は書面での契約を取りやめて、電子署名に切り替える企業がほとんどでしょう。紙での契約が法律で取り決められているものもあるので、従来の紙で署名を行う企業はまだあるかと思います。

紙での契約と比較してセキュリティー対策も考慮されている電子署名を活用することで、さらに業務の効率化を図ることができるでしょう。

日本はIT化が遅れていることが指摘されていますが、新型コロナウィルスによりテレワークが普及した今、さらにIT化が進むことが予想されます。

電子署名関連の銘柄が上昇する理由と過去の上昇について

こちらでは、電子署名関連の銘柄が上昇する理由と過去に上昇した銘柄についてご紹介していきます。電子署名関連の銘柄による株価動向は、 当然ですが常に変動しています。

新型コロナウイルスの影響もあったため、電子署名関連の銘柄が気になる方も多いのではないでしょうか。

  • 弁護士ドットコム
  • GMOクラウド

今回は上記2社の株価動向について、ご紹介します。

『 クラウドサイン 』を運営する弁護士ドットコム

出典:https://minkabu.jp/stock/6027/chart

弁護士ドットコム【 6027 】は 法律相談や弁護士向けサービスを手がける企業で電子署名関連銘柄を代表する銘柄と言えます。

電子契約サービスの『 クラウドサイン 』を運営しており、契約に関するすべてのやりとりをクラウド上で完結できることが特徴です。

上記データでは表示外となりますが、2020年1月初めに5,650円をつけており、コロナショックによって3月13日に3,035円まで下落しています。

しかしテレワークが注目された背景から、同年4月28日には7,260円まで上昇しました。

2020年10月を境に徐々に落ち着いているとは言え、上昇前と比較しても株価は大きくなりました。

『 GMOサイン( 旧GMO電子印鑑Agree ) 』を運営するGMOグローバルサイン

出典:https://minkabu.jp/stock/3788/chart

GMOグローバルサイン【 3788 】は GMOグループの中の一つで、 サーバー管理や電子認証などのサービスを手掛けています。

電子認証サービス『 GMOサイン 』を手掛ける同社は、電子署名関連銘柄を代表する銘柄といえるでしょう。

株価は2020年1月初め、2,529円をつけていました。しかしコロナショックによって3月19日には1,381円まで下落しましたが、こちらもテレワークが注目された背景から同年6月29日には11,990円まで上昇したことが特徴です。

「 弁護士ドットコム 」と同じく2020年10月を境に徐々に落ち着いているものの、 下落前と比較すると株価は大きいと言えるでしょう。

電子署名関連の銘柄一覧

こちらでは電子署名関連の銘柄について、2020年の4月7日~5月22日終値までの騰落率をもとに、 ランキング形式で5つご紹介していきます。

2020年の4月7日といえば、一番初めに緊急事態宣言が発令された日です。 コロナ禍でテレワークが進み電子署名の需要が増えたため、電子署名関連の銘柄が気になるのではないでしょうか。

下表が、騰落率をもとにランキングした5つの銘柄です。

今後注目の電子署名関連の銘柄

今後注目の電子署名関連の銘柄

ここからは、今後注目しておきたい電子署名関連の銘柄についてご紹介します。テレワークがさらに進むと、電子署名関連の銘柄も今以上に株価が上昇するでしょう。

そして2021年現在問題となっているコロナウィルスの影響が去っても、電子署名の需要は増えると予想できます。

注目の電子署名関連の銘柄を3つ、下記にてご紹介します。

GMOグローバルサイン・ホールディングス

出典:https://minkabu.jp/stock/3788/chart

市場 東証一部
概要 サーバー管理や電子認証などのクラウド領域を手掛ける

GMOグローバルサイン・ホールディングスは、電子認証サービスの『 GMOサイン 』手掛けており、東証を代表する電子署名関連銘柄と言えるでしょう。

株価が10倍になる銘柄のことをテンバガーといって、同社は2020年3月19日に付けていた1,381円から2020年10月15日には1,4210円まで上がっており、テンバガーに達していることが特徴です。

そのため今後の値動き幅が大きいことが予想され、注意しておきましょう。

弁護士ドットコム

出典:https://minkabu.jp/stock/6027/chart

市場 東証マザーズ
概要 法律相談や弁護士向けサービス、また電子認証の分野でも注目される

弁護士ドットコムは「 クラウドサイン 」という電子契約サービスを展開しており、 テレワークが進むいま、 注目されている電子署名関連銘柄です。

クラウドサインを導入している企業は多く、( 株 )東京商工リサーチによる調査では、2020年3月末時点で電子契約利用企業の約80%がクラウドサインを利用していることがわかっています。

インフォマート

出典:https://minkabu.jp/stock/2492/chart

市場 東証一部
概要 BtoB プラットフォームサービスを数多く手がけている

インフォマートは560,459社に導入実績があり、取引や商談システムなどのBtoBプラットフォームサービスを数多く手がけている企業です。

電子契約サービスの『 BtoBプラットフォーム 契約書 』を手掛けており、 2020年3月中旬から反発している株価により、 電子署名関連銘柄の中でも注目できると言えます。

特にアベノミクスが始まった2012年12月から2019年12月までに約28倍になっている成長株であることが特徴です。

まとめ

今回の記事では電子署名関連の銘柄についていくつかご紹介しましたが、気になるものはあったでしょうか。 テレワークが進むと共に、電子署名関連の銘柄にも注目しておくと良いでしょう。

今後注目すべき電子署名関連銘柄でご紹介したとおり、 各社は電子署名システムを手掛けています。

今後電子署名システムの導入を検討しているのであれば、 銘柄と共に覚えておくといいかもしれません。

  • GMOグローバルサイン・ホールディングス:『 GMOサイン 』
  • 弁護士ドットコム:『 クラウドサイン 』
  • インフォマート:『 BtoBプラットフォーム 契約書 』

おさらいとして、 上記が各銘柄と電子署名システムです。参考にしてみてください。

ご相談無料
NINJA SIGN等の電子署名なら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS