アフィリエイト

【SEO必須】アフィリエイトで稼ぐには ○○が必要だった⁉

SEOという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

アフィリエイトを始めようとWebで検索をしていると「 SEOは必須 」という文章を見ることも少なくありません。

SEOは「 検索エンジンの最適化 」を表しており、SEO対策をしっかりと行うことでGoogleやYahooなどの検索結果で上位に自分の記事を表示させることが出来るようになります。

SEO対策として代表的なのは「 検索意図に沿った適切なキーワード 」「 質の良いコンテンツ 」などがありますが、詳しくは後ほど紹介していきます。

SEOはGoogleの基準により日々変化していくため、答えはありませんがSEOを無視して記事を書いても上位表示されにくく、アフィリエイトで稼いでいくには最低限のSEOは意識しなければいけません

SEOを理解してアフィリエイトを進めることで、記事の質は上がり、成果も出やすくなるため知っておいて損をすることはありません。

今回は「 SEOが必須な理由 」「 SEOアフィリエイトのポイント 」の2つを中心に解説していきます。

SEOアフィリエイトとは

サイトを作り、記事に案件の広告を貼ることで収益が得られるようにするのがアフィリエイトですが、ユーザーが検索した結果の上位に表示されなければ記事自体を見られることはなく、広告をクリックされることもありません。

記事を上位に表示させる方法は大きく分けると2つあり、 SEOを駆使する「 SEOアフィリエイト 」、広告費を支払い記事を上位表示させる「 PPCアフィリエイト 」です。

SEOアフィリエイトに即効性はなく地道に記事を積み重ねていく方法ですが、PPCアフィリエイトのように広告費もかからずに始められるため、アフィリエイトを始める大半の人がSEOアフィリエイトでスタートします。

SEOはGoogleの基準で変化する

google

SEOは検索エンジンの中でもトップシェアを誇っているGoogleを基準に進めていきます。

Googleは「 ユーザーの利便性 」を第一に掲げているため、ユーザーにとって有益な情報を記事にしていく必要があります。

例えば、ユーザーが調べたいキーワードで検索をして記事を読んでいるのに、内容に根拠がなかったり、信憑性が低ければ順位が上がることはありません。

あくまでユーザー目線で役に立つ内容を書くことがSEO対策になります。

この「 ユーザーの利便性 」という指標が変わることはありませんが、ユーザーのためにGoogleは基準を細かく変えてくるため、何年も同じSEO対策では記事を上位表示させ続けることは難しくなります。

しかし、基本的なSEO対策は大きく変化しないため、次の項目では一番重要なSEO対策を見ていきましょう。

最も重要視されているE-A-T

E-A-Tとは「 専門性( Expertise ) 」「 権威性( Authoritativeness ) 」「 信頼性( Trustworthiness ) 」の3つを組み合わせた言葉ですが、Googleの掲げている「 ユーザーの利便性 」にとって、とても重要な内容になっています。

例えば、医療に関する記事があった場合に、記事の作成者が普通の会社員と現役の医師であればどちらの記事が信用できるでしょうか?

普通の会社員であれば、医療関係におけるE-A-Tはありません。
しかし、現役の医師であれば、「 医療関係者としての専門性 」「 現役の医師という権威性 」「 医師である信頼性 」
E-A-Tの3つの要素を兼ね備えた記事になるため、上位表示される可能性が高くなります。

上記は極端な例ですが、「 DIYの経験が長い 」「 営業経験が長い 」「 不動産業界が長い 」といったように
一般的な職業や趣味の延長でもE-A-Tを網羅することは可能です。

E-A-Tを揃えているサイトを作ることがSEO対策としては一番重要と言えるでしょう。

YMYLジャンルは特にE-A-Tが重要

先ほど紹介したE-A-Tですが、最近では「 YMYLジャンル 」で特に重要視されています。

YMYLジャンルは「 お金や人生に関わること 」とされているため、専門性が高く、
E-A-Tがなければ記事の上位表示は難しくなっています

ここ数年であれば、アフィリエイトでも勢いのあった健康系のサイトがGoogleのアップデートでYMYLのジャンルに対するE-A-Tを強化したことにより、個人の参戦は難しくなりました。

YMYLに関わるジャンルでE-A-Tがないのであれば、参入するのは避けたほうが良いでしょう。

SEOは2つに分かれる

?女性

 

SEOは「 内部SEO 」「 外部SEO 」の2つに分けることが出来ます。

深く掘りだせば、かなり専門的で理解しづらい内容になるため、分かりやすく絞って簡単に解説していきます。

内部SEO

内部SEOはGoogleから自分のサイトを評価してもらうために行います。
Googleは各サイトの情報をデータ化して収集・評価し、検索順位を決めています

内部SEO自体はかなりの種類がありますが、簡単には「 質の良いコンテンツを目指す 」ことが重要なので、「 適切な見出し 」「 適切なキーワード 」を心がけるようにしましょう。

記事のタイトルと内容が違っていたり、キーワードばかりを入れて文章になっていなかったりすればGoogleから評価はされません。

他にも文字数や内容など、ユーザー目線で考えて意味のある記事を書くことが重要です。

外部SEO

簡単に説明すると、外部SEOは自分のサイトが外から評価を受けることを指します。

一般的に「 被リンク 」と呼ばれますが、外部のサイトが自分のサイトを紹介してくれたり、リンクを貼ってくれることで、Googleから見ると「 外部からも評価されているユーザーの役に立つサイト 」として評価されるため、外部SEOとして重要な内容になっています。

サイトを作り始めたばかりのころに被リンクを増やすことは難しいですが、良質なサイトを作り続けることで他のサイトで引用や紹介される可能性は上がってくると言えるでしょう。

他にも自分のSNSや知り合いなどから広げていくことも可能です。

しかし、自分が持っている他のサイトでリンクを貼ったりすればGoogleからペナルティを受ける可能性もあるため、
基本的には「 自分とは全く関係のないサイトで紹介される 」ように良いサイト作りを目指しましょう。

SEOアフィリエイトは収益に繋がりやすい

コイン

SEOアフィリエイトは一過性のものではなく、すぐに成果が出なくても数ヶ月、1年と経過してから徐々に記事の検索順位が上がっていくことが普通です。

最初のころはサイト自体がGoogleに評価されていないため、上位表示はされませんが、良いコンテンツを作り続けていれば順位も上がっていきます。

長期的な目で見れば収益性が高いと言えるでしょう。

また、SNSなどを利用した場合と、SEOを意識した場合でも違いが出てくるため詳しく紹介していきます。

サービス・商品が必要で検索しているから

ユーザーは「 サービスや商品が必要 」という意図がありWebで検索しています。

つまり、求めているサービスや商品に出会うことが出来れば購入したいと考えて検索しているため、ユーザーの求めている情報であれば成約に繋がりやすいと言えるでしょう。

最近ではスマホも普及しており、何か商品を買う前にはWebで検索をする人は多くなっています。
商品が欲しくて検索しているため、読んだ記事の内容が自分の知りたい情報にマッチしていれば購入してもらえる可能性が高くなります。

SNSからのアクセスはなんとなく見ている場合が多い

SNSからの流入を狙ってSNSを利用しているアフィリエイターも多いですが、成約には繋がらないケースもあります。

もちろんSNSを利用することでアクセス数は伸び、成約の可能性も少し上がりますが、
SNSからサイトに来る読者は雑誌やテレビを見る感覚が多いため、
サービスの登録や商品の購入には至らないケースがあります。

しかし、アクセスの分母は増やせるため、意味がないというわけではなく、SEOアフィリエイトの補助的な役割になると考えているほうが良いでしょう。

SEOアフィリエイトのポイント

上昇

SEOアフィリエイトを行う上で外せないポイントを紹介していきます。

このポイントを無視してアフィリエイトを続けても成果は上がりにくいため、しっかりと確認していきましょう。

キーワード選定

最も重要なのが「 キーワード選定 」です。

記事を書き始める前には、どのようなキーワードで書き始めるかを考えることになりますが、
適当に決めてしまっては上位表示も難しければ、検索するユーザー自体が少ないこともあり得ます。

キーワードを決める場合には上位表示されているライバルのチェックや月間の検索数も考えなければいけません。

最近では企業もWebサイトを運営していることが多く、SEO対策も完璧で記事の量も豊富な企業サイトよりも個人のサイトが上位表示させることはかなり難しくなりました。

キーワード選定では「 勝てるキーワード 」「 検索数の多いキーワード 」の2つを合わせて探す必要があります。

コンテンツの質

キーワード選定が上手くいっても文字数が少なかったり、内容が薄いようであれば上位表示することはありません。

ライバルの上位記事が3000文字で書いている場合に自分のサイトが1000文字であれば、内容も薄く、ライバルには勝てない状態になってしまいます。

検索順位で1位の記事を見た後に内容の薄い記事を見るユーザーはいないため、内容もボリュームも豊富な良いコンテンツを作ることが重要になってきます。

広告を貼りすぎない

アフィリエイトを行う上で広告は必須ですが、貼りすぎには注意しましょう。

広告を貼りすぎることで、SEOに重要な要素の1つである「 信頼性 」を下げてしまいます
ユーザーは知りたい情報があってサイトに訪れているのに、広告ばかりで見づらいサイトであればすぐに離脱してしまいます。

また、そのサイトを覚えていれば、別の記事で訪問した場合にも「 怪しいサイト 」「 広告ばかりで知りたい情報のないサイト 」という認識を与えてしまい信頼性を落とすことになってしまうでしょう。

SEO対策にはツールを使う

pc 工具

 

SEO対策を行う上でSEO対策会社に依頼するという方法もありますが、個人のアフィリエイターには費用の面から見ても現実的ではありません。

しかし、簡易的なことであれば無料のツールもあり、特にGoogleが無料で提供しているツールがあるため、3つに絞って紹介していきます。

①Google Search Console( グーグル サーチコンソール )

サーチコンソール

画像引用元:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

サーチコンソールはGoogleが提供している無料のサービスで、自分で運営しているサイトとリンクさせることにより、サイトの状態などをチェックすることが出来ます。

使える機能はかなり多いため、最初から全ての機能を使おうとするのではなく、重要度の高いものから徐々に利用していくことをおすすめします。

公式HP:Google Search Console公式サイト

表示回数とクリック数

表示回数とクリック数はユーザーの動きや、ユーザーに必要な記事を書けているかの指標になります。

例えば、「 SEO 」というキーワードで何回ユーザーの検索結果に表示され、何回クリックされたかという情報を知ることが出来ます。

表示回数が100回なのにクリック数は1回となれば、ユーザーが求めている情報とはずれた記事を作成していることになるでしょう。

ユーザーの求めている記事でなければ、求めている内容へと修正していくことでアクセス数を伸ばしていくことが出来ます。

記事の順位

自分の書いた記事が検索キーワードに対して何位にいるのかを知ることが出来ます。

記事の内容はボリュームも問題ないのに、平均順位やキーワードごとの順位が低いということは、単純にライバルが強い可能性もありますし、検索順位が上位なのにアクセス数が伸びない場合には、そもそも検索ボリュームが少ないキーワードを狙っているかもしれません。

記事の順位を知ることで今後のキーワードの選び方や、記事の書き方の参考にすることも出来ます。

Google Analytics(グーグル アナリティクス)

Google アナリティクス

画像引用元:https://analytics.google.com/analytics/web/provision/#/provision

アナリティクスも無料で使えるツールなのでサーチコンソールと合わせて使うことをおすすめします。

アナリティクスではサイトにユーザーが訪問した後の動きを把握できるため、アクセス数や記事の閲覧時間などを確認することが出来ます。

サーチコンソールはユーザーがサイトに訪問する前・した時を解析するのに対して、アナリティクスは訪問後の動きを解析できると考えてもらえれば分かりやすいでしょう。

公式HP:Google Analytics公式サイト

ユーザーの動きを分析できる

例えば「どの媒体からアクセスしたのか」「 アクセスしたデバイスは何か 」など、ユーザーの動きを把握することが出来ます。

媒体が分かれば、伸びている媒体に力を入れたり、アクセスしているデバイスにスマホが多いのであれば、スマホで見やすいサイト作りを徹底するなどの対策も行えるでしょう。

また、ユーザーが短い時間でサイトを離脱してしまっている場合には、「 ユーザーが求めている情報がなかった 」ということにもなるため、コンテンツの順番を変えてみたり足りない情報を足したりという試行が出来るようになります。

キーワードプランナー

キーワードプランナー

画像引用元:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

キーワードプランナーは本来、広告を出稿するためのツールですが、広告を出稿しない場合にもキーワードの検索ボリュームや関連キーワードを見ることが出来ます。

キーワード選定が重要なアフィリエイトだからこそ、選定にはツールを使っていきましょう。

公式HP:Google広告公式サイト

新規記事を書く時には必須

さきほど「 SEOアフィリエイトのポイント 」でも紹介した通り、キーワードの選定はアフィリエイトを行う上で最も重要です。

検索ボリュームやライバルを確認していなければ記事を書いた意味がなくなってしまうこともあります。

キーワードプランナーでは、自分が書こうと思っているキーワードを検索して、「 検索ボリューム 」「 関連キーワード 」を確認することが出来るため、的外れなキーワードを選択してしまう可能性が低くなると言えるでしょう。

例えば、「 SEO 」と検索した場合には、関連するキーワードの表示、そのキーワードをどれだけの人が検索しているのか、なぜそのキーワードを検索しているのかの背景も含めて表示されます。

キーワード選定をする時には、キーワードプランナーで検索するようにしましょう。

まとめ

検索

 

今回は「 SEOが必須な理由 」「 SEOアフィリエイトのポイント 」を中心に解説していきました。

基本的なSEO対策は検索エンジンの中でトップシェアのGoogleを基準にしていきます。

SEOはずっと同じではなくGoogleの基準により変化していくため、柔軟な対応と情報の収集が必要になってきますが、
基本的にはE-A-T( 専門性・権威性・信頼性 )を基本として考えましょう。

特に専門性の高いジャンルでは、E-A-Tのない人が記事を書いても上位表示は見込めません。

自分の得意とするジャンルでサイトを作っていくことで上位表示や今後のアフィリエイト収益に繋げやすくなります。

SEOアフィリエイトは収益を出すまでに時間がかかりますが、長く取り組んでいけばしっかりとした資産になってくれるため、SEOを意識しながら取り組んでいきましょう。

consal

お問い合わせはこちら



Facebook


Twitter


LINE


はてなブログ


RSS