DX

DX研修とは?デジタル人材を育成できるおすすめの企業・サービス3選

近年、ビジネス界でデジタルトランスフォーメーション( DX )への注目が集まっています。

しかし、DXにはどのような人材やスキルが必要なのかわからない方も多いとおもいます。

本記事ではDX研修の特徴や目的、研修へ参加する前に確認しておくべきことをご紹介します。DX研修を提供しているおすすめ企業や、効果的に受講する方法まで特別にお教えします。

DXを推進するには知識が必要です。DX導入を考えている方は、良質な研修を見つけられるよう本記事を参考にしてみてくださいね。

DX研修の特徴や目的

今、デジタル化によって、あらゆる産業でビジネスモデルの変革が求められる時代になっています。

また、2020年以降は新型コロナウイルス感染症が世界的に流行したことで生活スタイルも激変し、「 デジタル企業化 」は以前にも増して急務となりました。

しかし、まだまだDXに関する理解が足りていない企業も存在します。DXの本質や全体像を理解できておらず、AIやloTを導入しただけで「 DX 」だと誤認してしまっている人が多いのも事実です。

知識が十分でないとDXを成功させることはほぼ不可能ですし、間違った知識を持ったままDXを推進できていると思い込んでしまっているパターンも非常に危険です。

そこで一度検討していただきたいのが、DX研修の受講です。

DX研修では、依頼企業の事業内容に応じた最適な内容で以下のようなことが学べます。

  • 全社的にDXへの理解を進め、目標認識や必要なアクションを共有するための啓発 / 基礎研修
  • DXの進め方や技術、方法( 価値創出プロセスなど )
  • DX推進における課題と解決策 / 事例の解説

研修は受講者の職種などに応じて講師派遣、またはオンライン形式で提供されます。

DX研修はこのような企業におすすめ

  • DXに取り組むことで得られるビジネスチャンスについて知り・考える機会が欲しい
  • 「 DXとは? 」という初歩的な段階から社内で意識統一を図りたい
  • 社内でどのようにDX推進における人材育成をすれば良いか分からない
  • DX推進に必要なスキルや方法を学びたい

DX研修会社を選ぶ際に確認しておくべきこと

次に、DX研修を受ける前に確認しておくべき2つのポイントについて説明します。

ポイント① 本当に「 DX人材 」を育成できるプログラムか

DX研修の内容が本当に「 社内でDX人材を育てることができるものかどうか 」を確認することは大きなポイントになります。

そもそも、従来のデジタルトランスフォーメーション( DX )というのは「 データを活用したりデジタル技術を利用することによって、人々の生活をより良いものへと変革させる 」という意味です。

一方、ビジネスシーンでの話になるとDXの定義の範囲は広くなります。例えば、以下のようなものです。

  • 企業が革新的なビジネスモデルや商品・サービスを生み出すこと
  • 業務を見直し、ITツールを導入して生産性を向上させたり、働き方を変革させること など

そのため、DX人材に必要なビジネススキルやデジタルリテラシーは広範に及びます。

以下がDX人材に必要なスキル・リテラシーの例ですが、研修を選ぶ際にはこのようなスキル習得だけでなく、「 DX人材を育成するためのプラン 」が充実しているものを選ぶことが大切です。

  • AI
  • IoTシステム技術
  • クラウドコンピューティング
  • ブロックチェーン
  • SQL
  • ビッグデータ活用
  • マーケティングフレームワーク
  • UI/UXデザイン
  • デザイン思考
  • 情報セキュリティ
  • エクセルマクロ
  • ロジカルシンキング・ライティング
  • プレゼンテーションスキル
  • ファシリテーションスキル など

関連記事:DXに必要な人材とは|必要な職種6つとスキルを解説

ポイント② 自社や部署ごとのニーズ合ったプログラムを選べるか

次に、自社のニーズに合ったプログラムを選べるかどうかも必ず確認しましょう。

例えばITを専門的に扱う部署、営業、企画、総務間でももちろん、そのほかの部署の社員ではベースとなっているリテラシー・スキルが異なります。

そのため、しっかりと育成するためにはそれぞれのスキルに見合ったDX研修を受けてもらう必要があります。

具体的には、一般社員を育成するならAIやクラウドに関する基本的な内容から学べるものがおすすめです。

システム・ソフトウェアの開発手法に関しても、変化に対応しやすいものなどDXと相性のよい方法を学ぶと良いでしょう。

DX研修が受けられるおすすめの企業・サービス3選

ここまで読んでDX研修がどのようなものかお分りいただけましたでしょうか。

次に、DX研修を実施しているオススメの企業を紹介します。

研修を行っている企業は多くありますが、今回はその中でも特に「 DX人材が育成できる条件 」が揃っていると思われる3つのサービスをピックアップしました。

インソース

画像出典元:https://www.insource.co.jp/kenshu/digital-transformation-top.html

インソースは公開講座や講師派遣型研修、eラーニングなどを手掛ける会社です。研修実績が豊富で、非常に多くの企業からの支持があります。

インソースのDX研修の特徴は、「 デジタルツールやデータをどのように活用すると効果が出るか」という観点から作られていることです。

これにより単なる技術研修・操作研修とは違い、DXの本質が見えるよう組み立てられています。

業務ひとつとっても、「 どこまでを自動化すれば良いのか 」「 自動化にはExcelやRPAを使うべきなのか 」などに関して、費用対効果も頭に置きながら考えることができます。

DX研修で受講できる内容

  • DX推進研修~5ステップで今日から始める
  • DX理解研修
  • システム / IT理解研修
  • デザイン思考研修
  • ビジネスモデル企画研修 など

DX研修のターゲット

IT部門だけでなく、実際に業務に携わる経営者や管理職、一般部署の社員など幅広い人材を対象にしています。そのため、DXを全社総出で進めていきたい企業におすすめの研修企業です。

DX研修の受講形態

オンライン研修または動画教材もあり。

富士通株式会社

画像出典元:富士通ラーニングメディア

富士通ラーニングメディアでは、1,500コースカリキュラムもの豊富な研修サービスを提供しています。

他にも、人材育成などに関連する幅広い事業を手掛けているため、安心して研修を依頼することができます。

富士通ラーニングメディアは変革を推進するリーダーには「 デジタル戦略・組織 」「 デジタル思考 」「 デジタルプロセス 」「 デジタルテクノロジー 」という4つの観点が必要だと考えています。

様々なコースがあるため、各企業のニーズに合った研修を受けられるでしょう。

DX研修で受講できる内容

研修コースは、以下の5つに大きく分類されています。詳しくはHPをご確認ください。

  • 戦略 / 組織
  • 思考
  • プロセス
  • テクノロジー
  • リテラシー

DX研修のターゲット

DX推進に携わる人材の育成にはもちろんのこと、新入社員研修の一環としてITの知識・スキルを学ぶこともできます。

DX研修の受講形態

指定のラーニングセンターまたはeラーニングでもカリキュラムの提供が可能。

ジッセン!

画像出典元:https://jissen.me/

「 ジッセン! 」は、1万人を超える受講者実績を持つデジタルマーケティング領域専門のeラーニングサービスです。

オンライン上で、「 いつでも 」「 どこでも 」「 学びたい講座を繰り返し学ぶことができる 」ことが特徴です。

自社が求めているテーマだけをピンポイントで学ぶこともできるので、多様な役割・スキルを持つ社員の役に立ちます。

また、ただ知識として理解するだけではなく、具体的にアウトプットするためのノウハウも提供しており、他サービスと比べて料金が良心的なのも人気の理由です。

DX研修で受講できる内容

250以上の講座から好きなものを選択して受講することができます。

  • Webマーケティングの業界マップ
  • Big Data概論
  • SEOコンサルタント育成講座
  • データサイエンティスト初級講座
  • TrueView実践講座 など

DX研修のターゲット

全社的にも、管理職や部門ごとで必要な講座を受講するのにもおすすめです。

受講形態

eラーニング

DX研修の効果を上げる2つの方法

DX研修を実施している3つの企業・サービスを紹介させていただきましたが、自社に合いそうな研修は見つかりましたでしょうか。

しかし研修を受けたとしても、ただ受ければDXを成功に繋げられるという話ではありません。

研修を活かして社内で活躍できるDX人材を育成するためのポイントとして、研修の効果をより高めるために行うべき2つのことをお伝えします。

方法① 研修前に事前準備を行う

研修前には社員に「 なぜこの研修を受けるかという目的をしっかりと理解させる 」ことを徹底しましょう。

目的がよく分からないまま研修を受けてるのでは、その後に繋がりませんし研修を受ける意味がありません。

また、DXに関連する最低限の知識を「 社内研修 」として実施するのもおすすめです。基礎を固めておくことで、研修費用を削減できます。

特にIT系の会社であれば、試しにDX研修を行っている企業のカリキュラムをチェックして、「 これなら自社でもできそうだな 」と思うものは社内で完結させましょう。

他には、研修を受ける社員の現状のスキル・リテラシーを知っておき、それぞれに見合う研修を選ぶことも重要です。

先ほども紹介したように、DX人材の育成とはいえ多種多様なコースが存在することも覚えておきましょう。

関連記事:【徹底解説】DXとはどんな技術なのか?現状や進め方などについて

方法② 研修後のフォローを行う

事前準備も大事ですが、研修後の振り返りや共有の場を作ることも効果を高められる大きなポイントです。

なぜなら、研修内容は1日では定着しないからです。定期的に振り返ることで、習ったことを定着させることができ、結果実際の業務で活かせるようになるはずです。

研修で学んだ内容を所属部署など周りへ共有する場を作ることもおすすめです。

皆さんも勉強などにおいて感じたことがあるかもしれませんが、学んだことをアウトプットすることで、自分自身の整理整頓になるからです。

他のメンバーだけでなく自分が知識を深めるきっかけにもなりますので、インプットした情報をアウトプットする場を積極的に作るようにしましょう。

さらにもう一つ、「 研修後どのように変化したか 」を評価するサイクルも重要です。上司は成長具合や弱点に関するフィードバックを行うようにしましょう。

これは研修を受けた社員のモチベーションを保つためでもありますが、研修の効果を社内で着実に発揮する流れを作るためでもあります。

DXは1年で完結するようなものではありません。したがって、毎年研修を受ける社員がいても普通ですよね。

実際に研修を受けた社員へのインタビューやアンケートを実施して生の声を吸い上げ、次の研修へ活かすことができれば良いでしょう。

まとめ

今回はDX研修の特徴や目的、おすすめの企業・サービス、研修へ参加する前に確認しておくべきことをご紹介しました。

研修の効果を最大限にUPさせるためにも、最後の2つのポイントはしっかりと抑えておいてくださいね。

DX研修はそれぞれ特徴やカリキュラムが異なります。

会社で活躍できるDX人材を育てられるよう、研修内容はもちろん、自社の形態に合わせてコスト面やスケジュールなどもチェックするようにしましょう。

ご相談無料
中小企業様・飲食店様のDXなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS