DX

DXってなに?意味や事例、現状と課題、導入方法も徹底解説

ネットが普及して身近にある様々なものがデジタルに対応し、より豊かに発展を遂げている現代社会。その波は業務へも押し寄せ、昨今では「 テレワーク 」と呼ばれる働き方も推奨されるようになりました。

今回はデジタル化が進んでいく現代において導入が推奨されているDX( デジタルトランスフォーメーション )について詳しくご紹介していきます。

DXについて知りたい方や、自社での取り組みについて知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

DX( デジタルトランスフォーメーション )って何?

dx

そもそもDXって何なの?と気になる方も多いと思います。

ここではまず、DXとは何なのか、意味、デジタイゼーション・デジタライゼーションとの違い、といった疑問を解消していきます。

難しい概念ではありますが、少しずつ理解していきましょう。

DXとは

DXとは、端的に言うと「 デジタルで現状を豊かにすること 」という概念的な意味合いの強い言葉です。

例えば、手短なところだと「 テレワーク 」や「 Web面談 」などのデジタルツールを使用しつつ「 今よりも未来が豊かになるように行う変革 」を指すことになります。

概念的な意味合いが強いので、経済産業省が「 DX 推進指標 」内で定義しているDXについてもご紹介しておきますね。

「 DX 推進指標 」における「 DX 」の定義> 「 企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務その ものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること 」"

引用:「DX 推進指標」とそのガイダンス

主に「 変革 」をメインとしていることがわかるかと思います。

こちらもやはり概念的な理解になると思いますので、後半で実例についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

DXの意味とは

DXの英名は「 Digital Transformation 」です。

その頭文字をとって「 DT 」でなく「 DX 」になる意味については、主に下記の点があるためとされています。

  • 「 trans 」は英語圏では「 X 」と表記するため
  • 「 trans 」は交差を表し「 越えて 」や「 横切って 」を意味する
  •  同じIT用語の「 DT 」と被るため「 DX 」

英語圏で使われる「 Trans 」は交差を意味し、その一般的な表記は「 X 」であるとされています。そのため、「 DT 」ではなく「 DX 」が使われています。

デジタイゼーション、デジタライゼーションとの違い

デジタルトランスフォーメーションに近い単語で「 デジタイゼーション 」、「 デジタライゼーション 」があります。

デジタイゼーションは主に「 デジタル化よって業務の効率化や負担を軽減する 」ようなデジタル化を指すのに対し、デジタライゼーションは「 デジタル技術を活用し、現状のビジネスモデルに変革をもたらす 」ことを指します。

これを簡単に表すと、下記のような意味合いです。

  • デジタイゼーション = デジタル化
  • デジタライゼーション = デジタルトランスフォーメーション

デジタイゼーションは取り組み、デジタライゼーションはビジネスモデルの変革全体、ということになります。

DXに取り組むべき理由

dx

次は、DXに取り組むべき理由についてお話ししていきます。

DXに取り組む理由は、下記の3つです。

  •  データ損失や災害時の復旧リスクの軽減
  • 「 古き良き 」が淘汰される可能性
  •  経済産業省が指摘する「 2025年の崖 」の存在

こちらについて解説していきます。

データ損失や災害時の復旧リスクの軽減

DXにおける「 デジタル化 」を進めることによって、データ損失や災害時の復旧リスクを軽減させることが出来ます。

アナログに依存した会社の場合、紙の資料が災害や何かの影響により「 紛失 」や「 消失 」した場合に、そのまま情報を失い、損失となってしまうでしょう。

この損失はデジタル化を行うことで避けられます。

自社のPCに依存することもデジタル化と言えますが、その先、ネット上「 クラウドストレージ 」へとデータ移行を行えば、損失を最小限に抑えることが出来ますよ。

「 古き良き 」が淘汰される可能性

これだけ世の中に「 デジタル化 」の流れが来ていると、その波は「 古き良き 」にも影響を及ぼします。

例えば、「うちはずっと紙でやってきた。だからこれからも一生紙だ。紙が使えないところとは取引しない 」という会社があったとして、もし周りの会社が「 紙を使わない選択 」をしていったら、次第に取引相手がいなくなってしまいますよね。

