【初心者必見】動画アフィリエイトとは?|稼ぐコツやメリットやデメリットも詳しく解説

最近は動画アフィリエイトという言葉をよく耳にするようになってきました。
アフィリエイトは本来、ブログなどのweb紙面で商品やサービスを紹介していましたが、動画アフィリエイトではその名の通り動画を使うことになるため、ブログを使ったアフィリエイトとは別の手法になります。

今までブログ上でアフィリエイトを行なってきたアフィリエイターも動画アフィリエイトへの参戦が増えてきているため、アフィリエイターも注目しているサービスと言えるでしょう。

しかし、まだまだ動画アフィリエイトに関する情報は少なく、ブログと動画、YouTubeとの区別も曖昧なことが多いです。
今回の記事では「 動画アフィリエイトについて 」や「 動画アフィリエイトのメリットやデメリット 」を分かりやすく解説していきます。

アフィリエイトについて

アフィリエイト

アフィリエイトは「 成果型報酬 」のことを指します。

自分で運営しているブログなどに商品やサービスのアフィリエイト広告を貼り、ユーザーが広告から購入や登録へ進んだ場合に売り上げの一部を報酬として受け取ることが出来ます

アフィリエイトは参入障壁が低く、始めようと思えば誰でも始めることが出来るため、人気の高い副業と言えるでしょう。
しかし、参入しやすいことは確かですが、実際にアフィリエイトで収入を得ている人は少なく、アフィリエイトのみで生計を立てている人はごく少数です。

パソコン1台で始められて、初期費用も少額で済むことからも人気のアフィリエイトですが、アフィリエイトのみで生計を立てることは、とても難しいということを理解しておきましょう。

ブログアフィリエイトと動画アフィリエイトの線引きは曖昧

ブログでアフィリエイトを行う場合には、自分が投稿する記事の中にアフィリエイト広告を配置することになります。
広告は静止画のものが基本となっており、アフィリエイターは文章や構成などでユーザーに伝わりやすい内容で記事を作り、最終的にユーザーが興味を惹かれるような場所にアフィリエイト広告を配置します。

動画アフィリエイトの場合は動画を使うことになるため、記事の作成ではなく、商品を紹介する動画を作成していくことになりますが、ブログを使ったアフィリエイトでも動画の広告を使えるASPや広告主が出てきているため、ブログアフィリエイトと動画アフィリエイトの線引きが曖昧になっています。

動画を扱った広告であれば「 動画アフィリエイト 」とすることが現在では主流になっているため、明確な違いを表していることは少ないでしょう。

本来は媒体ごとに分けることになるため、動画を使っていても記事に貼れば「 ブログアフィリエイト 」になり、文章を作成せずに動画のみで完結するのであれば「 動画アフィリエイト 」になります

動画アフィリエイトとYouTubeの違いはある?

youtube

媒体で考えると、「 動画アフィリエイト 」と「 YouTube 」に大きな違いはありません。
しかし、細かく言うとアフィリエイトは商品やサービスを売り込む必要があり、YouTubeは商品を売り込む必要がありません。

2つの違いを詳しく解説していきます。

動画アフィリエイトは案件に絞る

アフィリエイトは商品やサービスをユーザーに購入、登録してもらうことで報酬が得られます。
つまり、動画を作成して投稿しただけでは収益にはならず、ユーザーが動画を見て魅力を感じ、購入や登録をしなければ報酬を得ることは出来ません

ここに関してはブログアフィリエイトと全く同じなので、YouTubeのように「 チャンネル登録者数や再生回数 」という部分が増えれば良い、というわけではなくなります。

あくまでアフィリエイトなので、ブログ型と同じようにユーザーに興味のある情報を発信し、購入などの結果が必要になります

ただし、媒体としてYouTubeを使うことはあるため、YouTube単体の収益化か、YouTubeを使ってアフィリエイトをするかの違いになるでしょう。

YouTubeはGoogleAdsenseと同じ

まず、アフィリエイトでは「 アフィリエイトとGoogleAdsense 」に分けることが出来ます。
この2つは一緒にされることも多いですが、アフィリエイターの中では明確に分けられていることが多くなっています。

アフィリエイトは「 成果報酬型 」なので、ユーザーが商品の購入やサービスの登録をしなければ広告をクリックされても1円の利益も発生しません。

GoogleAdsenseは「 クリック報酬型 」でユーザーが広告をクリックしただけで報酬が発生します。
アフィリエイトと違い「 商品の購入 」まで進む必要はなく、ユーザーが広告をクリックした段階で報酬が発生するため、報酬発生のハードルは低いですが、その分、報酬金額は低く設定されています。

YouTubeはGoogleAdsenseと同じ報酬形式のため、動画内に設置される広告をユーザーが再生することで報酬発生となり、ユーザーが商品の購入やサービスに登録するといった行動は関係ありません

そのため、YouTubeでは再生回数が伸びれば報酬が高くなり、再生回数が伸びなければ報酬は低いという、とてもシンプルな方法になっています。

動画アフィリエイトの方法

YouTube

動画アフィリエイトの方法を3つに分けて解説していきます。
最近では動画広告に対する広告主の注目度も高くなってきているため、今後、さらに方法は増えていくでしょう。

①サイトアフィリエイトに誘導する

最も一般的な方法ですが、「 サイトと動画 」の2つを組み合わせた方法になります。
基本的なアフィリエイトはサイトを使ったブログで行う必要があるため、アフィリエイトしたい商品の記事をあらかじめ作成しておきます。

その上でYouTubeなどの動画媒体で、商品の紹介動画などを投稿し、自分の作成したブログ記事に誘導する形にしましょう。
YouTubeであれば概要欄に自分のサイトや関係のある記事のURLを貼っておきます。

ユーザーが動画に興味を持ち、サイトを訪れて商品の購入やサービスの登録を行えばアフィリエイト報酬になります。

②レビュー動画で稼ぐ

現在は1社だけになりますが、「 ViiBee( ビービー ) 」というレビューの投稿で収入を得ることが出来るASPのようなサイトが登場しています

運営会社がファンコミュニケーションズという会社でA8.netという最大手のASPを運営しているため、安心して利用することが出来ます。

方法としてはViiBee内で商品のレビュー動画を投稿するだけですが、動画の撮影や編集も全てViiBeeのアプリ内で完結するようになっているため、初心者でも迷うことなく始めることが出来るでしょう。

ただし、サービスが始まって間がないので、ViiBeeの利用者自体が少なく、ViiBeeの中だけで視聴者を増やすのは難しくなっています。

他のSNSやブログも活用していくことで動画を拡散していく必要があるでしょう。
利用者が少ない分、初心者でも稼ぎやすい状況ですか、同時にレビュー動画を見てくれる人も少ないため、自分が利用している媒体を使って広げていく努力は必要になります。

ViiBee公式サイト

③YouTubeにAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトのリンクを貼る

Amazonと楽天のアフィリエイトであれば簡単にYouTubeへ広告を貼ることが出来ます。
YouTubeのみで収益化する場合には、YouTubeが定めているチャンネル登録者数や動画の再生回数をクリアする必要がありますが、あくまでYouTubeの収益システムを利用する場合です。

商品紹介など、物販系のアフィリエイトを始めるのであれば、「 Amazonアソシエイト 」か「 楽天アフィリエイト 」に登録すれば動画アフィリエイトは可能になるため、まずは2つとも登録してみましょう。

どちらもYouTubeのURLがあれば申請可能になっています。
ただし、通販サイトなので、基本的に商品を紹介することになり、アフィリエイトの報酬も高くはないので、稼ぐためには再生回数を伸ばしていくような工夫が必要になります。

YouTubeが用意している収益システムに手が届くまでの間や、同時進行で進めるのが良いでしょう。

④アクセストレード 動画クリエイティブ

アクセストレードは2001年からASPとして運営している老舗です。
取り扱っている案件も大手のものから幅広く用意されているため、様々なアフィリエイト広告を掲載することが出来るでしょう。

中でも5Gサービスが始まったことによる動画の需要をいち早く察知しているASPでもあります。
アクセストレードが始めている「 動画クリエイティブ 」 は記事の中に動画の広告を貼ることが出来る動画アフィリエイトです。

動画クリエイティブは広告の50%が表示されると再生が始まり、反対に広告の50%が非表示になると再生を停止する仕組みとなっているため、ユーザーの邪魔をすることがありません。

まだ、動画クリエイティブに対応している案件は少なめですが、今後の5G需要に伴って案件数は増加していくことになるでしょう。

アクセストレード公式サイト

動画アフィリエイトのメリット

メリット

動画アフィリエイトはブログアフィリエイトとは違った方法になるため、人によっては向き不向きもありますが、ブログとは違ったメリットがあります。

ユーザーは文字を読む必要がない

最近、動画の市場が伸びてきている要因の1つとして「 文字を読む必要がない 」ということが挙げられます。
動画であれば、ユーザーは文字を読み進めていく必要がないため、簡単に情報が得られる上に情報が分かりやすいというメリットがあります。

例えば、自分に置き換えた場合に、新聞を読むのとニュース番組を見るのではどちらが楽でしょうか?
新聞であれば細かい文字を集中して読み進める必要がありますが、ニュース番組では重要な部分だけを抜粋して読み上げてくれる上に映像がつくため、必要な情報を簡単に取り入れることが出来ます。

また、文章を書くのが苦手な人であれば動画アフィリエイトのほうが向いているでしょう
ブログアフィリエイトでは、ある程度の文章力がなければユーザーを商品の購入やサービスの登録に誘導することは出来ません。

文章を作るような仕事に就いていた人であれば別ですが、全く関係のない人であれば、アフィリエイトの記事作りは難しく、時間をかけて文章力を向上していく必要があります。

動画アフィリエイトは文章作りが苦手なアフィリエイターにも、簡単に情報を得たいユーザー、どちらにもメリットがあるサービスと言えるでしょう。

短時間で内容を伝えることが出来る

例えばテレビCMであれば数十秒の中で商品を紹介しています。
動画アフィリエイトも、文章ではなく動画にすることで、記事を読み進めてもらうよりも短い時間で商品やサービスの内容を伝えることが出来るようになります

ブログ記事であれば文章と画像を組み合わせて商品の内容を伝えていくことになりますが、動画であれば2つを同時に伝えていくことが出来るため、ユーザーにとっては知りたい情報が一気に入ってくる理想的な媒体と言えるでしょう。

SNSを使って拡散しやすい

各SNSには動画を投稿することも出来るため、自分が作成した商品のレビュー動画などを投稿することが出来ます。
全体的に1分以内の動画が好まれている傾向にありますが、SNSは拡散が簡単に出来るので、ユーザーが気になる動画を投稿できれば、確実にアフィリエイト報酬も増やしていくことが出来ます。

特にSNSでは自分のフォロワー数が少なくても、拡散した人のフォロワー数が多ければ、自分とは関係なく多くの人に拡散されることになるでしょう。

動画アフィリエイトのデメリット

デメリット

動画アフィリエイトは拡散力の高さや、ユーザーが情報を吸収しやすいなど、メリットが多くありますが、記事を作るブログアフィリエイトとは違った手法になるため、別のデメリットも出てきます。

動画作成の手間がかかる

動画作成が始めてであれば手間に感じることも多くなるでしょう。
ブログアフィリエイトのような記事であれば、書き終わった後に見直しをして画像を貼れば記事が出来上がります。

しかし、動画の場合には撮影が終わっても、テロップや効果音など、ブログ記事とは全く違う編集が必要になります。
撮影した動画を編集せずに、そのままアップすることも可能ですが、ユーザーにとって見にくい動画であれば再生されてもすぐに離脱されてしまうでしょう。

最近では有名ではないユーチューバーでも編集に時間をかけていることが多く、見やすい動画になっています。
最低でもユーザーが普通に見れるぐらいの動画編集をしておかなければ、動画の再生回数は伸びずにアフィリエイト報酬が発生することもないでしょう。

まだ情報が少ない

動画アフィリエイトはYouTubeが用意している収益方法とは違うため、まだまだweb上に情報が少ないのが現状です。
方法や方向性に迷った時に助けてもらえる情報がありません。

自分が先駆者になるつもりで進めて行く必要も出てくるでしょう。
反対に情報が少ないということは動画アフィリエイトに参戦している人も少ないことになるので、大きく稼げる可能性はあります。

情報が少ない分、始めてから収益化していくまでに苦戦することは多くなりますが、成功すればブログアフィリエイトよりも成功するかもしれません。

動画アフィリエイトで稼ぐためのポイント

電球

動画アフィリエイトを始めるのであれば最低限抑えておきたいポイントがあります。
2つに分けて解説していきます。

①案件に合った動画を作成する

動画完結型のアフィリエイトでもサイト誘導型のアフィリエイトでも、商品やサービスと関係のある動画を作成しましょう
アフィリエイト案件に関係のない動画を作成しても、ユーザーがサイトやアフィリエイトリンクへ訪れた場合に購入や登録に進む可能性はありません。

ユーザーは動画を見て気になったからサイトやアフィリエイト広告のURLをクリックしているので、「 動画と違う 」となれば、すぐにサイトを離脱してしまいます。

動画を作成する時には「 案件にあった内容 」を心がけるようにしましょう。

②Amazonや楽天を使うかサイトに誘導するかを明確にする

Amazonや楽天のようなアフィリエイトリンクを直接動画の概要欄に貼る方法をとるのか、サイトでアフィリエイト記事を作っておいて、サイトに誘導してから詳しく商品を説明していくのかを明確にしておきましょう。

サイトに誘導する場合には動画と同時に記事も作る必要があるため、手間は2倍になります。
しかし、Amazonや楽天では取り扱いのないようなアフィリエイト広告も別のASPから用意することが出来ます。

物販とは違い高単価なアフィリエイト案件もあるため、大きく稼いでいきたい場合にはサイトへの誘導が良いでしょう。
サイトの作成が難しかったり、時間がかかってしまうという場合には、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトを使って商品紹介の動画などを用意していく方法もあります。

動画の概要欄などに直接アフィリエイトリンクを貼ることが出来るため、ユーザーを商品に誘導するまでの時間が短く、簡単になります。

まずは、自分がどのような方法で収益化したいのかをよく考えるようにしましょう。

まとめ

SKILL

今回の記事では「 動画アフィリエイトについて 」や「 動画アフィリエイトのメリットやデメリット 」を解説していきました。
動画アフィリエイトは最近、主流になろうとしているジャンルです。

文章を作って紹介していくブログアフィリエイトよりも、ユーザーに分かりやすく情報を届けることが出来ます。
その分、動画の撮影や編集といったブログアフィリエイトでは必要のない作業も発生するため、人によっては難しく感じる部分もあるでしょう。

アフィリエイトとしても動画を使うことは大きなメリットがありますが、まずは、「 記事を書くほうが得意なのか 」
「 動画を作るほうが得意なのか 」を考えて取り組んでみてはいかがでしょうか。

consal

お問い合わせはこちら



Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS