DX

DX成功に導く「 戦略的パートナー 」とは? 必要な理由と選ぶ際のポイント

デジタルトランスフォーメーション( DX )を上手く進められるかどうかは企業の生存や今後の競争力に大きな影響を与えます。

しかし、DXを推し進めるための人材や経験が不足している企業は少なくありません。

そこで思い浮かぶのが、DXを成功に導いてくれる戦略的パートナーの存在です。

本記事では、企業がDXを上手く進められない理由やパートナーと組むメリット、パートナーを選ぶ際のポイントなどについて徹底的に解説します。

これからDXに取り組む方や、DXを始めたけれど行き詰まってしまっているという方はぜひ本記事を参考にして、パートナーと一緒にDXを進めて行くべきかどうかを検討していただければと思います。

DX実現に求められる外部パートナーの存在

スマートフォンの普及で人々の消費行動が変化したり、さらに新型コロナウイルス感染症の影響もあり、ここ数年でビジネスを取り巻く環境は大きく変化しました。

生活やビジネスにおいても「 デジタル化 」は顕著で、AIやIoTをはじめとする技術も止まることなく進化しています。

こうした時代背景から、昔と同じ業務プロセスやシステムを利用している企業は今後業界内で生き残りずらくなるでしょう。

そこで企業にとって必要になるのがデジタルトランスフォーメーション( DX )です。

DXはビジネスにおいては「 新しいビジネスモデルや商品・サービスを生み出すこと 」が目的とされています。

それだけでなく、「 これまでの業務を徹底的に見直し、デジタルツールを導入して生産性を向上させる 」ことなどもDXを推進するメリットです。

しかし、いざDXを始めようと思ってもある程度豊富な知識がなければ、ただデジタルツールを導入して終わるケースも多いです。これだけでは、本来成し遂げるべき改革を実現することはできません。

ここで登場するのが外部パートナーの存在です。パートナーを味方につけることで、自分たちだけで乗り越えられなかった問題も解決できるようになります。

ただし、パートナー選びは重要です。単にシステムを開発してくれるような会社ではなく、その先の事業の成果まで見据えて関与してくれる「 戦略的パートナー 」を選ぶようにしましょう。

選ぶ際のポイントについては後述します。

DXを上手く進められない理由は現場にある?

実は、DXに取り組む企業のうちおよそ70%が失敗を経験しています。DXに失敗する大きな理由は、「 スキルの問題 」や「 人手不足 」です。

IT系の企業は別かもしれませんが、多くの企業のICT( Information and Communication Technology )運用の現場では、最新技術に対応できるスキルを持つ従業員がいないことがほとんどです。

それに、データの使用や管理においてコンプライアンス上の問題がないのかどうかなど判断ができないことも多く、そこでDXへの取り組みを中断してしまうケースも多いです。

ICT運用現場で起こっていることの一例

  • 最新技術のスキルを身につける時間がない
  • 使い慣れた既存システムからクラウドに移行することをためらっている
  • 膨大なデータをどのように集約して活かせば良いのか分からない

DXを上手く進める3つのポイント

こうしたDXが途中で止まってしまったり失敗する理由を踏まえると、DX実現のポイントは 「 」「 プロセス 」「 テクノロジー 」の3つにあると考えられます。

経営者が先頭を走って目標を掲げ、全社的にDX推進を呼びかけることで各部門の垣根を取り払い、シームレスに検討を進めるための体制を作ることが大切。
プロセス セキュリティやガバナンスのリスクに対応したシステムを利用し、それを「 見える化 」して管理体制を整える。また、システムが変わることで従業員から不満が出たとしても初めのうちだけだと割り切ってDXを推し進め続けることが大切。
テクノロジー 最新技術を活用するだけでなく、そこで得たデータや価値をどう自社のビジネスに取り入れていくかという視点を持つことが大切。

 

DXでパートナーを味方につけるメリット

初めの段階で立ち止まっている方やビジョンを策定している段階でハードルの高さを感じてしまう方も少なくないのではないでしょうか。

とはいえ、DXには必ず成功する魔法のようなマニュアルはありません。企業ごとで時間をかけて戦略を練る必要があります。

そこでDXの成功体験と知見を持つ外部パートナーに協力してもらい、「 自社が行うべきDX推進の流れ 」を具体的に落とし込めるようになることは大きなメリットとなります。

また、パートナーと一言でいっても様々な分野でそうしたサービスを行う会社がありますので、システム開発やマーケティングなど、自社が苦手とする部分だけを助けてもらうこともできます。

全面的な協力を依頼したい場合はトータルで対応してくれる会社にお願いしてください。

企業によって必要となるパートナー像は異なりますので、自社の状況に応じて外部のパートナーを適切に選定するようにしましょう。

パートナー選びの3つのポイント

では最後に、DXを成功に導いてくれる「 戦略的パートナー 」 の見極め方についてご紹介したいと思います。

近年ではコンサルティング企業やソフトウェア企業、広告代理店など、様々な企業がDXの外部パートナーとしての事業を展開しています。

それぞれ専門としている分野は異なるのですが、どのような形態の企業であってもパートナーとして期待したいポイントがあります。全部で3つあるので、順に説明していきますね。

ポイント① ビジネスの視点でIT技術を活用するシナリオが描けるかどうか

1つ目は最新のIT技術に精通しているだけでなく、「 ビジネス視点 」でDXを構想、計画する力があるかどうかです。

なぜなら、DXでITを活用する際にはビジネスの視点で「 どのように成果を生み出すか 」を導く必要があるからです。

それだけでなく、「 経営と現場 」や「 事業とIT 」をつなぐ役割を担ってもらえるパートナーを探しましょう。

DXは経営視点・現場視点や短期視点と中長期視点といった多面的な視点が必要になります。

依頼側の企業は任せきりにするのではなく、自社の置かれている事業環境や経営課題と一緒に向き合ったり、ゴールに向けた施策を一緒に検討するなど、DXの知識やスキルを蓄積していけるようなスタイルで進めましょう。

ポイント② スピード感のある事業開発の仕組みをつくれるかどうか

次に重要となるのは「 実行力 」です。今日のような不確実性が高いビジネス環境の下では、変化に対応するスピードが求められます。

そのため、ビジネス構想を練って、必要なシステム像を描いて、システム開発を進めて・・・というのをトップダウンで行っていては変化に追いつくことができません。

必要なのは、スピード感を持って商品・サービスを市場へ送り出し、顧客の反応を的確に捉えながら方向を調整していけるような「 機敏に事業開発を行う仕組み 」です。

これは、「 ビジネスとシステムの両面でスピード感を持ってサービスをリリースできる組織構造 」のことを意味します。

この仕組みを実現させるためには、成果を最大限にできるような企画を具体化し、システムチームに要件を伝える「 ビジネスチーム 」を設置することや、柔軟性の高いシステム開発体制を敷けるかどうかがポイントとなります。

また、システムに改修が必要な場合もなるべく簡単な作業で対応できるような「 変化に強いシステム構造 」を構築してもらうようにしましょう。

パートナーと組んでこれらを実現できれば、時代の流れと共に新たなサービスをいち早くリリースできますし、頻繁に起こりうる変更にも柔軟に対応できる強い企業へと生まれ変われます。

ポイント③ 既存のデジタル資産を把握し、有効活用できるかどうか

DXを通して事業やビジネスモデルを改革するためには、AIのようなデジタル技術を導入することになります。

その際、「 自社にはどのようなデータがあるのかを把握し、AIにどのように学習させるか 」を見極めて、業務へ適用する範囲や方法などを適切に判断できるかどうかもパートナー選びで重要になります。

つまり、AIを「 上手く 」活用するスキルが必要だということです。

2000年以降、ITの領域は拡大し続け今や多くの事業や業務に取り入れられており、これからDXを行う企業であっても、デジタル資産が社内に埋もれていることがほどんどです。

ですのでそうした過去に蓄積されたデジタル資産を把握し、DXに有効に活用してもらえるかどうかもパートナー選びのポイントになります。

まとめ

今、世界的に「 Withコロナ時代 」へ突入しています。中小企業だけでなく、大企業であっても変わることをしなければ、時代や人々に取り残されていくでしょう。

DXを成功させたいと考えている場合は、本記事を参考に「 戦略的パートナー 」と協力してDXを推し進めてみてはいかがでしょうか。

ご相談無料
中小企業様・飲食店様のDXなら
メールでのお問い合わせ

Facebook

Twitter

LINE

はてなブログ

RSS