そうなってからでは、正直遅いです。人も会社も、時代に乗り遅れれば消え、乗れたものだけが先に進めます。

世の中の流れを意識し、変えない部分と変える部分を厳選し、時代に乗っていかなければ存続は難しいでしょう。

経済産業省が指摘する「 2025年の崖 」の存在

経済産業省が指摘する「 2025年の崖 」とは、「 企業で利用されているITシステムが古くなり、変化が必要なタイミングで大きな損失が生まれる 」とするものです。

今後、問題になってくるレガシーシステムの存在が、2025年〜2030年の間に、日本経済に年間12兆円もの経済的損失をもたらすと言われています。

出典:DXレポート ~ITシステム「 2025年の崖 」克服とDXの本格的な展開~

全体に大きな損失を与えると同時に、自社にも大きな影響があるので、DXを実施して、未来の損失を減らしていく取り組みが必要ですね。

DXの現状と課題

dx

DXの取り組みは、どの会社にも周知の事実だと思われます。

しかし、実際に「 DXとは何をすれば良いのか 」や「 デジタル化すれば良いんでしょう? 」と考えている方は少なくないでしょう。

具体的な方針と明確なビジョンがない状態では、実際にどんなことに取り組めばいいのか悩んでしまうのが現状です。

課題としては、DXへの業務を全てチームや部下に丸投げしている現状や、IT教育への遅れ、自社システムのレガシー化が挙げられます。

参考:「 70%が着手 」と本格化進む日本企業の DX 成果創出のカギは経営トップのコミットメント

DXの導入内容

集団

ここでは、実際にDXを導入する際に行う内容について解説していきます。

  • 既存の業務内容のデジタル化を行う
  • 様々な業務の効率化を行う
  • 組織内データの共有化行う
  • 最適化を行い、事業計画をブラッシュアップ

ご紹介する内容は主に上記の4点です。順番にご紹介していきますね。

既存の業務内容のデジタル化を行う

DXにおける導入内容として、入口は「 業務内容のデジタル化 」です。

例えば「 電話対応をAIに 」「 勤怠管理をPCソフトで 」「 記録を全てクラウドで 」などが「 業務内容のデジタル化 」に当たります。

デジタルへの移行を行うことで、様々な業務の「 管理 」がスムーズになるでしょう。

様々な業務の効率化を行う

次の段階として「 業務の効率化 」があります。

現在多くの日本企業は、この「 業務の効率化 」をデジタルによって行なっているのが現状です。

「 デジタル化 」して蓄積させてデータの処理の仕方を考えたり、使い方を考えて「 業務を効率的に回す 」ことが必要になってきます。

組織内データの共有化を行う

デジタル化したデータを組織内で共有化することも、DXにおける導入内容になります。

DXでは、部門感のやりとりを活発にしたり、社内全体にデータを活用するために、その基盤を構築していくことが必要です。

「 デジタル化 」「 業務の効率化 」を行なった企業にとって、組織内でデータを共有する取り組みは、さらに業務の効率を上げることになります。

最適化を行い、事業計画をブラッシュアップ

最終段階として、事業活動自体にデジタル化の恩恵をもたらすことが大切です。

「 デジタル化 」「 業務の効率化 」「 組織内データの共有化 」を最大限、事業内容へと昇華することができれば、DXの取り組みとしては成功と言えるでしょう。

現状ではまだこの段階に至る企業は少ないですが、ここまでくれば「 2025年の崖 」も乗り越えることができると思います。

DXの実例

dx

DXにおける、各企業の実例についてご紹介していきます。

  • ライザップ:データでの詳細な管理
  • メルカリ:ネットマーケットの手軽化
  • マイクロソフト:既存ソフトのサブスク化

先程も触れた通り、DXとはデジタルを駆使して企業に改革を行うことです。

下記の企業は様々な視点から業務改革を行っています。

ライザップ:データでの詳細な管理

ライザップ( RIZAP )は顧客の様々なデータ、例えば体重や血圧、食事やECでの購入履歴など幅広い内容を管理し、詳細なデータを取り扱っています。

詳細な顧客データを駆使し、個人のボディメイクやゴルフにおけるスイング指導など、顧客のライフステージに沿ったサービスを展開し事業を拡大させています。

DXにおいては多岐に渡るデータを吸い上げ、データを一元化することで顧客に対して幅広いサービス展開が可能になりました。

参考:ソニー株式会社との共同開発による新サービス「 RIZAP GOLF LESSON System 」開始のお知らせ

メルカリ:ネットマーケットの手軽化

メルカリ( mercari )はオークションなどの個人間で取引が行われる媒体を、より手軽にチューニングをした「 フリーマーケットサービス 」を展開しています。

「 フリマ 」と呼ばれるこのサービスでは、今までのオークションサイトとは異なり「 出品者が決めた価格を、入札などの競争を行わずに売買出来る 」という画期的なシステムによって、従来のオークションでは獲得できなかった若い層を中心に人気を獲得しました。

フリマ以外にも、AI技術を活用した「 撮影した社品を分析し、商品名やブランドなどの項目を自動で入力する『 AI出品 』 」や、利用規約に違反している商品や取引を自動で検知するシステムも導入し、その取り組みの幅を広げています。

参考:メルカリ、経済産業省「 IT経営注目企業2019 」に選定

マイクロソフト:既存ソフトのサブスク化

マイクロソフト( Microsoft )は自社製品のソフトウェアであるOfficeシリーズをサブスクリプション展開、クラウド化することで、購入の敷居を下げたり、使用者への負担を減らすことに成功しています。

今までの買い切りソフトでは実現ができなかったインストールの手間が省けたりアカウント単位での管理になるため、PC間でのデータのやりとりなども非常にスムーズになりました。

「 お客に寄り添うマイクロソフト 」という経営姿勢で、顧客第一を掲げ、DXを用いた売り上げ向上に成功しています。

参考:マイクロソフトに学ぶサブスクリプションのマーケティング戦略

DXで活用されるテクノロジー

男性

最後に、DXで活用されるITテクノロジーについてご紹介していきます。

DXにおける「 デジタル 」は基礎として認識されていますが、そのテクノロジーについても種類は様々です。

  • AI( 人工知能 )によるデータ管理や自動選別
  • ビッグデータの高速処理でビジネスに転換
  • loTで身近な「 忘れ物 」が減る
  • 5Gで加速する情報の高速化

こちら順番に解説していきますね。

AI( 人工知能 )によるデータ管理や自動選別

AI( 人工知能 )はDXの中でも、代表的なテクノロジーです。

記事内でご紹介した「 メルカリのDX成功事例 」でも「 AI技術を活用したシステム 」が採用されていたり、実際に事業での成功事例もあるため、信頼におけるものでもあります。

他にも、ゲームのNPC( ノンプレイヤーキャラクター )を人工知能にしたり、音声認識や音声合成などもAIによって実現が可能です。

ユーザーの生活を豊かにする際や、医療現場などでの活用もされています。

ビッグデータの高速処理

ビッグデータは大量のデータの分析や保管、加工を行ったものなど、データに関して幅広い意味合いで使われるものです。

存在するだけでは「 ただのデータ 」に過ぎませんが、大量のデータに法則性を加えたり、カテゴリー分けを行ったりと、様々な処理をすることで、その可能性は爆発的に増加します。

現代ではコンピュータの処理能力が急速に上がっていて、膨大な量のデータであってもあっという間に計算できるようになりました。

loTで身近な「 忘れ物 」が減る

IoT( Internet of Things )はモノがインターネットを経由することで情報通信を行う技術で、身近な家電などの利便性を高める仕組みです。

身近な例で言うと、スマートフォンが衛生との通信によってGPSデータが利用できたり、家の中にある監視カメラの映像をスマートフォンで確認出来たり、ネットワーク上で様々なデータのやりとりや、操作を行えます。

IoTの技術によって、電子機器が全てインターネット上でつながり、家にある調味料がどこにいても確認出来たり、外から家の電気やエアコンを操作したりと、生活をとても豊かにしてくれるでしょう。

5Gで加速する情報の高速化

5G( 第5世代移動通信システム )は、データのやりとりに対して「 高速で大容量の通信 」「 信頼性が高く低遅延の通信 」「 多数の機器の同時接続 」が可能な技術です。

4Gでは4KのYouTube動画は遅延が発生したり、通信が途切れたりすることが頻繁に起きましたが、5Gだと、ものの数秒足らずでダウンロードが終わり、快適に動画視聴が可能なほどの高速通信が実現されます。

さらに、5GはIoTとの相性が非常に良く、将来的には家の監視カメラの映像がほぼリアルタイムで見えるレベルにまで成長する可能性もあります。

まとめ:DX( デジタルトランスフォーメーション )って何?

dx

今回はDX( デジタルトランスフォーメーション )について詳しく解説してきました。

これから先、世の中ではより「 デジタル技術 」によるデータのやりとりや、AIなどのテクノロジーにより、周囲の環境がさらに豊かになっていくでしょう。

DXは企業に大きな変化をもたらし、より企業を大きく前進させるための足掛かりとないます。

DXは社員の一部ではなく、企業のトップから社員の隅々まで一丸となって取り組むことが必要となってきます。

化石として取り残されないためにも、従業員のためにも、DXを導入し、企業を飛躍させてみてはいかがでしょうか。

ご相談無料
中小企業様・飲食店様のDXなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS