副業

アフィリエイトはスクールで稼げるようになる?|メリットやデメリットも解説します

アフィリエイトを始めるときや行き詰まったときに1つの方法として、「 アフィリエイトのスクール 」があります。
アフィリエイトスクールは基本的にアフィリエイトの基礎を学んで行く形になるため、初心者のころであれば基礎を身につけて稼ぎやすくなるでしょう。

しかし、アフィリエイトのスクールに入らないと稼げないわけではなく、あくまで稼ぐための1つの方法と考えてください。
独学でも稼いでいるアフィリエイターは多くいます。

今回は「 アフィリエイトスクールで稼げるようになるのか 」を中心にメリットやデメリットも解説していきます。

アフィリエイトのスクールとは

アフィリエイト free

アフィリエイトスクールはアフィリエイトを学ぶために月額料金や期間の料金を支払い、講師にアフィリエイトの手法などを教えてもらう場所です。

基本的にはオンラインで完結することが多く、対面で話しをしながら教わることは月に1回の面談日などになります。
講師陣は現役のアフィリエイターか、過去にアフィリエイトで大きく稼いだ人が多いでしょう。

主なアフィリエイトスクールは初心者向けに開催されていることが多く、アフィリエイトの基礎を学びながら進められるため、右も左も分からない初心者のころには方向を間違えずにアフィリエイトを進めることが出来ます

セミナーや塾との違い

アフィリエイトを教えてくれる場所はスクールだけではなく、「 セミナー 」や「 塾 」もあります。
まずはセミナーですが、基本的に1回限りのものが多いでしょう。

大手のASPが講師を招いて無料で開催していることが多く、他のアフィリエイターと交流の場にもなります。
しかし、無料のセミナーでは具体的なアフィリエイト手法やノウハウは得られないこともあります

あくまで、少し知識が増えるのとアフィリエイターの知り合いが出来るぐらいに思っておきましょう。

次に塾ですが、スクールと似た形を取っていることが多いです。
明確な違いは、「 スクールは企業 」「 塾は個人 」で運営していることが多く、料金は塾の方が高額になっています。

他にも、スクールは比較的初心者向けですが、塾の場合は中級者以上向けに設定していることが多く、即実績に繋げられるような内容になっているため、人によっては塾に入って大きく稼げるようになることもあるでしょう。

関連記事:アフィリエイトのセミナー|メリット・デメリット

スクールのメリット

merit

アフィリエイトスクールは無料ではありませんので、入るにはメリットが必要でしょう。
大きなメリットを3つ解説していきます。

①基礎が学べる

アフィリエイトは独学でも十分に始めることは可能ですが、やはり時間がかかります。
アフィリエイトは初めての報酬まで最低でも半年ほどかかると言われていますが、最初から基礎を学べるスクールに入れば、時間を短縮することができるでしょう

とにかく早く収益を出したい場合には、基礎からスクールで学んで時間を短縮していくことがおすすめです。

②道筋が出来る

自分1人で始めた場合には、「 どうゆう方向で進めたら良いのか 」「 進めている方向は合っているのか 」という悩みが常にあります。

独学では、合っているか合っていないかの判断が出来ないため、半年や1年かけても報酬が発生しないことはよくあります。
スクールであれば講師が方向をチェックし、間違っていれば修正をかけてくれるため、収益の発生しないことを延々と続ける心配は少なくなるでしょう

③アフィリエイト仲間が出来る

アフィリエイトスクールはマンツーマンではなく、数十名の生徒と一緒に進めることになります。
特に対面や懇親会を月に数回設けているスクールであれば、生徒同士の交流があり、アフィリエイト仲間が出来たりもします。

アフィリエイトは基本的に1人で取り組むビジネスなので、時には孤独を感じたり、やる気を失ってしまうこともあるでしょう。
しかし、アフィリエイトを一緒に取り組む仲間が出来れば、励みになるだけではなく、貴重な意見交換も出来るようになるため、アフィリエイトも続けやすくなります。

スクールのデメリット

demerit

アフィリエイトスクールのメリットを解説してきましたが、全ての人にとってメリットになるわけではなく、人によってはデメリットに感じる部分も出てくるでしょう。

大きなデメリットを2つ紹介していきます。

①費用がかかる

一番のデメリットは費用がかかることでしょう。
アフィリエイトは初期投資が少なく始められることも大きなメリットなので、費用がかかることはアフィリエイトのメリットを1つ消してしまうことになります

アフィリエイトスクールの費用は高額すぎるわけではありませんが、月に数千円から2万円ほどはかかりますので、お金をかけたくない場合にはデメリットになってしまうでしょう。

②まとまった時間が必要になる

アフィリエイトスクールに入っただけで稼げるようになるわけではなく、作業をするのはあくまで自分です。
スクールによっては「 1日に〇〇時間は作業してください 」と言われることがあります。

アフィリエイト自体、作業時間は多く必要になりますが、自分1人であれば仕事が早く終わった日や休みの日に行うことも出来るでしょう。

しかし、教えてもらっている以上、作業報告をしたり、全体のカリキュラムについていく必要があります。
本業が忙しく、毎日まとまった時間が取れない場合にはスクールよりも、独学でコツコツと進めるほうが合っているかもしれません

アフィリエイトスクールに入る前にやっておくべきこと

女性

アフィリエイトスクールに入ることを決めた場合には、準備としてやっておくべきことがあります。
準備をしておくことで、スクールを最大限利用できるようになります。

最低限のパソコンスキルを身につけておく

アフィリエイトスクールはパソコン教室ではないため、最低限のパソコンスキルは身につけておきましょう。
例えば、ワードやエクセルなど、社会人が必要とされているスキルは必要になってきます

普段からパソコンを使い慣れておくことで、スクールに入ってから困ることを防ぎ、アフィリエイトの勉強だけに集中することが出来ます

他にも、分からないことが出来た場合には「 自分で調べるくせ 」をつけておくと良いでしょう。
アフィリエイトは独学で進めてきた人が多いため、「 何でも聞く人 」はあまり良い印象になりません。

これには理由があり、アフィリエイトは全て教えてもらえるわけではなく、キーワードの選定やマーケティングなど、自分で動いて調べる力が必要になってきます。

分からないことがあった時、すぐ聞くのではなく、「 まずは自分で調べる 」ことを実践すればスクールでも伸びやすく、今後のアフィリエイトでも役に立ちます。

アフィリエイトの仕組みを知っておく

初心者向けのアフィリエイトスクールに入れば、アフィリエイトの方法を教えてくれますが、「 アフィリエイトの仕組み 」まで詳しくは教えてくれないでしょう。

アフィリエイトの仕組みを理解していない状態で入会しても、ついていけない場面や上手く理解できないことがあります
最低限アフィリエイトがどういった仕組みなのかを理解しておくことで、スクールに入ってからもスムーズに進めることが出来るでしょう。

次の項目でアフィリエイトの仕組みを解説していきます。

アフィリエイトの仕組み

free

アフィリエイトは「 成果報酬型の広告 」のことで、商品やサービスが売れた場合に広告主から成果報酬が支払われることになります。

アフィリエイターは「 成果報酬 」を得るためにサイトや記事を作っていることになります。
広告主・ASP・ユーザー・アフィリエイターの4つでアフィリエイトは出来ているため、それぞれの役割を詳しく見ていきましょう。

広告主とは

広告主は自社の製品やサービスを広げるためにアフィリエイト広告を出稿します
広告主が直接アフィリエイターに広告の掲載を依頼することは少なく、基本的にはASPに依頼することになります。

ASPに依頼することで多くのアフィリエイターに広告を掲載してもらいやすくなるため、個々のアフィリエイターに広告の掲載を依頼することは少ないでしょう。

広告主が掲載を依頼する商品やサービスは幅広く、日用品から嗜好品、クレジットカードやスポーツジムなど様々です。
案件の幅が広いため、アフィリエイターは自分の得意なジャンルの案件を選び、成果報酬を得るために記事を書いていくことになります。

ASPとは

ASPは広告主とアフィリエイターを繋ぐ役割をしています
アフィリエイトを始めるのであれば絶対に外せないポジションであり、必要になる存在です。

広告主は自社でアフィリエイターを探すことは基本的にしません。
ASPに広告の出稿を依頼することで、自社でアフィリエイターを探す手間もなく、広く商品やサービスを広げることが出来ます。

ASPは広告主から預かった案件をアフィリエイターに掲載依頼し、成果が発生した場合には広告主に変わりにアフィリエイターへ報酬の支払いをするため、アフィリエイターは広告主と直接のやりとりをすることもなく、報酬の受け取りまで完結できるようになっています。

アフィリエイターにとってASPは広告の案件を探す場所でもあり、広告主との仲介役にもなる重要で必要な存在と言えるでしょう。

関連記事:アフィリエイトに必須のASPを比較

ユーザーとは

ユーザーはサイトを訪れて商品やサービスを購入してくれる消費者のことを指します
つまり、あなたがweb上で商品やサービスを探している場合には自分もユーザーということになります。

アフィリエイトはユーザーがいなければ成り立たないビジネスなので、ユーザーに好まれるサイトを作っていく必要があると言えるでしょう。

ユーザーが持っている悩みや疑問を解決することで、報酬に繋がるため、ユーザーの役に立つことを意識してサイトや記事を作っていく必要があります。

アフィリエイターとは

メディアと呼ばれることもありますが、アフィリエイト広告を掲載するサイト運営者のことです。
特に「 アフィリエイター 」という言葉は広告収入で生計を立てている人を指すことが多いでしょう。

アフィリエイターはユーザーが必要としている情報の記事を書き、記事に合った広告を掲載、ユーザーが商品やサービスを購入した時に報酬を得ることになります。

アフィリエイトスクールの見分け方

free

アフィリエイトスクールは有名なところから、個人で運営しているところまで様々です。
アフィリエイトに怪しいイメージを持っている人が多いですが、悪いイメージのほとんどは悪質なスクールなどによるものです。

スクールに入る前に「 本当に信用できるのか 」をしっかりと見極める必要があるでしょう。
見極めるポイントを3つに絞って解説していきます。

①主催者に実績があるか

アフィリエイトスクールを実施している場合、主催している人の実績を公開していることが多いでしょう。
まずは、公開している情報から本当にアフィリエイトで実績があるのかを確認していきます

スクールのページだけを確認するのではなく、その人の名前で検索してレビュー記事などを探していきましょう。
有名なスクールであれば実際に入会した人の記事を見つけることも出来ます。

この時にスクールの広告を貼っていたり、良いことばかりを書いている場合には注意が必要です。
スクールの広告を貼っている場合には単なるアフィリエイト記事の可能性が高いため、本当に参加した人の情報ではない可能性があるでしょう。

②高額すぎないか

アフィリエイトスクールの相場は月に数千円から2万円ほどです。
この金額を大きく超える場合には注意が必要でしょう。

スクールはあくまでアフィリエイトの基礎的な部分を教えていることが多く、月に数百万円稼ぐことをコンセプトにしていません。
月に数万円ほどを稼ぐ目標に設定しているのに、料金が数十万円するようであれば辞めておいたほうが良いでしょう

③誇大広告がないか

「 1日に〇〇時間で 」「 1ヶ月で〇〇円の収入に 」といった広告であれば注意しましょう。
アフィリエイトは稼ぎ始めるまでに長い時間と努力が必要になります。

1日に数時間の作業を1ヶ月続けただけでは収入になることはありません
アフィリエイトは初めて報酬が発生するまでには少なくとも半年かかると言われています。

さらに、アフィリエイトで大きな収入を得ているアフィリエイターの多くは1日の作業量もかなり多く、簡単に稼げるようにはなっていないため、あまりにも簡単すぎる方法を宣伝しているのであれば怪しいと思ってください。

おすすめのアフィリエイトスクール

仲間

ここではおすすめのアフィリエイトスクールを2つ紹介していきます。
2つとも知名度が高いので、安心して申し込むことが出来るはずです。

①atus( ええタス)

月額料金 13,000円
地域 東京・大阪
公式サイト https://lp.atus.jp

ええタスは東京と大阪に拠点を構えるアフィリエイトスクールです。
コーチとして教えてくれるのは現役のアフィリエイターなので、活きた情報を知ることが出来るでしょう。

基本的にはオンラインと月に1回のサポート日があり、面と向かって質問や自分のサイトを見てもらえるため、正しい方向でアフィリエイトを進めることが出来ます。

基本的に初心者向けになっていて、アフィリエイトをゼロから始めるマニュアルやコミュニティがあるので、アフィリエイト初心者には良い環境になっています。

反対に、ある程度アフィリエイトを実践してきた人であれば、マニュアルが必要なかったりと無駄に感じてしまう部分が出てくるでしょう。

また、オンラインのサポートもあるため全国どこに住んでいてもスクールに入ることは可能です
しかし、ええタスの特徴は「 直接会って聞けるサポート日があること 」なので、オンラインのみは少しもったいなく感じてしまうかもしれません。

②AMC

月額料金 9,800円
地域 全国
公式サイト http://ctw-service.net/product/amc/sales/infotop.html

AMCは10年以上の運営歴があるアフィリエイトスクールです。
初級者から中級者を対象にしているため、アフィリエイトで報酬が伸び悩んでいる人にも入る価値はあります。

しかし、テキストは初級者向けの内容が多くなっているので、中級者には少し物足りなく感じるかもしれません。
アフィリエイトの報酬がすでにある人はコミュニティやサポートをメインで活用することになるでしょう。

また、AMCでは月に1回Skype面談があるため、分からないことや直接質問したい場合に利用することが出来ます。
実際に会って質問できない点がデメリットにはなりますが、料金はその分少し低いためアフィリエイトの基礎を学ぶにはおすすめできそうです。

アフィリエイトスクールに入る注意点

注意

アフィリエイトスクールに入る前に、ここで解説する注意点は確認しておいてください。

成果が出るとは限らない

アフィリエイトスクールに入れば必ず成果が出るというわけではありません。
独学で進めるよりも、スクールで教えてもらいながらのほうが成果が出る可能性は高くなります。

しかし、可能性が高くなるだけで絶対ではありません。
代わりに記事を書いてくれるわけでもなく、あくまで自分で記事を書いて作業を進めていくため、絶対に成果が出るわけではなく、補助してもらえるという感覚でいましょう

作業量は変わらずに必要

アフィリエイトスクールは裏技を教えてくれるわけではなく、アフィリエイトで収益を得るためには自分で作業していく必要があります。

スクールに入ったから作業量が少なくなるのではなく、今まで通り、もしくは今まで以上の作業量が必要になってきます。
アフィリエイトで稼ぐための時間はスクールに入っても、独学でも変わらず、あくまで正しい方向に導いてくれるものになるため、「 楽をしたいからスクールに入る 」という考えはやめておきましょう。

まとめ

発明

今回は「 アフィリエイトスクールで稼げるようになるのか 」を中心に解説してきました。

アフィリエイトスクールは必要な情報や方向性を示してくれるため、独学よりは確実に稼ぎやすくなるでしょう。

しかし、あくまで補助的なものなので、スクールに入れば絶対に稼げるわけではなく、努力は変わらず必要になります。

費用も無料ではないため、自分自身が本気で取り組む必要があります。

「 早く稼げるようになりたい 」「 アフィリエイターのコミュニティが欲しい 」という方はスクールに入ることを1つの選択肢にしてみてください。